介護の職場の人間関係が最悪で辞めたい…そんなときの対処方法とは?

介護の現場では、とにかく人間関係が難しい!という話をよく聞きます。

同僚と飲みに行っても、話題のほとんどが、人間関係のグチになりますよね。

実は人間関係が、介護職の方が仕事をやめた理由のトップなんです!

(H28年度 介護職で仕事を辞めた理由「職場の人間関係に問題があったため」が 1位 25.4%。H29年度 同じく「職場の人間関係に問題があったため」が 1位 23.9%。※1)

どこも人間関係に問題ありなんですね…。

うちの職場も人間関係最悪なんです!

という方、安易に転職しても、また同じことが起こるかもしれません。

今の職場で上手くやっていく方法を考えてみませんか?

なぜ介護の職場は人間関係が悪くなりやすいの?その理由とワンポイントアドバイス

どうして介護の職場は、人間関係が悪くなってしまうのでしょう?

その原因に対し、どう対処したらよいでしょう?

①仕事がきつい

体力的にも、精神的にも大変な、介護のお仕事。

身体も心も疲れ切ってしまったら、他人を思いやる余裕なんかなく、皆イライラ、嫌な雰囲気になりがちです。

→自分も疲れているけど、相手も疲れています。助け合い、支え合う気持ちを忘れずに。

自分の疲れもため込まないように、気を付けて下さいね。

②低賃金・様々な雇用形態

介護職は全体的に賃金が低いです。

そんな中でも、正社員と派遣、パートなど、格差があります。

ただでさえ不満があるのに、更に格差もあって、ちょっとの違いでギスギスしやすくなります。

→賃金や雇用形態に不満があれば、上司に聞いてもらいましょう。

介護職同士で不満をぶつけ合っても、相手が解決できる問題ではないです。

③様々な職種の人が集まる

介護職の現場には、介護士以外にも、看護師・栄養士・理学療法士・ケアマネジャー・相談員・など、様々な職種の人がいます。

それぞれの立場で主張が異なったり、責任の押し付け合いになったりすると、雰囲気が悪くなります。

→協力し合わないと、利用者さんに良いケアはできません。

自分の意見とは違う…と思っても、一度よく聞いてみて下さい。

④様々なバックグラウンド(学歴・経歴・家庭環境等)

介護士というと、専門学校で勉強してきた専門職のイメージが強いですが、実際は、資格や経験がなくても採用してもらえるため、様々なバックグラウンドを抱えた方がいます。

学歴や前職にプライドを持つ方も多いですし、無資格でも正社員に採用されやすいため、子持ちシングル等、苦労されている方も結構多いです。

いろんな思いを抱えた人がいるため、ぶつかりやすくなります。

→3と同じで、自分とは違う背景を持つ方の思いを想像してみて下さい。

相手の立場になってみるだけで、少し相手に対する気分も変わりますよ。

⑤男女比のバランス

介護は女性が多い職場ですが、男性も増えてきています。

少数の男性が取り合いになることも…。

私の職場では、男女関係をめぐるトラブルが最も多かったです^^;

→社内恋愛は悪いこととは思いませんが、仕事中に持ち込むのはNGです!

ラブラブ気分を持ち込んだら、ちゃんと仕事して!と非難されますし、上手くいってない時や嫉妬心などを持ち込んだら、職場の雰囲気が一気に悪くなりますよ。

介護の職場によくいるタイプの職員と対処法は?

