ヘルパーの仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

仕事の悩みはいつの時代も労働者に付きまとう問題です。

それは業界や業種も問わず、女性も男性も年齢も関係なく突き当たる可能性のあることです。

ヘルパーや介護士もその例に漏れることはなく、悩む中で「もう辞めたい」と思うケースも多くあります。

現場からよく聞かれる悩みの理由やその後についていくつか見て行こうと思います。

悩みは1人で抱えがちになるものですが、他の人はどうなのだろう?という視点で考えてみましょう。

ヘルパーを辞めたい人に多い理由とは?

辞めたい理由①人間関係について悩んでいる

ある程度の人が集まると人間関係の問題はどんな職場でも起こるリスクがあるもので、仕事をしているとよくある悩みとも言えるものです。

決して珍しくも特殊でもない悩みですが、だからといって小さな悩みということではなく働き続ける上では大きな障壁となる人間関係。

介護職は女性の割合が高く、介護計画を立てる人と実行する人が異なる場合には意見の相違などからこの問題が起きやすい傾向にあります。

この問題で悩んでしまうと大きなダメージになりかねませんので早急な対応が必要です。

辞めたい理由②お給料について悩んでいる

介護施設の収益に大きく関わる介護報酬は定期的に改訂され、それに伴い介護士の給与についても政府レベルでの改善がなされています。

しかしその変化は微々たるもので、勤め先の会社の規模によっては末端の介護職員にまで恩恵が行きわたっていないという実状もあります。

お仕事をする上でお給料や報酬はとても重要なポイントで、どんなに社会的意義のある仕事だとしても無視出来るものではありません。

辞めたい理由③勤務の過酷さについて悩んでいる

介護業界が慢性的な人手不足に陥っていることは現場で働く介護士ならば肌で感じているでしょう。

長時間労働や配置人数がギリギリなことで発生する業務量の負担から体調を崩してしまう介護職員は決して少なくありません。

特に訪問介護は早朝勤務や夜間勤務もあり、1人ないし極少人数で行う業務が多いことから負担がより大きくなります。

施設勤務以上に欠員が大きな問題になりやすく、代打のヘルパーがいないために自身の体調不良を限界まで我慢してしまうというケースも見受けられます。

介護士個人の意識や考えでは改善出来ない事案も多いので解決が難しい問題です。

ヘルパーを辞めた後はどうする?ヘルパーの転職先とは?

①ヘルパーから他の職種にチャレンジしてみる

一度ヘルパー・介護士になったからといって他のお仕事が出来ないわけではもちろんありません。

例えば同じ介護資格を必要とする職種でも、障害者や障害児のケアはまたまったく違うお仕事です。

近年は発達障害やダウン症・自閉症を持つ児童が放課後に通う「放課後デイサービス」という種類の施設が増加傾向にあります。

高齢者介護とは別の大変さはありますが、職務内容や介護の目的が大幅に変わってくるので仕切り直しの再スタートにはとてもいい経験になるかも知れません。

異業種としては物流・倉庫業にも介護士から転職を果たす人が多く存在します。

多少重い荷運びも

「万一落としても怪我をさせなくて済む」

「移乗の技術が案外役に立つ」

「人相手に疲れてしまったから気楽」

など、異なる業界にメリットを見付けたケースも多くあります。

介護士の資格はブランクがあってもまた役立てることが出来るものなので、少し別の世界の空気を吸ってみるという選択もいいかも知れませんね。

②ヘルパーとして他の職場で再スタートしてみる

介護士の資格を活かして出来る仕事は訪問介護だけではありません。

同じ介護職であっても入居施設とデイサービスでは雰囲気がかなり異なりますし、訪問と施設勤務はガラリと職務内容が変わります。

どの介護サービスに従事するとしても楽しい点と大変な点があることは当然ですが、それをやりがいと感じられるか苦痛と感じてしまうかは人それぞれでしょう。

訪問介護で仕事が大変だ・介護職はもう続けられないかも知れないと思っていたとしても、施設勤務に転職してみたら楽しく感じ始めたというケースもあります。

逆に訪問介護をやっている人が施設勤務をしてみたら別の楽しさややりがいを感じられる場合もあるでしょう。

現在介護系の会社・施設は数多く存在していて、続々と新規オープンしています。

既存の会社でも人手不足は慢性化しており、介護系の求人はどんな媒体でも見つけることが可能です。

現場での実務経験のある介護士は貴重な即戦力ですから、もう1度イチからやり直してみようとすることは難しいことではありません。

今の勤務先に留まって環境や状況を変えようと努力することもとても尊い志ですが、他の場所で再スタートをすることも悪い選択ではないでしょう。

ヘルパーを辞める前に知っておきたいこと

①いまの職場を辞めるまでのスケジュール

現在の職場を辞めようと決めたら、まず会社にその意志を伝えねばなりません。

飛び出すように「今日で辞めます」ということも出来ないことではありませんが、やはり社会人としてある程度の余裕を持って退職までのスケジュールを立てましょう。

民法の規定では退職を希望する日にちの14日前に申し出れば退職が可能であるとされていますが、まずは勤め先の就業規則に沿って退職の時期を決めた方が穏便です。

②次の職場の候補は早めに探して始めておく

しばらく仕事をせずにのんびりするということが出来たら気楽ですが、なかなかそう出来ない事情もあるでしょう。

その場合は当然次の職場を見付けておかなくてはなりません。

現在の職場にいる間から次の職場を探す活動をしても問題はありませんからどこかで仕事を続けるなら行動は早めに起こしましょう。

今は休憩時間に求人の検索や応募が出来るサイトがたくさんありますから、そういったシステムを積極的に活用してみるといいでしょう。

③介護士は本当は必要とされていて、他業界からの評価も高いという誇りを持つ

仕事上の悩みを抱えてしまうと自分に自身が持てなくなりがちです。

自分は必要ないのではないか・何も出来ないのではないかとマイナスに考えてしまうこともあるでしょう。

しかし介護士・ヘルパーとは現在とても社会的に必要とされている存在です。

今の職場で自分に自信を持つことが出来なくても、他の場所ではあなたの能力と経験を必要としているのです。

また近年の介護士の待遇に関するニュースや報道で介護=大変な仕事ということが一般的な認識となっています。

大変な業界で仕事をしていた人ならばと、他業界へ転職しようとする際に人間性を評価する指標になる場合もあるのです。

社会的に意義のある仕事を一生懸命やってきたという誇りを持って、次の道を模索していきましょう!

まとめ

どんな業界・どんな業種であっても楽しいだけの仕事というものはなかなかありません。

しかし、辛くて悩みばかりの仕事しか世の中にはないというわけでもないのです。

一昔ふた昔前は仕事とは長く続けてこそという一種の美学がありましたが、今はむしろ能力があり仕事が出来る人ほど転職とステップアップを重ねて行く時代です。

仕事を辞めることはマイナスではなく、プラスを探すための挑戦でありとても勇気のある選択です。

悩み事を切り捨てて新しい自分らしさを探して働けるようにしていきたいですね!

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

社会福祉士の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

パート・アルバイトで介護職に就きたい方へ、志望動機を作成するときのポイントは

新卒で介護職に就きたい方へ、志望動機を作成するときのポイントは

介護職のオープニングスタッフとは?志望動機を書くときのポイント

ケアマネの仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

ケアマネの転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?