デイサービスってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

様々な介護サービスがある中で、今その数をどんどん増やしている施設がデイサービス。

お仕事を探して介護系求人を見てみるとデイサービス施設の求人はとても多く、施設がとてもたくさんあることがよくわかります。

ではそのデイサービスとはどんなものなのでしょうか?

どんな場所なのか・何をするのかを勤務したことがない方は、参考にしてみて下さいね。

デイサービスってどんなところ?

デイサービスとは?

デイサービスとは通所介護と呼ばれる介護保険が適用される介護サービスです。

利用者は日帰りを基本として昼間の決められた時間を施設内で過ごします。

デイケアと呼び名が良く似ていますが、デイケアは通所リハビリと呼ばれる機能訓練に重点を置いたサービスです。

デイケアでは理学療法士や作業療法士といったリハビリを専門的に行うスタッフが介護士・看護師とは別に常駐していなくてはなりませんが、デイサービスではその必要がないので運動や機能訓練も介護士が行うことがあります。

デイサービスで最も重視されるのは他者との交流や食事・入浴などの生活動作で、季節ごとのイベントや外部ボランティアとの交流も盛んな施設が多くなっています。

利用者が清潔・健康に過ごせるよう機能レベルに合わせて介助を行い、他者との交流を通して生きがいを感じて生活ができるようサービスの提供を行うのがデイサービスという施設です。

デイサービスではどんな方々が働いている?

デイサービスは通所施設で利用者が宿泊することがないため、介護職員にも夜勤という業務は発生しません。

女性の割合がとても高い介護職ですが、朝から夕方という勤務時間のデイサービスではお子さんのいる女性職員の割合が比較的高いと言えます。

ただし最近は「お泊まりデイ」といって短期の宿泊を利用者さんの全額負担にて行っている施設も出てきていて、この場合は夜勤が発生することになるので、勤務前には確認しておきましょう。

介護士の他には看護師・調理担当の他、サービスの一環でマッサージ師が在籍している施設もあります。

デイサービスにおける介護の仕事内容とは?

介護士の主な仕事内容とは?

デイサービスで介護士が行う業務には以下のようなものがあります。

お泊まりデイを実施している場合は夜勤で入所施設と同じような業務が発生しますが、ここでは日中のサービスについて見てみましょう。

<デイサービスにおける業務の種類>

●利用者の送迎
●体温・血圧などの健康チェック
●入浴介助
●排泄介助
●レクリエーションの準備と先導
●食事の配膳と介助
●連絡帳の記入など家族とのコミュニケーション

並べてみるとたくさんあるように見えますが、デイサービスだからと言って、特別なことはほとんどないと思います。

1日を過ごす中で利用者さんが必要とする介助を提供し、安全快適に1日を過ごしていただけるよう努めることがデイサービス職員の仕事になります。

デイサービスの1日の仕事の流れ

1日の仕事の流れは施設によっても変わってきますが、基本的な内容は似通っています。

ここでは時間の流れを追って、デイサービスでの1日をご紹介したいと思います。

8:30~「利用者を迎える準備」

デイサービスに勤務する介護士の1日は出勤をしたら、まず利用者を迎える準備をすることからはじめます。

フロアのお掃除や飲み物の準備、座席の確認などを行います。

9:00~「利用者の自宅まで迎えにいく」

ご家族が施設まで送迎をしてくださる利用者もいらっしゃいますが、基本的には施設から利用者さんの自宅前までお迎えに行って施設までお連れします。

同居のご家族がいらっしゃれば簡単に様子を伺って、訪問ヘルパーが入っていればヘルパーさんとコミュニケーションを取ります。

また、乗車の際の介助も重要です。

ベルトや安全器具の装着を正しく行い、移動中にベルトを外してしまったりしないよう注意しなければなりません。

外出を嫌がる利用者もいますが、体調不良でない限りデイサービス側で欠席と決めることは出来ません。

どのように気分を乗せるかは介護士それぞれの腕の見せ所とも言えますね。

10:00~「健康チェック」

到着後にまず検温と血圧測定を行い、医師または看護師がチェックを行います。

10:30~「レクリエーション」

デイサービスの大きな目的の1つは他者との交流です。

ゲームや体操・クイズ・塗り絵・カラオケなど様々な娯楽を用意して利用者に楽しんでいただきます。

レクリエーションの企画・準備も介護士の仕事。

デイ専門の雑誌や本も参考に安全で楽しめるものを企画します。

12:00~「昼食」

昼食は施設内の厨房で作られた食事が提供されることがほとんどですが、少人数の施設では利用者と介護士が交流をしながら食事を作ることをレクリエーションとしている場合もあります。

