有料老人ホームで働く相談員の仕事内容や給料とは?

有料老人ホームで相談員として働くことに興味はありませんか?

相談員は、ほとんどの介護施設に配置され、利用者や家族の受け入れや相談を担っているやりがいのある職種です。

ただし、一言に相談員と言っても施設の種類によって役割は異なってきます。

この記事では、有料老人ホームの相談員について、普段の仕事内容や給料、職場選びのポイントなどについてご紹介したいと思います。

これから相談員として有料老人ホームで働きたい方は、参考にして頂ければ幸いです。

有料老人ホームってどんなところ?

有料老人ホームは特養と違い、一般の株式会社が運営しているところがあります。

ですので、特養と比べると民間の施設の色合いが強く、ジムが入っているところや、生活する場だけのところ等、施設それぞれにも特色があります。

また、設備の違いによって、生活にかかる費用にも大きく差があります。

有料老人ホームは大きくわけると、「住宅型有料老人ホーム」「介護付き有料老人ホーム」の2種類の施設があります。

住宅型有料老人ホームは、施設の職員はいますが基本的には施設外のサービスを利用することになります。

施設で困ったことがあればヘルパーに来てもらったり、外にあるデイサービスなどに通うことができます。

介護付き有料老人ホームは、介護職員が施設内で常駐し24時間介護が提供できる施設です。

すべての介護サービスが施設で完結するので、施設内での生活が中心となります。

有料老人ホームで働く相談員の仕事内容とは?

基本的には相談業務や入居者の入退去にかかわる業務が中心となります。

利用者の入居に関わる相談員の仕事

➀入居希望者の対応

入居を希望している人やその家族について、施設のサービスや費用について説明を行います。

また、利用者の施設見学なども相談員が対応することになります。

入居を希望される場合は、申し込みの手続きへと進みます。

②受け入れ準備

事前に申し込みをしてもらった人に連絡し、入居の意思があるか確認します。確認の上、必要な書類や事前面接の段取りを行います。

③面接

本人と直接会い、入居についての説明を行います。場合によっては、家族に同席してもらうこともあります。

このとき、本人の求める生活と施設が提供できる生活がマッチするかしっかりと確認します。

ここで確認を怠ると後で「聞いてなかった」といったクレーム発展することがあるためです。

④契約・説明

入居者と生活についての条件が合えば契約を行います。面接同様家族にも同席してもらい一緒に話を聞いてもらいます。

入居は延期や最悪キャンセルになる恐れがあるので、入居日までは利用者に密に連絡するなどのケアも大切です。

⑤入居対応

入居日にスムーズに受け入れができるように、職員に事前に情報を伝えておきます。

また、入居者に対しても、どのくらいの荷物があるか、どうやって搬入するかまで確認します。

利用者の退去に関わる相談員の仕事

➀退去の申し出を受ける

退去の相談を受けた時に、可能であればその理由も確認します。

もし、施設に対して不満があるのであれば改善する必要があります。

ほかにも、具体的な日時や退去後どうするのかを聞いておきます。

もし、家に帰るのであれば担当してくれるケアマネジャーの紹介や、地域包括支援センターに本人の同意を得て報告しておきます。

そうすることで、家に帰ってもスムーズに介護サービスを受けられる体制ができるからです。

②契約解除・退去の届け出

退去時に居室の修繕などがあれば費用がどのくらいかかるのか、どういう流れで進めるのか確認しておきます。

敷金を返金する場合はいつ頃になるかお伝えしておきます。

③退去

当日、忘れ物がないように確認します。最後は入居してくれたことに感謝し気持ちよく見送りを行います。

利用者の相談、施設の窓口として相談員の仕事

➀利用者や家族からの相談の窓口となる

入居者が施設で生活していくうえで困ったことや不安なことがないか聞いていきます。

その中で必要に応じて、施設での対応方法を変更、他のサービスについての紹介なども行っていきます。

また、施設に対してクレームがあったときや、家族からの申し出があったときも、相談員が窓口となり対応します。

②ボランティアや実習生の受け入れ

外部からのボランティアや実習生の受け入れも相談員が窓口となり対応します。

どんなことをするのか確認し、施設で受け入れできるかどうかを施設長に相談します。受け入れる場合は活動時の対応も行います。

③施設の利用者を増やすための営業活動

特養に比べ、申し込みが少ないので空きのある施設は営業活動を行うこともあります。

地域の包括支援センター、居宅介護事業所、病院などまわって施設の空き情報など案内していきます。

相談員の1日の仕事の流れ

日によっても仕事内容は異なりますが、1日の主な流れは以下のようになります。

・出勤後、前日からの業務の続き、メールなど連絡物の確認
・入居者や介護職員から相談がないか確認
・入居相談、申し込み対応
・新規入居者受け入れ準備
・退去希望者相談対応
・入居者、家族から相談、クレーム対応
・介護職員への情報共有
・ボランティア、実習生受け入れ対応
・営業活動

飛び込みの相談が入るなど日によって仕事量がかなり変わってきます。

有料老人ホームの相談員として働く前に知っておきたいこと

➀相談員の給料はどのくらい?

相談員の給料は「20万円」程度に設定されている施設が多いです。

また施設ごとに資格など、各種手当がつくことがあります。

②有料老人ホームで働くメリット・デメリットとは?

◎「入退去が少ないときはゆったりできる」

相談員は主に入退去を担当しているので、入居者が安定しているときには比較的ゆっくりと仕事をすることができます。

×「急な退去があったときは負担がかかる」

一方、急な退去者が出た場合は相談員へのプレッシャーは大きいです。

有料老人ホームの相談員は1人体制のところも多いので、利用者が満足して過ごせているのか、しっかり見ておかなければなりません。

有料老人ホームの相談員の求人を見つけるポイント

➀求人を探す方法

ハローワークやフリーペーパーにもときどき求人が出ていますが、あまり多くはないので、介護専門の求人サイトを使うことをおススメします。

住んでいる地域にどんな求人が出されているのか、施設ごとの特徴など、詳しい情報まで紹介してくれると思います。

②求人をチェックするときのポイント

応募する会社に関連施設があるのかどうかを確認しておきましょう。

関連施設が多ければ今後異動といった可能性が出てきます。大手の会社は特に注意が必要です。

まとめ

有料老人ホームの相談員は他の相談員と比べて営業活動があるのが特徴です。

最近では紹介を専門とする業者も出てきましたが、紹介料がかかるので施設側としては自分たちで入居希望者を確保しておきたいからです。

入退去を一手に引き受けている部署として相談員の責任は重くプレッシャーもかかりますが、成果が数字でわかりやすく、入居者数が定員まで達成したときには達成感を味わうことができる仕事です!

「自分で仕事を調節したい」、「人に対して説明することが好き」、「施設を自分で動かしてみたい」といった方は、有料老人ホームの相談員にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護職員の目線から見た!グループホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

介護老人保健施設で働く理学療法士の仕事内容や給料とは?

介護老人保健施設の仕事がきつい・辛いと感じるのはこんなとき

特別養護老人ホームで働くケアマネの仕事内容や給料とは?

グループホームの仕事がきつい辛いと感じている方へのアドバイス

介護老人保健施設で働く管理栄養士の仕事内容や給料とは?