介護職員の目線から見た!有料老人ホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、待遇の違いとは

たくさんの老人施設がありますが、施設の種類によって、介護職員の仕事内容が変わってきます。

今回は、有料老人ホーム(有料)と介護老人保健施設(老健)の違いにつてご紹介したいと思います。

有料老人ホームと老健の基本的な違い

施設の目的

有料老人ホーム

有料老人ホームの多くは入居の際一時金を支払うことで、介護や生活支援サービスを含めた施設を利用する権利を得るという利用権方式を用いています。有料老人ホームは3つの種類があります。

<介護付き有料老人ホーム>

行政から特定施設入所者生活介護サービス施設の指定を受けた「特定施設」と呼ばれる介護施設です。

<住宅型有料老人ホーム>

民間経営の老人ホームです。施設として介護保険は適用されません。

比較的自立が可能な高齢者から入所できますし、介護サービスが必要となった場合でも通所介護や訪問介護など在宅介護保険サービスを利用できます。

<健康型有料老人ホーム>

介護の必要がなく、生活の自立ができる高齢者のための施設です。

介護が必要になった時は退去しなければなりません。

介護付き老人ホームでみてみますと、充実した介護サービスを提供しており、介護度が高くても必要なサービスを不足なく受けることができます。

老健

病院と自宅との橋渡しをする役割を備えた施設と位置づけられ、在宅復帰を目的とした入居者がリハビリをして機能回復を目指します。

入居条件

有料老人ホーム

60歳以上で自立~要介護

老健

原則65歳以上で「要介護1」以上の介護認定を受けていることが条件です。

サービス内容

・有料老人ホーム:食事提供・入浴介助・日常生活全般の介助・リハビリ
・老健:食事提供、入浴、排泄、着替えの際に状況に合わせた介助を受けられます。

自宅復帰を目的としていますので、リハビリを主に生活し、医師による体調管理を受けられます。

リハビリに重きをおいていますので、リハビリ専門スタッフも充実している施設がたくさんあります。

設備の内容

有料老人ホーム

基本居室は個室で、トイレ・洗面所も完備しています。食堂・浴室・ラウンジが共有スペースとなります。

老健

従来型居室とユニット型個室があります。従来型は4人が一つの部屋で過ごします。

食堂・浴室・トイレなどが共有スペースとなります。

ユニット型は10の個室が1つのユニットとなり、食堂・簡易キッチン・浴室・トイレが共有スペースとなります。

洗面所は個室についているところが多いようです。

働いている職員の内訳

有料老人ホーム

「要介護2」の入所者3人に対して1人の介護職員がつくように定められていますが、2:1と、介護職員の人員を厚くして、介護サービスの充実をはかっている有料も多くなっています。

また、医療ケアも充実しており、夜間帯にも看護師が常駐し、急変にも対応できるようにしています。

日常生活の中で機能回復できるように、リハビリ専門の職員も配置されています。

老健

医師・看護師の日勤常駐が定められており、夜間帯は看護師が常駐しているので、急変時も対応できます。

リハビリが中心なので、入居者100人に対し1人のリハビリ専門の療法士が常駐することと定められています。

理学療法士・作業療法士・言語療法士と専門の療法士がいる施設が多いようです。

医師も入居者人数で定められており、医師は100人に対して1人、看護・介護職員は「3:1」の法規定があるので、100人に対して34人必要です。

また、看護と介護の割合も定めら、介護職員7分の2が看護師となっています。

34人であれば9人が看護師で残りの25人が介護士となります。

管理栄養士も常駐していますので、食事面も管理されています。

働く前に知っておきたい!有料老人ホームと老健では働き方にどんな違いがでてくる?

有料老人ホーム

高級な有料老人ホームほど、介護技術だけでなく、接遇マナーを入居者も家族も含め求められてきます。

コンシェルジュがいるような、高級なサービスを受けている生活をしてきた方であれば、きめ細やかな対応を求められます。

老健

自宅復帰を目指し日常生活を過ごされるので、介護職員が手伝ってしまえば早く終わることでも、危険がないか見守りをしながら、ご自分で出来ることを促すことも仕事です。

食事・排泄・入浴なども必要ならば、できないところをお手伝いする、介助することになります。

働く前に知っておきたい!有料老人ホームと老健の待遇面の違いとは

有料:平均税込月収は203,800円(平成27年度 介護労働実態調査結果)
老健:平均税込月収は227,000円(平成27年度 介護労働実態調査結果)

老健の方が平均では少し高い金額ですが、夜勤手当が高いようです。医療法人が主体になっている老健は、

介護職の中では給料はあがっており、年収にすると500万円ほどになる施設もあるようです。

また、有料老人ホームは民間の会社が経営していますので、複数の施設を経営しているところでは、

介護職だけではなく、スキルをあげていくと多くのポジションを視野に入れることができるようです。

待遇面も一般の会社のように、支援制度や手当が充実していることもあるようです。

高齢者の介護施設が多い中で、自分にあった施設を探すのは大変なことです。目的が施設によって違いますので、

自分がどんな事をしたいのか、どんな介護を学びたいのかによって、選ぶ施設を決めていかなければなりません。

入職してから、こんなはずではなかったと思わないためにも、いろいろな施設の特徴を考慮してみてください。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護職員の目線から見た!特養とグループホームってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

介護老人保健施設で働くケアマネの仕事内容や給料とは?

グループホームで働くケアマネの仕事内容とは?

介護老人保健施設で働く作業療法士の仕事内容や給料とは?

介護職員の目線から見た!グループホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

有料老人ホームで働くケアマネの仕事内容や給料とは?