いろんな方がいる介護職の現場。その中でも、「こんな人、いるいる!」というよくいるタイプの方と、どうお付き合いすればよいのかを挙げてみました。

筆者の独断と偏見も含まれているので、気軽に読んでみて下さいね^^

バリバリ体育会系!の人

介護には、体力が何より必要。

でも、頭脳はさほど必要ないかも…(ホントは必要ですよ!でもイメージ的にあまり必要と思われていませんよね)ということで、体育会系の方や、元ヤンキーぽい人が集まりやすいです。

上下関係を重視する人が多いので、言葉遣いや、頼まれごとをすぐ引き受けるなど、目上の方への基本的な対応を、特に心がけて下さいね。

もちろん、無理しすぎなくていいですよ。

でも、多少難しいことも、すぐにハイ!と、引き受けていたら、きっとかわいがってもらえると思います。

すぐ鬱になる?繊細すぎて扱いにくい若者

介護を志す位なので、優しい人は多いです。

特に、専門学校からしっかり勉強してきた方や、人の役に立ちたいと意志を持って転職してきた若い方は、優しいですね。

でも、優しすぎて、非常に傷つきやすい人が多いなと思います。

ちょっと注意したり、忙しくて不愛想になってしまったりしただけで、

「自分は嫌われてる…」

「もうこの職場ではやっていけない…」

などと思い込んでしまう人も。

「うっとおしいなぁ!」

と思うかもしれませんが、甘えているだけで悪気はないので、そこはちょっとガマンしてあげて下さい^^;

でも、してほしいことや教えたいことは、はっきり言葉にした方がいいです!

察してほしいという態度だと、被害妄想的に受け取られてしまうこともあります。

あなたのことを気にかけている、というメッセージを常日頃から送りつつ、優しく接したら、安心して心を開いてくれると思います。

仕事をテキパキこなすけどキツい先輩

仕事をサクサクこなせて、頭が切れるカッコいい先輩。

でも、そういう方に限って割と厳しいです。

自分が仕事できるだけに、できない人を見るとイライラしちゃうんですね。

そんな先輩に認められるには、「自分も仕事ができるようになること」のみ!

とはいえ、すぐに仕事がテキパキできるようになるわけではありません。

仕事を円滑に進めるコツを、ぜひ聞いてみましょう!

漠然と聞くのではなく、自分の苦手な部分を聞くとか、〇〇を試してみたけど上手くいかない…

など、自分でも努力してみたことを話すと、頑張ってるなと思われて好感度は上がりますよ。

でも、仕事ができる人は、自分のペースを乱されることを嫌うので、アドバイスが欲しい時は、必ず都合を聞いてからにして下さいね。

怖~いおばちゃん

新入社員の頃に、「おばちゃんを制す者は職場を制す」と先輩に教えられ、なるほどと思った程、どこの職場にも、口うるさく怖いおばちゃんはいます!

でも、自分がその年代になってよくわかりました。

おばちゃんは、自分の知識と経験にプライドを持っています。

それに、若い頃には気づかなかった細かい所に、目が行くようになるんですよね。

でも、身体は思うように動きません。だからついつい、口ばっかり出てしまいます。

おばちゃんの意見は、古臭く煙たく感じるかもしれませんが、勉強になることもきっとあると思いますよ。

一度、耳を傾けてみて下さい。

それと、お年寄りを労わる気持ちで、おばちゃんも労わってあげて下さい^^;

暗~い、冴えないおじさん…

世の中が不況だった頃や、非正規雇用が増えた頃から、年配のおじさんも介護職に就くことが増えました。

若い頃から介護に就いていた、叩き上げのおじさんは割と元気なのですが、前職を失って介護に来たり、希望の職に就けなくて介護に来た…

というおじさんは、明るい気持ちになれず、慣れない仕事に自信もないので、冴えない感じです。

「何か付き合いにくいなぁ…」

と感じるかもしれませんが、あなたの優しさと明るさで、オジサンたちの気持ちも明るくしてあげて下さい^^

誰とも上手くやっていくにはどうしたらよい?

全員から好かれることは難しいですが、多くの人に好かれるという人はいます。

皆から好かれている人を見ていると、共通点があります。

一生懸命真面目に働いている

仕事が上手くできなくても、努力している姿は必ず伝わります!

「人前でだけ頑張って、誰もいない所では手を抜いている…」

というのはアウトです。

誰も見ていないと思っても、どこかで誰かが見ているし、手抜き姿勢は伝わりますよ。

誰に対しても同じように接する

上司や怖い人に対しては丁寧なのに、後輩や気に入らない同僚に対しては横柄な態度を取るという人、いますよね!

