介護老人保健施設で働く作業療法士の仕事内容や給料とは?

作業療法士(OT)の資格をもっていたら、病院・介護施設・訪問など、患者さんあるいは利用者さんの生活の質を向上させることが仕事です。

作業療法士が関わる身体疾患は、脳卒中・脊髄損傷・その他身体機能の障害を伴う疾患などです。

日常生活に支障をきたしている部分を改善することで、患者さんや利用者さんの生活をより豊かなものにするようアプローチします。

今回は介護老人保健施設(老健)での作業療法士についての特徴を見てみましょう。

介護老人保健施設ってどんなところ?

介護老人保健施設(老健)とは、病院に入院していた方の治療が終わり、自宅へ帰るまでにリハビリが必要な方が入所します。

医療ケアをするために医師や看護師、リハビリを目的とする理学療法士・作業療法士・管理栄養士などの専門のスタッフがサポートし自宅復帰を目指す施設です。

老健で働く作業療法士の仕事内容とは?

仕事内容①:機能的作業療法

身体や感覚の機能を維持・改善するための訓練をします。

関節の可動域を広げたり、筋力を増強したりという点は理学療法士のリハビリと共通していますが、

理学療法が立つ・座るなどの下肢の動きを中心としたリハビリを行うのに対し、作業療法では、握力や手指の細やかな動きなど上肢の動きに対する訓練もします。

例えば、木工や手芸、小豆つまみなどの箸の動作、ゲーム・体操、スポーツなどの作業による筋力や、関節可動域の訓練や専門的な用具を用いた訓練をリハビリの手段とします。

仕事内容②:日常生活動作訓練

食事や更衣、トイレ動作といった身の回りの動作を、できるだけ自立して行えるようにする訓練をします。

利用者が自宅復帰をした時に、簡単な調理を行えるような調理のリハビリをしたり、

ケアマネージャーとともに、自宅で生活するために必要な住宅改修や福祉機器・福祉用具の利用相談にも応じます。

仕事内容③:心理支持的作業療法

趣味の活動やゲームなどを通じて精神面の活動を活性化させ、認知症の予防や進行防止を目指すリハビリをします。

主な1日のスケジュール

8時半:出勤

始まる前に今日担当する利用者さんの介護記録を確認します。

9時:ミーティング・午前のリハビリ開始

担当医・看護師・理学療法士など他職種のスタッフと情報を共有しミーティング(カンファレンス)から始まります。

ミーティングご当日行うリハビリやスケジュールを確認し、利用者さんのリハビリを開始します。

12時:昼食

施設によっては、利用者さんと一緒に昼食をされるところもあります。

また、昼食時に自助具を使いながら、上手に食べ物を運んで食べられているのか、訓練をする事もあります。

13時:午後のリハビリ開始

午後の利用者さんのリハビリをします。

リハビリ室だけでなく、利用者さんの部屋をたづねて、利用者さんの体調をみながら、ベッドからの起き上がりやトイレ動作の訓練をすることもあります。

17時:ミーティング

利用者さんの介護記録の記入、翌日の用意や他部署との連絡事項の確認を行います。

18時:勤務終了

老健の作業療法士として働く前に知っておきたいこと

作業療法士の給料はどのくらい?

作業療法士は医療職ではありますが、思われているほど高待遇ではありません。

施設によって違いますが、作業療法士と理学療法士の給与水準はほぼ同じ位です。

月給は23万円~27万円くらいであり、年収は350万円~500万円くらいです。

男女の給与格差は他の職業に比べて小さく、全年代の平均では男性の平均年収419万円に対して、女性は393万円となっています。

パートで働くときは1,500円~2,000円くらいとなります。

老健で働くメリット・デメリット

メリット

①リハビリ専門家としての役割

介護保険施設を利用している利用者さんは、長期的に身体機能が改善されない場合が多く、

障害が残っている状態でも、環境を整え介護サービスを利用することで、社会生活をできるだけスムーズに送れるようにすることが必要とされます。

病院と違い治療家としての役割より、リハビリの専門家として利用者さんを多角的な視点か
ら支援する役割が求められます。

作業療法士が介護保険を深く理解し活用することが、利用者さんにとって必要であり、

なおかつ専門職のスキルが向上するだけでなく、将来的に独立する時に役立つことになります。

②コミュニケーション能力向上

家族や利用者さんはリハビリによって、身体機能が改善されるのではないか?元に戻れるまで回復させてくれるのではないか?などの期待をします。

家族や利用者さんは専門的な知識は持っていませんので、利用者さんが自宅復帰をしていくときに、身体状況やこれからの介護方法を理解していないと本人も家族も大変な苦労をすることとなります。

このような事態を防ぐためにも、作業療法士が利用者さんとその家族とのコミュニケーションを大切にし、

理解を深め現状を把握していただき、これから家族が一緒に暮らしていくための注意点やリハビリの方法などを上手く伝えていくことが必要となります。

老健で働く作業療法士は他職種との連携や、利用者さんやその家族とのコミュニケーションをとる機会が多くあるため、必然的にコミュニケーション能力が高くなります。

デメリット

利用者さんの身体・精神面に関わる職業のため、リスク管理のため細心の注意をすることや、利用者さんとの関係を築く事が大切なことであり、大変なことです。

また、介護士の人手不足から食事介助や入浴介助など、作業療法士の仕事以外の業務をすることがあります。入浴などの身体介助は慣れるまでは、大変な作業といえるでしょう。

老健の作業療法士の求人を見つけるポイント

求人を探す方法

老健には2名以上のリハ専門職員が働いており、それぞれの専門性を活かし、他部署との連携のもと利用者さんの生活の向上を目指しています。

求人も専門職に詳しい転職サイトを利用するのも、ひとつの手でしょう。

自分ひとりで探すとなれば、アプローチも大変で労働条件や給料の交渉まで行うのは、容易なことではなく現実的ではありません。

専門の転職サイトやコンサルタントに頼めば、多くの求人の中から条件のあった施設を探し、施設との交渉もすべて行ってくれます。

求人をチェックするときのポイント

転職サイトを何社か比べてみましょう。

どのサイトが自分に適しているか判断します。

自分に適しているとは自分の望んでいることを得意としているサイトです。

転職後の定着率が高い、アドバイザーが面接に同行して条件面を交渉してくれる、また、大手企業に強みを発揮するなど、

それぞれのサイトによって特徴が異なりますので、比較をして自分の希望を叶えてくれるところを探してみましょう。

転職サイトを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

三社くらい同時並行して活用してみてください。

あまり多すぎても、収拾がつかなくなりますし、一社だと自分の希望が妥当なのかどうかわからないためです。

生活の質の向上という抽象的な言葉で表現される職業ですが、利用者さんが日常生活を送りやすくするために、訓練や作業をするなど利用者さん個人への役割は様々です。

老健では他職種と連携はしますが、作業療法は単独で活躍ができ、施設のリハ専門者として中心的役割をはたしていきます。

利用者さんの「できた」「やりやすくなった」という気持ちが実感できる職種だと思います。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護老人保健施設で働く管理栄養士の仕事内容や給料とは?

ケアハウスを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

介護職員の目線から見た!特養と老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、待遇の違い...

サ高住ってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

有料老人ホームってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

デイサービスってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?