ケアマネの転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

ケアマネから転職したいという方へ。

今までと同じ介護業界で仕事をしたい方もいれば、介護以外の仕事に興味がある方もいるのではないでしょうか?

ケアマネの転職先にはどのような仕事の種類があるのか、仕事探しをするときのポイントなどをご紹介したいと思います。

これから転職を考えている方は参考にしてみてくださいね。

ケアマネからの転職先の種類と、それぞれのメリット・デメリットとは?

それでは、ケアマネからの転職先を大きく2種類に分けてみます。

介護業界内での転職を考えた場合

ケアマネの資格を保有しているということは、何らかの職種で介護や医療など福祉の仕事に何年も携わってきたということになります。

しかも、介護保険制度を熟知していますから、事務系や管理者も可能です。

ですから、介護業界内で転職を考える場合は医療以外の色々な職種に転職できるメリットがあります。

逆に、介護業界はだいたいどの事業所でも同じような悩みを抱えています。

しかも、収益を沢山あげて事業を大きくすることは難しいため、転職前と同じような状況におかれることがデメリットといえるでしょう。

介護以外の仕事への転職を考えた場合

ケアマネが介護以外の仕事へ転職する場合のメリットは、全く違う分野へ挑戦できるということです。

しかも、収益をあげることが目的の企業で働くことができるので、年収を増やすことができるでしょう。

もちろん、この点はデメリットも含んでいて、経験がない業界へ転職しますから一から覚えなければなりません。

さらに最初は、年下の新入社員と同様に扱われることもありますから、年収が上がるのも何年か経ってからになるでしょう。

介護以外といっても、医療系や福祉系であればソーシャルワーカーという選択もありますので、スキルアップにつながります。

ケアマネから介護業界内へ転職したい方へ

前述したように、ケアマネの資格を所有しているということは、ある程度介護の仕事経験があるかもしれません。

この場合、介護の現場というよりも能力・収入・待遇の面でステップアップできる職種へ転職することがお勧めです。

ケアマネ経験が活かせる転職方法とは?

ケアマネの仕事は、どちらかといえば「介護」というよりも「相談援助」になります。

入所系の施設の場合には、介護職も兼務していることが多いものですが、居宅介護支援事業所のケアマネは、基本的に自ら介護は行いません。

最も手っ取り早いのは、相談員として転職することです。

介護業界における相談員は、だいたいがケアマネの資格を所有しています。

また、グループホームや通所介護施設、訪問介護事業所などはケアマネ資格を所有していれば管理者になることができます。

さらに介護保険制度を熟知しているため、介護保険請求事務への転職も有利でしょう。

介護の求人はどうやって探すのがおすすめ?

今、介護業界は人手不足なので、ハローワークに行っても沢山の求人を探すことができるでしょう。

しかし、おすすめは介護専門の求人サイトや、人材紹介会社を利用することです。

こういったものを利用しなければ、全て自分で希望に見合う求人を探さなければなりません。

自分は今の仕事を行いながら、希望する内容と見合った求人を業者に探してもらい、ふさわしい求人があった時に面接や施設見学の希望へとステップを進める…。

それが賢い転職方法だといえます。

ケアマネから介護以外の仕事へ転職したい方へ

では、介護以外の仕事に転職する場合の詳しい情報をみていきましょう。

ケアマネから転職しやすい未経験OKの仕事とは?

介護とは違う未経験の仕事とはいえ、ケアマネとしての経験を活かせた方が有益です。

例えば社会福祉士の資格を取得して、社会福祉協議会や地域包括支援センターへ社会福祉士として転職するという方法もあります。

病院なら、メディカルソーシャルワーカー(MSW)へ転職することも可能です。

また(准)看護師資格を取得して看護の実務を積むことも良いでしょう。

市町村から派遣される介護認定調査員という手段もありますが、常勤職員ではなく臨時職員として募集している場合もあります。

人と接する仕事をしていたのですから、接客などのサービス業も向いているでしょう。

求人はどこで探すのがおススメ?

介護以外の仕事であれば、総合的にみればハローワークが色々な職種を探せます。

希望する職種が決まっていれば、その企業のホームページで求人情報を参照してもよいでしょう。

転職でケアマネの経験を上手くアピールするポイントは?

ここはやはり、人と接する仕事を行ってきたことをアピールしましょう。

しかも、介護が必要な高齢者を支援する仕事ですから、弱い人の立場に立って考えることや“縁の下”で働けることをアピールできます。

また協調性をとりながらも自分の意見をきちんと伝えられるということも、メリットの一つです。

まとめ

いかがでしたか。ケアマネは、周りのサービス事業者と密な連携を図りながら、介護が必要な方とその家族の生活を支える専門性の高い仕事を行っています。

施設ケアマネも、入居されている方ができる限り充実した暮らしをおくれるよう、多職種で、同じ目標に向かって協働できるように働きかける仕事を行っています。

このような業務内容から、ケアマネ経験者が転職する先は広い視野をもって考えることができます。

どんな支援であっても、またどんな業種であっても、自らがある程度満足していなければ充実した仕事は行えません。転職の基本は、自分の生活をよくするためのものです。

ぜひ、積極的な視点をもって転職活動を行いましょう。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

ケアマネの転職で失敗しないためにチェックしたい3つのポイント

ヘルパー(訪問介護)の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

介護職のパートを辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方

介護福祉士の転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

介護の派遣を辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方

社会福祉士の転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?