ケアハウスってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

ケアハウスでのお仕事に興味を持っていませんか?

ケアハウスは「軽費老人ホーム」とも呼ばれ、他の施設と比べて比較的に低料金で利用でき、高齢者社会が進む中、その施設数も年々増えてきています。

施設の利用者が増えるにつれて、これから介護職員の需要も高まってくるでしょう。

この記事では、「ケアハウスの施設の特徴から、介護職員の働き方や給料、求人を探すときのポイント」など、働く前に気になる部分についてご紹介していきます。

「ケアハウスの仕事に興味がある…」という方は、記事を読むことで働くイメージがより具体的になってくると思いますので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

ケアハウスってどんなところ?

では実際のケアハウスでの居住環境はどんなところでしょうか。

どのような人が入居し、どのような職業のスタッフが働いているのでしょうか。

ケアハウスとは?

ケアハウスとは正確には軽費老人ホームまたは軽費C型といいます。

入居者は60歳以上であることが条件です。

単身者、もしくは夫婦の場合でもどちらかが60歳以上であることが入居の条件になります。

介護保険上「居宅」として扱われます。いわゆる施設には変わりはないのですが、入居者の自宅という位置付けになっています。

「居宅」なので、外部の介護サービスをうけることができます。

外部サービスとは、デイサービス、訪問看護・訪問介護などのサービスのことです。

月額の利用料にも特徴があり、入居者の収入により、月額利用料が異なっています。

無料、または低所得者であっても入居でき、介護サービスを受ける事ができるように。とされています。

また、ケアハウスには大きく分けて、「自立型」と「介護型」の2種類の施設があります。

<自立型>

介護が必要ではないレベルの方が入居しています。食事や入浴も見守り程度で問題ない方です。

日中は施設内や外部のデイサービスを利用されたり、外出や外泊なども自由に行くことができます。

<介護型>

要介護でも入居することができます。

施設によっては最後の看取りまで居住することができる施設もあります。

食事や入浴介助、排泄処理まで施設職員や訪問介護のサービスを受けることができます。

医師が常駐しているわけではないので医療行為は受けることができませんが、医師の指示での処置は受ける事ができます。

大きくわけると、自立型と介護型にわけることができますが、施設によっては自立と介護型の両方の役目を担う施設もあります。

ケアハウスではどんな方々が働いている?

実際に勤務している職種についてみていきたいと思います。

・管理者
・生活相談員
・看護師
・介護士、介護福祉士
・機能訓練指導員
・計画作成担当者(介護支援専門員)
・調理師
・事務員

など、施設により若干の違いはありますが、計画作成担当者までは国が定める職員配置になります。

ケアハウスにおける介護の仕事内容とは?

ではケアハウスで働く職員の仕事とはどのようなものかご紹介していきたいと思います。

介護士の主な仕事内容とは?

自立型、介護型であっても、入居者のニーズに合わせた支援や介護が主な仕事の内容です。

自立型では生活の援助はさほど必要ではなく、むしろコミュニケーションが必要になってきます。

入居者の話相手や相談、レクレーションの開催など娯楽面での支援も必要とされます。

また介護型であれば、食事介助や居室の掃除、洗濯、排泄介助、入浴介助など、生活全般の
介護が必要になってきます。

1日の主な仕事の流れ

午前中

出勤、夜勤者からの申し送り、入浴介助、居室の清掃や掃除、ゴミ処理など入居者の生活の援助、排泄介助(ポータブルトイレへの誘導やオムツ交換もあり)

午後

昼食、必要あれば食事介助、食堂までの誘導やベットから車椅子への移動の介助など、配薬・食事が終われば居室への移動の介助、誘導。

居室の清掃や排せつの介助、昼からの入浴介助、水分補給など。夜勤者、遅出スタッフへの申し送り。

ケアハウスでは24時間スタッフが常置している必要があり、遅出や夜勤勤務は夕食、朝食の介助や援助、排泄援助、見守りなどを行います。

ケアハウスで働く上で知っておきたいこと

ケアハウスの給料・待遇はどのくらい?

