有料老人ホームってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

有料老人ホームの仕事に就こうと思ってるけど、どんな仕事なのか、給料はどのくらいのなのか、分からないという人もいるのではないでしょうか。

想像していた仕事でなかったとならない為にも、仕事や給料のことは知っておく必要があるでしょう。

そこで今回は有料老人ホームの仕事内容や給料について紹介します。

有料老人ホームってどんなところ?

有料老人ホームってどんな場所なんだろう?と疑問に思ってる人のために特徴などを紹介します。

有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは高齢者が生活しやすいように配慮されている住まいのことです。

食事や介護サービス・洗濯や掃除などの家事の援助・健康管理のいずれかを受けることができる老人ホームです。

年齢や健康状態によって選べる老人ホームが変わってきます。

高齢者の住まいということなので、60歳以上か65歳以上とするところがほとんどです。

元気なうちから入居できる老人ホームと要介護の状態のときに入居するホームがあります。

それぞれのホームで受けられるサービスや特徴が変わってきます。

有料老人ホームではどんな方々が働いている?

老人ホームというと介護職の職員がたくさんいるというイメージがあるかもしれませんが、意外とそうでもないんですよ。

有料老人ホームの人員体制は、介護職員や看護師といった専門職の配置が定められているんです。

施設長・看護師・生活相談員といったスタッフもおり、病気や怪我の対応は看護師が行い、家族への連絡や対応は生活相談員が行うという風に役割分担もされています。

それぞれが役割を忠実に果たし、利用者が生活しやすい環境を整えています。

栄養士や調理師の配置は定められていませんが、食事のほとんどを外部に委託している老人ホームが多い為、配置されてないところが多いです。

このように有料老人ホームでは様々な方々が働いているのです。

有料老人ホームにおける仕事内容・特徴とは?

有料老人ホームに転職したいのなら、仕事内容を把握しておく必要があります。

そこでここでは有料老人ホームの仕事内容を紹介します。

介護士の主な仕事内容とは?

有料老人ホームにおける介護福祉士の主な仕事内容は食事や排泄の介助、入浴介助、レクリエーションの実施、業務記録の作成などを行います。

民間企業が運営していることもあり、一人一人の利用者に合わせたサービスが求められるので、ホスピタリティに溢れてる人が向いているといえるでしょう。

顧客満足度を第一に考えてる企業が多く、質の高い介護スキルや対応力を磨くこともできます。

向いている人

・介護職としてキャリアアップしたい人

・福利厚生・人事制度を重視する人

・一人一人の利用者に対して質の高い介護を学びたい人

1日の主な仕事の流れ

9:30~「出勤、引継ぎ」

朝番の場合、このくらいの時間に出勤になることが多いでしょう。

出勤したら夜勤のスタッフと情報を共有することになります。

10:00~「利用者の見守りや施設の巡回」

施設利用者の見守りや各種介助などを行います。

12:00~「昼食の準備」

キッチンにいるスタッフと協力し、昼食の準備を行います。

同時に食事介助も行うことになるでしょう。

13:00~「入浴介助」

利用者の入浴を介助します。

状況に合わせて排泄やおむつ交換の介助を行うこともあるでしょう。

14:00~「レクリエーション」

利用者と共に楽しめるレクリエーションを実施します。

空いてる時間があれば業務内容の記録の作成も行います。

18:00~「夕食の準備」

キッチンにいるスタッフと協力し、夕食の準備を行います。

口腔ケアを行うこともあるでしょう。

18:30~「引継ぎ、退勤」

次に出勤するスタッフと情報を共有します。

引継ぎを終えたら退勤となります。

おおまかですが、このような流れになっています。

有料老人ホームで働く上で知っておきたいこと

有料老人ホームがどんな場所なのか、どんな仕事をするのかが分かったと思いますが、働く上で知っておきたいこともあります。

ここでは給料などについて紹介します。

有料老人ホームの給料・待遇はどのくらい?

有料老人ホームの給料・待遇例

・月給:22万円
・昇給:年1回
・賞与:年2回

・就業時間

早番:7:30~16:30
日勤:8:30~17:30
遅番:10:30~19:30
夜勤:16:30~10:30

・手当て:通勤、夜勤、資格
・休暇:有給、慶弔、育児、出産

施設にもよりますが、このような形態になっている施設が多いのではないでしょうか。

介護福祉士や初任者研修を持っていれば資格手当てで月給が1万円くらい上がるようなこともあります。

有料老人ホームで働くメリット・デメリットとは?

有料老人ホームで働くメリットとデメリットはどちらも夜勤があるということではないでしょうか。

夜勤があるメリットとして、は「夜勤手当」がつくことになるので、日勤に比べると給料が高くなります。

実際に夜勤のみ就業してたくさん稼ぎたい人や他の仕事と兼任で働いてる人もいますからね。

一方で夜勤があるデメリットとしては、日勤と夜勤があるということなので、生活リズムが乱れやすくなりますし、家族との時間がとれなくなるということでしょう。

パートやアルバイトであれば日勤のみで働ける可能性も高いでしょうし、正社員でも日勤のみで働けるところが増えてきています。

有料老人ホームの求人を探すときにチェックすべきポイントとは?

有料老人ホームの求人を探すときにチェックすべきポイントは、その施設がどのようなこだわりを打ち出してるかということでしょう。

施設によってこだわるポイントが違うからです。

具体的にはホテル並みの接客を求めてる施設なのか、アットホームな接客を求めてる施設なのか、レクリエーションの充実がこだわりなのか、こういったことを確認しておく必要があります。

自分はアットホームな接客をしたかったのにホテル並みの接客を求められたなんてことになりますからね。

まとめ

いかがでしたか?

介護職の場合、どの施設に就職したとしても、給料に大きな差が現れることはありません。

なので、給料というよりもその施設がどんな雰囲気なのか、自分働きたいスタイルと合っているのか(求められる接客、レクリエーションの内容、食事提供のスタイル、余暇活動の内容)などを検討することが大切です。

求人だけでは分からない部分が多いので、面接の際に雰囲気を感じ取ったり、質問を忘れないようにしましょう。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

特養への転職:介護職の志望動機の書き方のポイントと例文集

グループホームで働くケアマネの仕事内容とは?

グループホームってどんなところ?介護職の仕事内容や給料・待遇は?

ケアハウスを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

介護職員の目線から見た!有料老人ホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

介護老人保健施設を辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?