介護職のパートを辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方

どこの事業所でも、パートやアルバイトのように、短時間や少ない日数で働く雇用形態のスタッフがいます。

一方で介護職のパートで働く人が辞めていくというケースも多くみられています。

辞めることを決断するまでには、それなりの理由があるはずです。

しかし介護という職種自体が嫌いではない場合、辞めた後に他の事業所で介護職のパートとして働く人が多くいるのも事実なのです。

特にそのような場合には、できる限り穏便に、円満に退職していきたいものです。

では、どのようにすれば円満に退職することができるのでしょうか?

介護のパートを辞めたい理由に多いのは

そもそも、就きたくて就いた介護職のパートを辞めるのは、どのような理由からなのでしょうか。傾向を絞って考えていきます。

①:「管理者」に問題がある場合

介護事業所は、比較的大規模な施設は少なく、NPO法人が小さくデイサービスを運営していたり、社会福祉法人が地域密着型の特養を経営していたりします。

その場合、介護に理解のある経営者、開設者に恵まれていれば良いのですが、そうではない場合には悲惨です。

小さな事業所は、トップに立つ人の考え方次第で右にも左にも転びます。

例えば現場第一主義ではない場合、介護職員が利用者のために何かをしたいとしても

「そんなことをして何になるんだ。事業所にとってどんなメリットがある?」

と許可が下りないことも。

また、経営者の意にそぐわない言動のスタッフには、厳重注意が下ることもあるのです。

このようば場合にはだいたい、正規職員でもパートでも同じような対応をされます。

こんな状態では「とてもじゃないけど、こんな状態で良い介護なんてできない」と辞めていくことになるのです。

②:「スタッフ」に問題がある場合

介護事業所は、とても閉鎖的な空間です。

ひとたびその施設の中に入れば、外とはまったく違った空気が流れています。

しかし、これが問題になることがあります。

スタッフの中に、まるで「わたしがルールよ」というような人がいると、もうどうにもなりません。

介護事業所には多様な職種の方々がいて、皆が協働して、利用者のために「プロ」としての仕事をする、それが介護事業所のはずが…

しかし、未だそのように我が強いスタッフは必ずいます。

そのようなスタッフは、特にパート職員に対して「パートなのに…」と思いがちです。

また中には、同じパート職員なのに正規職員よりもはばを聞かせているスタッフもいます。

こうなると、いくら介護の仕事がやりたくても辞めたくなるものです。

③:「待遇」に問題がある場合

介護事業所の主な収入は、介護報酬です。

介護報酬は、厚生労働省が基準を定めています。

地域密着型の場合、事業所が所在する市町村行政が定めることとなっていますが、厚生労働省の基準に準じた設定となっているため、大差ありません。

そのため、ある程度上限が決められた収入の中で運営しなければならず、結果的にパート職員の給料や福利厚生などの待遇が低くなることも。

④:「役割」に問題がある場合

厚生労働省が定めた基準でも、「正社員と短時間社員の賃金などに差がある場合には、仕事内容において明確な差を設けなければならない」となっています。

しかし、多くの介護事業所では人手不足のため、正規職員との差を設けることがなかなかできません。

逆に仕事内容については、入浴介助が多くなるなど正規職員よりもキツイ仕事をしている場合も少なくありません。

待遇は異なるが、役割はほとんど変わらない。

このような状態が続くと、不満が生じて辞めたくなる方も多いはずです。

パート介護職が円満退職するまでの流れ

ここでは、パートの介護職員が退職するまでの流れをご紹介します。

ただ、ここで紹介するのはあくまでも一般的な話です。

退職を申し出るタイミング

退職を申し出るまでの期間や方法については、職場の就業規則や内規、あるいは運用規則などに定められているものですので、各事業所の方法に沿って行いましょう。

一般的には、退職したい日の30日前までには事業所に申し出る、ということになります。

今まで経験した中で一番長い期間が設けられていた事業所は、90日前でした。

有給日数の消化について

退職を申し出る時に注意したいのは、残りの有休をどうするかを決めておくことです。

事業所によっては、退職までの間に取得させてくれる施設もあるので、20日分の有休が残っていて、ひと月の公休が10日であれば、最後の一ヶ月間は何も出勤しないことになります。

もちろん、それでは困るので有休取得をさせてくれない事業所もあるでしょう。

しかし、有休の取得は労働者の権利です。

この場合は、残りの有休を取得して退職する日を一ヶ月先送りにする…など相談してみると良いでしょう。

次の職場を探しておく

最後に重要な点として、退職後も別の仕事で働く意思があるのなら、当たり前ですが、退職を申し出るまでに次の就職先を内定してもらうようにしましょう。

職がない状態で就職活動をするのは、焦りが出てしまい精神衛生上もあまり良くはありません。

求人サイトなどで目星となる求人がないかチェックするくらいは始めておいた方が良いでしょう。

短期間で辞めたい、できるだけ円満に退職するためには

有休取得は労働者の権利ですが、もしも次の仕事が他の介護事業所だった場合、対応には注意が必要です。

介護業界や医療業界というのは、狭いものです。

何かしら、誰かしらどこかの事業所と知り合いなどでつながっています。

その時、いくら権利とはいえ無理やりにでも有休を取得した…

というような噂が流れてしまうと、自分にとってよくありません。

さらにできるだけ短期間で辞めたいのなら、有休取得はある程度あきらめて、最後まできっちり働いた方が良いかもしれません。

今後も介護業界で働き続けるなら、自分のキャリアにできるだけ傷をつけないことをお勧めします。

パートでも働きやすい介護の職場ってどんなところ?

職場を変えて働き続けたい方へ、パートでも働きやすい介護の職場についてポイントを述べていきます。

①管理者、経営者、開設者が介護を理解しており、現場第一主義を掲げている
②賃金や休日数、健康診断などの待遇を比べた時に、他の事業所よりも恵まれている
③正規職員とパート職員との違いがハッキリしている
④皆が「お互いさま」の精神で働いており、細かいことにグチグチ言わない
⑤入居者(利用者)の笑顔が多い
⑥スタッフ同士の連携がよく取れている

本当の介護のプロであれば、利用者に対する思いやりに欠けることはありません。

もともと利用者に対して思いやり深い人というのは、スタッフに対しても思いやり深いものです。

入所するまでわからないこともありますが、施設の評判をチェックしたり、求人サイトの担当者は施設内の情報に詳しいこともあるので、

興味のある施設について内部の様子を聞いてみたりするのも有効です。

まとめ

いかがでしたか?

介護人材不足の中、パートの介護職も本当に大切なスタッフの一人…のはずです。

しかし、そう感じさせてはくれない事業所があることも事実。

ただ介護自体は素晴らしい仕事ですから、ぜひ続けたいものです。

ですから、円満に介護職のパートを辞めたいと思ったら、ぜひ、この記事に書かれていることを参考にしてみてください。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

生活相談員の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

生活相談員の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

パート・アルバイトで介護職に就きたい方へ、志望動機を作成するときのポイントは

ケアマネの転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

ケアマネの転職で失敗しないためにチェックしたい3つのポイント

生活相談員の転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?