ケアマネの転職で失敗しないためにチェックしたい3つのポイント

ケアマネ(介護支援専門員)が転職する際には、条件、環境をしっかりと考慮し確認して転職先を選択することが重要になります。

もし、「給与面の待遇が良いから」とか、「介護の雰囲気が良いとか」一部だけ見てしまいますと入職後「こんなはずでは・・・」という可能性が高くなります。

せっかく転職したのに、再度転職探しと本当になりかねませんのでよく考えてから転職しましょう。

では、そういったことを避けるために、確認すべきポイントをしっかり押さえておくことがひじょうに重要です。

そこで今回は、「ケアマネが転職時にすべきポイント」についてご説明します。

ケアマネージャーの転職で失敗しないために確認すべき3つのポイントとは?

ポイント①給与待遇

ケアマネに限らず、今の職場からの転職を考える大きな理由の1つに、「待遇面への不満」というものが挙げられます。

例えば、「今の給料では、生活はできるけど趣味などに費やす余裕は全くない」

「独身だとなんとかぎりぎりやりくりできるけど、結婚したら家族を養っていけるかだろうか」

というような不満を持っている人は多いと思います。

ただ、ケアマネの場合、職場の違いによる給料の差はあまりありません。

ケママネが働く場としては、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、施設があります。しかし、これらの場所では収入がかわりません。

母体の大きさなどによって給料に多少の違いがありますが待遇が良いといわれるような職場であっても、その差はわずかです。

ほとんどのケアマネは、そのことを知っているために、待遇面だけで転職先を決めることはほとんどありません。

しかし、給料面に関しては転職時に注意することがあります。

それは、「記載されている条件が、実際に働いてみると違った」ということがあるからなんです。

例えば、求人情報には、「月収25万~」と書いてあってもそれは、毎日残業をしてやっと25万円にとどく状態ということもあります。

また、「残業なし」と書かれていても、週に15時間近く残業しなければいけないという職場もあるので注意が必要です。

転職する際には、「掲載されている条件と実際に違いがある可能性がある」ということを知ってください。

そのため、特に求人票の条件は、慎重に検討するようにすることが大切です。待遇がいい求人については特に確認を慎重に実施してください。

職場による差はあまりないことを理解し、転職先を探すのが重要です。

ポイント②人間関係

ケアマネが転職する際に、転職先について確認するポイントとして「人間関係」があります。

ケアマネに限ったことでないのですが、職場内の人間関係の悪化は、退職や転職の理由としてよくあげられます。

むしろ待遇面より重要かもしれません。

例えば、「上司からのパワハラ」や「同僚とうまくいかない」といったことは、仕事がやりづらくなる大きな原因の1つです。

ケアマネの中でも、こうした人間関係の問題でやめる方がおります。

ただケアマネの場合には、上司や同僚への不満、ケアマネ同士の人間関係性で不満を抱えている人は少ないです。

どちらかというと利用者との関係が密な仕事であり同僚、上司との接点は他の職業に比べて少ないからです。

しかしそうはいっても、特にケアマネは転職先の人間関係について確認する必要があります。

よくあるケースですが、休みたいときに同僚、上司に担当している利用者を代わってもらうことが出てくるため人間関係が重要になってきます。

基本的にケアマネの仕事は、ケアマネと利用者の1対1の仕事です。

そして、身内の冠婚葬祭などで急遽休まなければいけないようなときには、1対1なので代わりをお願いしないといけません。

それが同僚であり上司になります。

当然ですが、仕事を依頼する相手は、いつもの自分の仕事と休んだ分の担当してい対応を行います。

そのため、仕事量が多くなるのです。そうした際に、同僚、上司との人間関係が良好であれば、相手は快くお願いを聞いてくれますね。

また、お願いするとき、利用者の特徴注意するところを簡単にまとめてメモにして渡すのも手段として良いです。

普段から人間関係が上手くいっている職場であれば、日ごろから利用者に関する話し合いなどをしている可能性が高いです。

そのような場合、同僚に「△月△日に親戚の結婚式で○○さんの対応お願いできませんか?」と言ったときに、

「テレビの好きな○○さんね」というように、利用者のことが同僚にわかっていれば心強いですよね。

このことからも、転職先の人間関係は、しっかりと確認することがポイントになります。

ポイント③経営者の方向性

ケアマネが職場で持ちやすい不満として最も挙げられるのが「経営方針に対する不満」です。

経営者と、雇用者では、経営者の考えに従うことが重要です。

基本的に組織は、経営者が行いたいことを実現するために作ります。

そのため、経営者が目標を実現するために、ケアマネと言う立場からサポートしていきます。

ただし、理不尽な要求をしてきたり、倫理に反するような指示をしてきたりするような経営者がいるのです。

例えば、ケアマネ対して、「担当している人は全てこの法人の施設に利用させなさい」「この法人の施設を利用できないような人は担当しないようにしなさい」といった理不尽な指示を出す経営者もいます。

いわゆる「利用者の囲い込み」ですよね。

こうした経営者本位の考え方には、「ケアマネとして従えない」という人は多いです。

そしてその結果、経営者の方向性に不満という理由で退職や転職を行うことがあります。

こうしたことを避けるためにも、転職先を決める場合には、経営者の介護分野に関する考え方や経営方針などを確認することが重要なポイントです。

まとめ:良い職場を見極めるには?

今回説明したように転職には「給与待遇」、「人間関係」、「経営者の方向性」 のポイントを確認することが重要です。

これらは表面上の情報では不十分であるため転職サイトに登録してコンサルタントに依頼して最適条件を探してもらうのがいいです。

それは、最適の条件を選択できるだけでなく、病院や施設、企業との条件交渉まで全て行ってくれます。

それを自分で吟味して決めるのが良いと思います。

転職サイトの口コミ情報や今働いてる方から情報をもらったりする方法もあります。

転職をする場合のポイントをまとめましたぜひ活用いただき最良の選択をしてください。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

生活相談員の転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

ケアマネの転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

社会福祉士の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

介護福祉士の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

介護福祉士の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

ヘルパーの仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?