施設によって違いがあるのですが、月収が約16万~25万といわれています。

実際夜勤手当や遅出手当なども含めた金額になるともう少し差がでます。

また、所有している資格によっても変わってきます。

自立型より介護型の方が仕事の内容がハードである場合、介護型の方が高い施設もあります。

待遇面でも施設により変わります。

社会福祉法人の場合、手当や福利厚生の手当てがしっかりしている場合も多いです。

ケアハウスで働くメリット・デメリットとは?

メリット、デメリットをみてみましょう。

<メリット>

・介護福祉士の免許がなくても仕事をすることができる。
・介護のスキルを磨くことができる
・ケアマネなどを目指す人にとっては多職種との連携や介護に必要とされる知識を学びやすい
・入居者とのコミュニケーション能力を磨くことができる。

<デメリット>

・介護型の場合、腰を痛めることがある
・人手不足から仕事の量が多い場合がある。
・ケガや急変時など、高齢者の入居施設のため、予期せぬ事態がおきることがある。
・入居者や入居者の身内からの要求が高い場合がある。

ケアハウスの求人を探すときにチェックすべきポイントとは?

ケアハウスで求人を探す時にはチェックしておくポイントがあります。

給料

月収ではなく手取りでいくらになるのか確認しておきましょう。家族手当や通勤手当がつくのか、上限があるのか、なども確認しておくと安心です。

休日

ひと月の休暇の数、有休発生はいつからなのか、またいつから使えるのもみておきましょう。

必要な資格

必要となる資格があるのかどうかです。この先勤めながら取得できる方法もあります。

勤務体制

夜勤に入る必要があるのか、日勤だけなのか、他にも変則勤務があるのか確認しましょう。

施設見学は忘れずに

実際に見学に行き、現場を見せてもらったり質問させてもらうことが一番確かです。

仕事の内容などについても気になるところはしっかりと質問しておきましょう。

こんな仕事聞いていなかった。という事態もよくあります。また、常にスタッフが出入りしている職場は、なんらかの原因があると思っていいでしょう。

実際に、仕事がきつい場合でも、職場の雰囲気や、待遇面がいいのであれば職員の出入りはさほどありません。

また、実際に働いてみないとわからないことも多いのですが、日勤、夜勤であっても、もし、緊急性がある事態が起きた場合、対処はどうされているのか?しっかり確認しておく方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか、ケアハウスの特徴などをまとめました。

老人ホームなどと比べると、仕事の内容は少し楽なのではないか?と考えてしまうところですが、介護型のケアハウスの場合、介護が必要な重度な人も入居しています。

自立型だけのケアハウスでも逆に、入居者同士のトラブルなどイメージと違う大変さもあります。

しかし、福祉施設で働き、スキルを磨きたい、技術を身に着けたいと考えるのであればやりがいのある職場といえます。

自立型のケアハウスは、自立心をもっている。また、介護型も自立型もしっかりとした価値観をもっている人の生活の場である。

というところに他の介護施設との違いがあることを知っておかれるといいと思います。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー介護」がおススメです。

――ジョブメドレー介護の特徴――

①あなたを必要とする保育園からスカウトメールが届く

ジョブメドレーの利点は あなたを必要としている保育園があなたを探し出し、直接スカウトメールが送られてきます。

スカウトメールが来たら確認して、良かったら是非応募してみてください。

②早めの応募で選択肢が広がる

ジョブメドレーでは日々新しい求人案内が掲載されていきます。

応募は自由です、興味があったら応募してみてください。

実際に会って話してみることが転職の上で何より大事です。

③転職、復職でお祝い金を贈呈中


電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

ケアハウスを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

グループホームで働くケアマネの仕事内容とは?

介護老人保健施設で働く作業療法士の仕事内容や給料とは?

特別養護老人ホームで働くケアマネの仕事内容や給料とは?

特別養護老人ホームを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

特別養護老人ホームで働く相談員の仕事内容や給料とは?