男性だけ良い顔する女性とか。

イヤな奴~、と思いますよね!

反対に、先輩にも後輩にも、同性にも異性にも、職員にも利用者にも、同じように接する人は、みんな好きになりますし、信頼されます。

いつも笑顔。感情的にならない

機嫌が良い時はいい人だけど、機嫌が悪い時はイライラをあからさまに顔に出す人、すぐに感情的になる人。

そんな人には、

「機嫌悪い時は近寄らないでおこう…」

とか

「機嫌悪くなったらイヤだから、これは言わないでおこう…」

などと、敬遠されてしまいます。

でも、いつも笑顔の人は、こちらも明るい気持ちで仕事ができて嬉しいですよね。

さあ、明日から笑顔を心がけて下さいね^^

言葉遣いや挨拶が丁寧

年上の方は特に、言葉遣いにはうるさいです。

言葉が丁寧だと、それだけできちんとした人だなと思ってもらえます。

職場の雰囲気にもよりますが、同僚や後輩に対しても、あまりくだけた話し方をしない方がよいです。

本人同士はそれで良いかもしれませんが、周りから見ると、仕事中なのにサボって雑談していると取られることも。

また、お年寄りには、よく聞こえるように大きな声で、ゆっくり、はっきりと挨拶したり、話しかけたりしますよね。

それは誰にでもわかりやすく、好感度も高いので、話し方にも気を付けてみましょう。

悪口、陰口を言わない

人の口に戸は立てられぬといいますが、「内緒だよ」と言って悪口や噂話をしても、絶対に
広まってしまいます。

それに、明るいグチ程度なら、聞いてくれる人もいるでしょうが、いつも悪口や陰口を言われると、聞き役の方も気分が悪いですし、そのうち嫌われてしまいます。

人の悪口は言わないことが一番です。

どれも、人間関係においてものすごく基本的なことばかりですが、意外に全部身につけるのは難しいですよ!

でも、この5つが全てできたら、絶対に好かれます。

1つずつでよいので、実践してみて下さいね。

どうしても耐えられないときは職場を変えるも一手

いろいろ試してみたけれど、どうしても合わない人がいたり、パワハラやいじめをしてくる人がいたりしたら、すごく辛いですよね。

部署が複数ある場合は、配置換えを頼んでみると良いです。

でも、規模が小さな職場で、人間関係を変えられない場合は、職場を変えてみるのも手です。

今は、職場の雰囲気を教えてくれるような転職サイトもありますので、ぜひ活用してみて下さいね。

まとめ

私も、20代の頃は介護現場の人間関係で非常に苦労しました。

ストレスで胃が痛くなったり、過呼吸になることもしばしばありました。

でも、仕事内容に関係ない、人間関係で悩むことは本当にムダだな!と思い、いろんな人とぶつかりながら、上手く乗り切る方法を体当たりで身につけていった感じです。

テクニックだけでなく、自分の意見や考えを通す強さも必要だと思います。

私は、今では、どんな場に行っても人間関係で悩むことがグッと少なくなり、苦労はムダじゃなかったと思っています!

どんな職場でも人間関係の問題はあるのですから、いじめや鬱など、本当に耐えられない状況でなければ、

人間関係のスキルを身につけるチャンスと思って、もう少し頑張ってみませんか?

※1出典:公益財団法人介護労働支援センターHPより

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

訪問介護で家族からクレームを受けてしまったときの対処法とは?

介護職が3Kと呼ばれるのはなぜ?介護の現場で今後、改善が望まれることは?

介護利用者の暴力・暴言に悩んでいるときの対処方法とは?

介護職は入浴介助ばかりで大変、、、疲れや負担を減らすためのヒントとは

看護師は介護士を見下している?仲が悪い?お互いがうまく付き合っていくために大切な...

介護職にはサービス残業が多い?残業代が出ないときの対処法