ヘルパー(訪問介護)の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

ヘルパーから転職したいという方へ。

ヘルパーと同じ介護業界で仕事をしたい方もいれば、介護以外の仕事に興味がある方もいるのではないでしょうか?

ヘルパーの転職先にはどのような仕事の種類があるのか、仕事探しをするときのポイントなどをご紹介したいと思います。

これから転職を考えている方は参考にしてみてくださいね。

転職の種類とそれぞれのメリット・デメリットとは?

ヘルパーからの転職先の種類は?

介護分野では、デイサービス、デイケア、特別養護老人ホーム、老人保健福祉施設、障碍者施設が主になってきます。

介護業界内での転職を考えた場合

<メリット>

介護の仕事内容は環境が変わっても共通部分は多いため、新しい職場に移っても仕事を覚えるまで時間はかかりません。

また、ヘルパーのキャリアの先には国家資格として「介護福祉士」になることも考えられます。

介護福祉士は現場での労働の他にも、デイサービスでの生活相談員や、介護計画書の作成を行うこともできます。

「仕事に身体が付いてこなくなってきた」といった場合でも、現場労働だけでなく、経験を活かして事務作業に移ることも可能です。

<デメリット>

訪問介護以外の施設では、残業などが発生し長時間の労働となる日もあります。

また、介護福祉士の取得には介護士として3年間の経験に加え、知識・技術試験をクリアする必要もあります。

介護以外の仕事への転職を考えた場合

<メリット>

接客業などのサービス業ではこれまでの経験を活かすことができます。

訪問介護では「お宅訪問」といったデリケートなサービスを経験していますので、接客スキルのとして十分アピールできるネタとなります。

また、これまでは高齢者の命と触れ合う責任のプレッシャーもありましたが、一般の接客業ではそのような負担から解放されるといったメリットもあるでしょう。

<デメリット>

介護分野とは全く異なる職場となるので、新しい仕事内容を覚えなければなりません。

またヘルパーは個人での仕事が中心でしたが、一般的な職場では組織での働き方が基本となるので、自分のペースで働くことは難しくなってきます。

ヘルパーから介護業界内へ転職したい方へ

ヘルパー経験が活かせる転職方法とは

訪問介護をしていた方なら、特養・老健など、施設介護の仕事に移ることも可能です。

また、ヘルパーから職種を変えたいなら、介護福祉士や、福祉用具専門相談員、介護事務、ケアマネージャーといったものが挙げられます。

ケアマネージャーは現場経験を5年積んでから受験できるようになります。

介護の求人はどうやって探すのがおすすめ?

新聞広告やチラシ、ハローワーク、転職サイトなど、いろいろな手段はありますが、働きながら転職の準備を進めるなら、介護専門の転職サイトがおすすめです。

介護の転職サイトとは、介護職向けの求人のみ専門に扱っている求人サイトで、地域や施設形態、給与など、希望条件から絞って求人を見つけることができます。

また、候補の職場が見つかったら、その会社の名前で口コミ情報を集めたり、実際に職場見学へ行くことをおススメします。

これから自分が勤める職場ですので、できるだけ情報収集しておくことが大切です。

ヘルパーから介護以外の仕事へ転職したい方へ

ヘルパーから転職しやすい未経験OKの仕事とは?

介護支援以外であれば、介護事務や、福祉用具関係の仕事への転職がしやすいと言えます。

また、サービス業である接客業務への転職や、セミナーでの講演者といった職業も考えられます。

求人はどこで探すのがおススメ

上記で挙げた介護事務や福祉用具関係の仕事であれば、資格取得にあたっての就職サポートを受けるとよいでしょう。

また、働いていた母体が大きい場合、これらのサービスを併用している事もありますので、人間関係におけるトラブルがなければ相談してみるとよいでしょう。

転職でヘルパー経験をうまくアピールするポイントは?

ヘルパーは「人と人との関わり」に長けていないとできない職業です。

ご利用者やご家族との日々のやり取りやクレームへの対処方法など、これらの経験は他の職業であっても活かしていけるスキルとなります。

これまでの業務であったトラブル+そのときの対処方法など、実際のエピソードを交えながら、上手く自分のスキルをアピールしていきましょう。

まとめ

ヘルパーという資格は、現在の日本において需要の高い資格です。

転職したいと思ったとき、スキルアップしたいとき、たとえ別の職業に就いたとしても、またヘルパーとして働き始めることも難しくはありません。

「いざとなったらまたヘルパーとして働ける」といった気持ちで、新しい分野へのチャレンジを考えてみるのも良いかもしれませんね。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護福祉士の転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

介護福祉士の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

ヘルパーの仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

介護職のパートを辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方

ケアマネの仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

社会福祉士の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?