ケアマネの転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

「何かしらの介護サービスがないと、その人らしい暮らしがおくれない」という人を支援するために、支援業務を行っている…。

そんな人がケアマネには多いかと思います。

人が人を支えることに「正解」はありませんが、それでも、最善を尽くすことはできます。

そんな風に日々奮闘していたとしても、仕事に対し悩みがない訳ではありません。

人間相手の仕事は、難しいものです。

ですから、色々な問題を抱え込んでしまって転職を考えているケアマネも、少なくありません。

この記事では、ケアマネとして転職する際に、面接でよく聞かれる質問や答え方について考えていきます。

ケアマネへの転職面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

では具体的に、ケアマネの転職面接で聞かれやすい質問と回答のポイントをご紹介します。

よく聞かれる質問①ー志望動機を教えてください。

ケアマネの転職面接というよりも、一般的な就職活動の面接において必ず聞かれる質問です。

そもそも、ケアマネという仕事自体が専門性のある仕事です。

介護や看護、歯科衛生士など他の職種の資格や実務経験を有する者が、ケアマネ(介護支援専門員)の実務研修を受けることができます。

その上で「ケアマネ」という仕事を選んでいるわけです。

ですから、ここでいう志望動機とは、なぜケアマネなのか、そしてなぜ当事業所なのかという2点を押さえて回答する必要があります。

・なぜケアマネなのか?

この回答については、ケアマネになりたかった理由と、その仕事を転職した後も続けたい理由を一緒に、熱意を込めて語れば大丈夫でしょう。

ケアマネになりたい理由は人それぞれですが、総じて

「介護が必要な方が「自分」を大切にしながら、人間らしく意義ある生活をおくるために支援したい」

というような内容になるかと思われます。また施設ケアマネへの転職で特に特養であれば

「一人ひとりの入居者が主人公となった、亡くなっていくまでの最後の舞台演出を助け、応援したい」

という感じでしょうか。

・なぜその事業所なのか?