後者の場合は食材の買い出しも外出を兼ねて皆で行うこともあります。

大規模施設では配膳時に禁食項目が守られているか・刻みやペーストなど形態が守られているかを再確認して提供します。

食事中は誤嚥などの事故が起こらないよう目を配り、食事介助が必要な利用者がいらっしゃれば対応するのも大切な業務です。

13:30~「入浴」

入浴は利用開始時にご本人またはご家族・ケアマネージャーからの申し出があった利用者さんに提供する介護サービスになります。

浴場の様式は施設により様々で、大規模デイサービスだと銭湯のような大浴場に機械浴・リフト浴とひと通り揃っていることも多くあります。

小規模では自宅のお風呂のような個浴の場合も。

介護士は軽装で浴場に入り、洗髪・洗体・歩行介助などそれぞれの利用者に必要な介助を行います。

デイサービスでは利用時間が厳密に決められていて、お帰りの時間を施設側の都合で遅らせるというようなことが出来ないので、入浴も決まった時間までに終わらせなければなりません。

この点で入浴は省略の出来ないサービスである上に不測の事態で予定より時間がかかってしまうことも多く、1日の中で特に重要なポイントです。

15:00~「おやつの時間」

午後は麻雀や手芸など、それぞれが楽しめるものを提供して過ごしていただきます。

15時にはお茶とおやつをお出ししながら、カラオケや季節のお菓子を手作りを行うこともあります。

16:00~「お帰りの準備」

上着や荷物など、忘れ物がないか確認してお帰りの準備を整えます。

この時間までに朝預かった連絡帳の内容を確認して必要事項を記入しておきます。

17:00~「利用者を自宅まで送る」

今度は朝お迎えに行った場所まで利用者を車で送ります。

ご自宅に到着したら降車の介助を行い、利用者のお宅を後にします。

18:00~「片付けと翌日の準備」

送迎から戻ってきたら今日の片付けと翌日の準備を行い、1日の業務が終了します。

これらの業務の合間の適切なタイミングで排泄介助を随時行います。

デイサービスは利用者が数名の小規模から、100名前後の大規模まで幅が広く、施設の規模と方針によって違う点が出てきます。

デイサービスで働く上で知っておきたいこと

デイサービスの給料・待遇はどのくらい?

月給で20~25万円程度が目安だと思います。

夜勤がないのでその分の差額は当然発生しますが、その他の資格手当などは入所施設で働く介護職員と同等のお給料です。

入所施設に比べて極端に高い・低いということはなく、介護士として標準のお給料と言えるでしょう。

デイサービスで働くメリット・デメリットとは?

「勤務時間が決まっているため働きやすい」

夜勤のないデイサービスでのお仕事では常に決まった時間の勤務が主体となるので、一緒に暮らす家族と生活サイクルを合わせやすいという利点があります。

お子さんのいる女性などには大きなメリットであると言えます。

「介護度が低いため経験が浅い人でも始めやすい」

介護技術の視点から見ると、寝たきりのような介護度の高い利用者が比較的少ないので現場経験の浅い人にはハードルが低めと言えるかも知れません。

デイサービスでは入居施設では多いベッド上での介助や移乗が発生する割合は高くはなく、どちらかと言うと、利用者さんの気持ちに寄り添いスムーズに行動動作を促す技術が活躍します。

介護士個々の得意不得意や、目指す方向性によってメリットもデメリットも存在すると言えます。

デイサービスの求人を探すときにチェックすべきポイントとは?

「運転が必要な職場かどうかをチェックする」

施設によっては専属のドライバーがいる場合もありますが、介護士が自ら運転をして利用者の送迎を行う場合もあります。

慣れない車の運転が苦手だったり、車の運転に自信がない人は注意しなくてはいけません。

「稼働日は施設によって異なるので注意!」

また施設によって稼働の曜日が異なるのもデイサービスの特徴です。

毎週日曜日がお休みの施設もあれば365日年中無休の場合もあるのでしっかり確認をしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デイサービスは施設により個性が様々な施設で、そこに介護士も働く楽しさを見付けることができます。

昔は公園などでお年寄りが集まっていると「老人会かな?」と言われましたが、今はデイサービスのお花見イベントや遠足だったりするのです。

利用者さんの1日に寄り添って快適な1日のお手伝いができる仕事、それがデイサービスでの介護職なのです。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー介護」がおススメです。

――ジョブメドレー介護の特徴――

①あなたを必要とする保育園からスカウトメールが届く

ジョブメドレーの利点は あなたを必要としている保育園があなたを探し出し、直接スカウトメールが送られてきます。

スカウトメールが来たら確認して、良かったら是非応募してみてください。

②早めの応募で選択肢が広がる

ジョブメドレーでは日々新しい求人案内が掲載されていきます。

応募は自由です、興味があったら応募してみてください。

実際に会って話してみることが転職の上で何より大事です。

③転職、復職でお祝い金を贈呈中


電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護職員の目線から見た!特養と有料老人ホームってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

グループホームで働くケアマネの仕事内容とは?

特別養護老人ホームってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

有料老人ホームで働くケアマネの仕事内容や給料とは?

介護老人保健施設で働く作業療法士の仕事内容や給料とは?

介護職員の目線から見た!有料老人ホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...