グループホームってどんなところ?介護職の仕事内容や給料・待遇は?

「グループホームとはどんな施設なのか、どのような生活をしているのか?」

気になっている介護職の方はいませんか?

これから転職を考えている方や、どんな施設が自分に向いているのかと悩んでいる方へ、グループホームでの働き方や待遇についてご紹介します。

グループホームってどんなところ?

グループホームとは?

グループホームは正式には「認知症対応型共同生活介護」といいます。

認知症高齢者の方が5~9人を一つのユニットとして、グループで共同生活を行うところです。

専門スタッフの援助を受けながら、認知症の進行防止のために、過去の経験や趣味を活かしたり、掃除や洗濯など家庭的な仕事を一緒に取り組んでいきます。

少人数制で家庭的な雰囲気が特徴で、畳の部屋で布団を使用したり、ご自宅から使用していたタンスなどの持ち込みがOKな施設もあります。

グループホームではどんな方々が働いている?

<ケアマネージャー>

ケアプランを作成。

ケアプランの素案は介護職員が担当しますが、グループホームでは資格を持ったケアマネージャーの配置が義務付けられています。

<介護職員>

特別な資格は必要ありません。

しかし利用者さんは認知症ですので、介護の知識がないままで働くのは難しいかもしれません。

<看護師>

医療スタッフの設置義務はありませんが、大概の施設では勤務されていて、バイタルチェックや服薬管理を行っています。

24時間体制で看護師常駐の施設は看取りなども行われます。

グループホームにおける仕事内容・特徴とは?

介護士の主な仕事内容とは?

<生活援助>

掃除・洗濯・料理などの家事を利用者さんのできることに振り分けて、一緒におこなったり、見守りをします。

料理は利用者さんが教えてくれたり、簡単なものを作っていきます。

<外出援助>

利用者さんと一緒に食材の買い物や、通院、その他の外出に同行します。

<介助>

ご利用者さんによっては、食事介助・排泄介助・入浴時の身体介護が必要な場面もあります。

<健康管理>

バイタルチェックや服薬管理を行います。

<レクリエーション>

歌を歌ったり、ゲームや体操をおこなったり、イベントを企画して一緒に参加します。

<ケアプランの作成>

ケアマネージャーが作成します。

介護職員が日常生活での状態を把握しているので、素案は介護職員が担当します。

<夜勤業務>

見守り(起きている利用者さんへの対応)、巡回・トイレ介助・おむつ交換などを行います。

1日の仕事の流れ

7:00~ 起床・洗面・排泄介助・おむつ交換
8:00~ 食事の準備・提供・食事介助・口腔ケア
9:00~ 掃除・洗濯
10:00~ 水分補給・バイタルチェック・レクリエーション
11:00~ 昼食の準備
12:00~ 昼食提供・食事介助・口腔ケア
13:00~ 食事の片付け・排泄介助・おむつ交換・外出・談話・テレビ鑑賞・趣味
15:00~ おやつ・散歩・入浴
17:00~ 夕食準備
18:00~ 夕食・食事介助・余暇
19:00~ 片付け・口腔ケア・排泄介助・おむつ交換
22:00~ 就寝・消灯

 

グループホームで働く上で知っておきたいこと

グループホームの給料・待遇はどのくらい?

介護職の平均年収は300万円程度ですが、グループホームの場合は250万円程度となっています。

月収にすると18万円程度です。

管理者になると給与は上がり、年収360~420万円程度となります。

最初から管理者の求人に応募すると、給与水準も高くなります。

グループホームで働くメリット・デメリットとは?

少人数でアットホームな雰囲気で働けるのが特徴です。

ご利用者一人ひとり深く関わって働くことができます。

ただ、施設によっては、医療ケアをする利用者さんを受け入れるところと、受け入れないところがあります。

医療ケアのある施設だと、身体ケアなどが忙しく、アットホームな働き方とはなりにくいので注意が必要です。

グループホームの求人を探すときにチェックすべきポイントとは?

グループホームでの求人では、介護経験のない方や、経験の浅い方は勤務時間に注意しなければなりません。

24時間体制で勤務が組まれるため、人員不足の施設では夜勤を頼まれることもあります。

少人数ユニットなので、夜勤は基本的には一人体制となります。

また、施設によっては介護度の高い利用者さんが多い施設もあります。

介護度によって働き方も変わってくるので、入職前には施設見学をさせてもらい、説明も詳しく受けましょう。

グループホームは比較的融通のきく施設ですが、

「どんな手当がでるのか?」

「勤務体系はどうなっているのか?」

しっかりと調べ、確認しておくことが大切です。

まとめ

グループホームはアットホームな雰囲気で、一人ひとりのご利用者さんとじっくり接することができるのが特徴です。

一方、医療ケアの有無やご利用者さんの介護度によって、施設ごとに働き方の違いがあるので注意が必要です。

「入職前のイメージと違った…」

といったミスマッチが生じないように、施設見学や面接で施設をよく見たり、担当者に質問をして気になることはよく確認しておきましょう。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

サ高住ってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

介護職員の目線から見た!有料老人ホームとグループホームってどう違うの?施設の特徴...

デイサービスの仕事がきつい、辛いと感じている方へ

介護職員の目線から見た!特養とグループホームってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

デイサービスを辞めたいと思ったら?次の就職先や求人探しのポイントとは

グループホームの仕事がきつい辛いと感じている方へのアドバイス