この回答は、次の「なぜ前の職場を辞めたのか」という理由とリンクしてくるものです。

例えば休日数の違いなのか、賃金の待遇なのか、介護支援に対する方針の違いなのかなど、具体的に挙げた方が相手にも納得してもらえるでしょう。

もちろん、具体的に挙げるには情報を仕入れておかなければなりません。

よく聞かれる質問②ー前の職場を辞めた理由を教えてください。

おそらく、誰が面接担当者でも前の職場を辞めた理由は聞きたいものです。

というのも、人を採用する時には、その人がすぐに辞めてしまうことは想定していません。

想定したくない、といった方が良いですね。

できるだけ長く、自事業所のために働いてもらいたい…そんな気持ちがあるはずです。

なので、前の職場を辞めた理由が自分達の事業所にも生じている、あるいは生じる可能性があるのだとしたら、担当者としたら

「大変申し訳ありませんが、わたしたちの事業所でもそういったことはあるかと…」

と伝えておきたくなるものです。

自分達の状況を隠しておいて採用しておきながら、「いざ転職したら前の職場と同じだった…」ということでは、転職者も事業所もお互いにとって良くありません。

担当者が理由を聞きたいのはそのような背景があるからであり、決して前の職場を責めるためだとか「そんなことで辞めたんですか?」と非難するためではありません。

安心して語りましょう。

ただ「人間関係」のような問題はどの職場でもあることです。

そのように、すべての事業所に共通するような理由は避けておいた方が良いかもしれません…

よく聞かれる質問③ーあなたの長所と短所を教えてください。

いうまでもありませんが、この質問にはあまり迷うことなく答えるべきです。

なぜなら、これがすぐに答えられないということは、自分を客観的にみれていないことになるから。

ケママネという仕事は、自分の支援業務にだけ没頭して周りが見えなくなると、本当に危険です。

常に、自分の行う支援が本当に最善なのか、客観的に判断する必要があります。

そのためどんな長所でも、また短所でもよいですから、テキパキと答えるようにしましょう。

しかし思いつきはダメです。

なぜそう思うのかを突っ込んで聞かれた時に「以前、こういうことがありまして…」と具体例を挙げられるようにしておきましょう。

また「短所は沢山ありますが、これといって長所は…」と控えめに言うことも避けましょう。

自分の良い点が分かっていないと、他人の良い点にも本当の意味で気づかないことがあるからです。

よく聞かれる質問④ー今までの支援業務の中で、一番想い出に残ったことを教えてください。

どんなエピソードでもよいですから、簡潔にまとめて話すようにしましょう。

そして、なぜ想い出に残っているのか、その想い出が反省の色が強いなら次からどうしたいのか、などを添えて話します。

いうまでもありませんが、ケアマネが、解りやすい話ができないというのは致命的です。

なぜなら、理解する力が衰えている高齢者に、解りやすく支援計画などを説明することができなければ、支援業務の質を問われてしまうからです。

よく聞かれる質問⑤ー在宅でのターミナルケアについてどう思いますか

居宅介護支援事業所のケアマネであれば「施設に入居せずに自宅で最期を迎えたい」という希望の方を支援する機会が、おそらくですが必ず訪れることでしょう。

今の介護保険制度の流れ自体が、介護が必要になったとしてもどれだけ在宅で最期まで過ごすことができるか、という方向へ向かっています。

また医療保険制度改革においても、自宅でのターミナルを支援するための開業医への加算創設など、同時進行で進んでいます。

そのため、自宅での最期をケアマネとして支えることにどのようなビジョンをもっているのか、事業所としては気になるところです。

できれば、面接を受ける事業所の方針を把握しておいて、沿った内容にしたいところです。

地元での転職であれば、その事業所の情報を事前に耳に入れることができるでしょう。

前向きな方針であれば前向きに、まだ慎重な態度をとっている事業所なのであれば「制度の流れはこうなっているが、自分としてはこんなことを心配している…」などと話せます。

前向きな事業所なら、ターミナルを支援した自分の経験を話しても良いでしょう。

その他、ケアマネの面接をクリアするために抑えておきたいポイント

質問と答えのポイントは前項で述べました。ここでは、面接をクリアするためのその他のポイントをご紹介します。

面接のポイント①ー想定される質問の回答は事前に練っておく

前項で述べた聞かれやすい質問に対しての回答のポイントは、あくまでも要点です。

要点は、直接回答にはなりません。

要点を踏まえながら、どれだけ相手が納得できる話をするか、また話し方をするのかということが面接をクリアするポイントとなります。

そのために回答例を具体的に、言葉にして書き出してみるなど、事前によく準備しておきましょう。

書き出すだけではダメです。

言葉にして読んでみると、相手に伝わりにくい表現などを見つけることができます。

本当なら、誰かに聞いて評価してもらうなど、手伝ってもらえるとよいでしょう。

また、決して失礼な言葉遣いにならないことと、丁寧すぎる言葉を使おうとして自然な答え方から外れてしまうことを避けましょう。

面接のポイント②ー親しみやすさ

介護職の面接と違って、ケアマネは、まったく見ず知らずの人とでも友好的に話せる技術を身に着けているものです。

そのため、面接であってもあまり緊張せず、自分の考えをハッキリと述べることができる人が多い、という印象があります。

つまり、同じようにケアマネで転職活動をしている人がいるのだとしたら、何かしら、秀でているものが必要です。

支援業務の内容は、正直いって働いてもらわなければ分からないので、まずは第一印象から親しみやすさ、暖かさが伝わるような工夫をしましょう。

格好や姿勢については、清潔で整っておりきちんとした印象を与えなければなりません。

ですからこの雰囲気を感じてもらうためには、笑顔、話し方、仕草の3点セットで攻めましょう。

真面目な受け答えの時には笑わずとも良いのですが、口角を上げるだけでも印象は違いますし、少しの時にも笑顔をのぞかせるようにします。

早口にならず、ハッキリと言葉を述べ、自分の想いや経験を話す時には、軽いジェスチャーを交えるようにします。

大げさになってはいけません。

また、絶対にしてはいけないこととして相手を指さしてはいけません。

面接のポイント③ー専門知識より思いやりと熱意

ケアマネは、もともとそれなりの専門知識を備えています。

そうしなければ実務研修を受ける試験に合格できませんし、相談実務を行ってきたのであればなおさら、実際的な支援知識も豊富でしょう。

ですが、面接の受け答えで知識を披露する必要はありません。

面接時にノウハウを述べるような人は、頭でっかちな人だと判断されがちです。

それよりも、高齢者やご家族に対する思いやり、そしてケアマネ業務に対する熱意を伝える方が、よっぽど面接をクリアすることができます。

気を付けたいのは、熱意があるからといって自分のしゃべりたいことだけをまくしたててはいけません。

相手の質問や話にしっかりと耳を傾ける姿勢を大切にしましょう。

相手の発言の意図が分からなければ素直に質問し、意味を理解してから答えるようにします。

まとめ

いかがでしたか?

ケアマネとしての仕事を続けるために転職の面接を受けるのなら、自分が培ってきた経験をしっかり出していきましょう。

さらに、できれば面接の時から事業所側に好印象を与え、良好な関係を築いていきたいものです。

人の生活を支えることができるのは、介護の仕事に就いた一番の特権ともいえます。

ケアマネはそのための計画を立て、スムーズな計画進行のための潤滑油になれる特別な仕事です。

ぜひ、転職の面接でよく聞かれる質問や、好印象を与える志望動機などの答え方を身に着けて、転職活動を有利に進めてまいりましょう。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護の派遣を辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方

ヘルパーへの転職面接でよく聞かれる質問の志望動機の答え方とは?

介護福祉士の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

社会福祉士の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

ケアマネの転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

社会福祉士の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?