初めての介護職に不安を感じている方へ、未経験の方が良いスタートを切るために大切なこととは

初めての介護の仕事に不安を感じていませんか?

新しい職場、慣れない仕事に戸惑ってしまうのは誰にでもあることです。

多少の緊張は良いですが、不安な気持ちが強すぎては仕事にも悪い影響が出てくることもあるでしょう。

この記事では初めての介護職でありがちな不安とその対処方法についてご紹介しています。

これから介護の仕事を始める方にとって、参考になれば幸いです。

未経験の介護職の方が抱えがちな不安とは

①利用者と話せるかと不安を抱えている

今まで、親戚にも近所にもいなかったから、高齢者と話をしたことがなかったという方もいるかもしれません。

「高齢者と何を話せば良いのかわからない」と不安に思うかもしれませんが、利用者さんは人生の先輩です。

自分たちより随分年上で長年生きてこられたのです。

沢山の事を知っていますし、経験されてきています。

話をしようとは思わずに、話を聞かせてもらうと思えば、気持ちも楽になります。

季節のこと、花のこと、野菜のこと、乗り物に詳しい方なら乗り物のことなどたくさんのネタがあります。

そんなことも、緊張で浮かばないという方は、前もってネタ帳をメモしておきましょう。

②排泄介助ができるか不安を抱えている

排泄介助なんて、やったことがないのにできるのかな?汚い事でしょう?と思われるかもしれませんが、人間として生きていくには避けられないことです。

「食べて・飲んで・出して」と自然な事で、汚いと思っているあなたもしていることです。

汚染しないよう、ビニールグローブもありますし、ケアが上達すれば素早くできるようにもなります。

利用者さんだって、本当は介助してもらうより、自分で始末をしたいのです。

他人にしてもらうなんて恥ずかしいと、思いながらも病気や麻痺があるために介助をしてもらわなければならないのです。

そんな気持ちを汲んで素早くできるように、習得しましょう。

さっとできる介助のプロになりましょう!

③入浴介助ができるか不安を抱えている

人を洗ってあげるなんて、したことがないと思われる方もいるでしょう。

自分の身体を洗った事があるなら、洗ってあげられますし、背中の手の届かないところや、洗髪などお手伝いをしてあげます。

ひとそれぞれ、洗い方や力加減に好みや差があるので、聞きながら実施しましょう。

また、残存機能を使ってご自分でできるように導くことも大切です。

なんでもやってあげるのが良いことではないのです。

ただ、入浴介助は滑って頭を打つ、湯船で滑って溺れるなど危険が伴いますので、目が離せませんが、利用者さんの楽しみの一つですし、清潔を保つためには大切な介助です。

滑らないように、事故のないように気をつけて楽しいひと時を提供しましょう。

介護職の未経験、新しい職場でスタートを切るためのポイントは

①メモをこまめに取りながら仕事を覚えていく

メモをして、早く仕事を覚えましょう。

始めは覚えることも多くて大変でしょうが、メモを取りながら、ときどき見返してみることが大事です。

でも、早く雑に仕事を覚えてもいけませんので、何事も慣れですので回数をこなしていきましょう。

大変なことや失敗があってもトライしてみましょう。

②挨拶や返事は大きな声でハキハキと

挨拶や返事は笑顔と大きな声ではっきりとしましょう。

大きすぎる声ではいけませんが、聞こえないような小さい声では、利用者さんは耳が遠い方も多いので無視されていると思うかもしれません。

仕事ができなくても、笑顔で挨拶をしてみましょう。利用者さんからも笑顔が返ってきます。

③恥ずかしがらずにどんどん聞きましょう

できない事や分からない事はそのままにしないようにしましょう。

聞けるのは新人のうちだけです。

聞くことは恥ずかしいことではありません。

わからないまま出来ないことの方が恥ずかしいことです。

私もそうでしたが、誰でも最初はできません。

「こんなことも出来ないの?」とイヤミをいう人もいるかもしれませんが、今、新人のうちに恥をかいて、技術を自分のものにしてしまいましょう。

まとめ

これから介護の仕事を始める方へ。

慣れない仕事で始めは苦労するかもしれませんが、それは誰もが通る道です。

「自分にできるかな」と不安になっている人もいるかもしれませんが、介護職は奥が深く学べば学ぶほど楽しくなっていきます。

できることが増えると、自分の自信にもつながり利用者さんとも信頼関係ができます。

「あのひとにやってもらいたい」、「あの人なら安心できる」と思っていただけるようになると、他の職員からも信頼されるようになっているのです。

一つひとつ覚えて、独り立ちできるように学んでいきましょう。

頑張ってくださいね!

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護職は入浴介助ばかりで大変、、、疲れや負担を減らすためのヒントとは

新人介護士だけど職場でいじめられている…そんなときの対処方法は?

介護職に人気の副業とは?副業を始める前に注意したいこと

看護師は介護士を見下している?仲が悪い?お互いがうまく付き合っていくために大切な...

夜勤のおすすめの暇つぶし方法とは?夜勤で手が空いてるときは何をする?

ストレスが原因で介護職を辞めたい、ストレスフリーな働き方ってできないの?