介護老人保健施設で働く理学療法士の仕事内容や給料とは?

理学療法士(PT)の資格を持っていたら、病院・介護施設・訪問と、どの場所で働いたとしても、主な目的はリハビリの実施です。

でも、病院・施設によってリハビリの目的が異なってきます。

事故や病気などにより病院に入院している場合、急性期の重症患者や回復期の患者の機能回復を目的とします。

介護施設での機能訓練は、個人の状態により、筋力維持を目的としたプランをたてて実施します。

訪問は自宅での実践的なリハビリテーションを行うのが主な目的と言えます。

このように、様々な場所で活躍できる理学療法士ですが、今回は介護老人保健施設での特徴を見てみましょう。

介護老人保健施設ってどんなところ?

介護老人保健施設(老健)とは、病院に入院していた方の治療が終わり、自宅へ帰るまでにリハビリが必要な方が入所します。

医療ケアをするために医師や看護師、リハビリを目的とする理学療法士・作業療法士・管理栄養士などの専門スタッフがサポートし、自宅復帰を目指す施設です。

老健で働く理学療法士の仕事内容とは?

仕事内容①:利用者の評価とリハ計画の作成

利用者さんが今どのような状態なのかを評価し、専門的リハの提供と他職種との連携により、生活機能向上プログラムの指導を行います。

仕事内容②:運動機能回復の手助け

個人それぞれの残存機能を活かし、硬くなってしまった関節の動きの改善や弱ってしまった筋力アップなどの身体機能回復を手助けします。

仕事内容③:生活動作の改善

運動機能だけではなく、動作についても関わります。

起きる・座る・立つ・歩くなどの基本的動作を行い日常生活ができるようお手伝いします。

仕事内容④:生活設計のサポート

理学療法士の仕事はリハビリだけでなく、リハビリの進み具合をみながら、

必要な福祉用具をアドバイスしたり、自宅訪問をして、住宅改修を検討するなどの重要な仕事もあります。

主な1日のスケジュール

8時半:出勤

始まる前に、その日担当する利用者さんの介護記録を確認します。

9時:ミーティング・午前のリハビリ開始

担当医・看護師・作業療法士など他職種のスタッフと情報を共有し、ミーティング(カンファレンス)から始まります。

ミーティング後、当日行うリハビリやスケジュールを確認し、利用者さんのリハビリを開始します。

長期滞在している利用者さんも多く、介護現場が中心になりますが、寝返りや起き上がる動作、座ってから立ち上がりまでの、一連の動作のサポートなど、理学療法士の役割は多くあります。

12時:昼食

施設によっては、利用者さんと一緒に昼食をされるところもあります。

また、一緒に食べなくても、利用者さんの昼食の様子をに行って、食欲や疲労などがないかをうかがったりします。

13時:午後のリハビリ開始

午後の利用者さんのリハビリを行います。

運動療法や物理療法を取り入れながら、リハビリを行い、車椅子や杖・シルバーカーなどの使用に関するアドバイスも行います。

17時:ミーティング

利用者さんの介護記録の記入、翌日の用意や、他部署との連絡事項の確認を行います。

18時:勤務終了

老健の理学療法士として知っておきいこと

理学療法士の給料はどのくらい?

医療に関わる職業なので、高待遇を期待されるかもしれませんが、実は思われているほど高待遇ではありません。

また、特に老人施設・福祉施設は病院などに比べて、低い金額で働いている人も少なくありません。

施設によって違いますが、平均月収は23万円~27万円位で、年収だと350万円~500万円ほどとなっています。

また、パートで働く方なら1,500円~2,000円位となっています。

他の職業と比べると、男女格差は小さく、全年代の男性の平均年収419万円、女性は393万円となっています。

老健で働くメリット・デメリットとは?

メリット

①介護保険に詳しくなる

介護保険施設を利用している方は、介護認定を受けています。

理学療法を提供する機会は施設利用時や訪問時のみです。

しかし、自宅復帰を目指している利用者さんが他に使っている、あるいはこれから使っていく介護サービスを含め、トータル的に利用者さんの生活を考えなければなりません。

そのため、利用者さんに行う理学療法だけではなく、介護保険全般に対する知識も学ぶことになり、老健で働いていると必然的に介護保険に詳しくなります。

②多角的な視点で視る事ができる

介護保険施設で理学療法を受ける利用者さんが、自宅復帰を考えたときに、住宅環境も含めた生活をトータル的に考え支援していかなければなりません。

利用者さんの転倒リスクなど施設内での行動に意識を向け、自宅復帰後、自宅内での転倒を防ぐために、

介護保険を利用しての家屋改修(手すりをつける、車椅子の動線可能状態など)を進めるなどの仕事もあります。

また、担当ケアマネージャーとの連携により、上記の仕事や介護保険の様子を把握するなど、多角的に視ることができるようになります。

デメリット

①専門職としての役割以外の仕事

施設にもよりますが、介護職の人員不足から、理学療法士としての仕事以外の業務を行わなければならない事もあります。

例えば、利用者さんの送迎や食事介助、入浴介助などです。

入浴などの身体介護については、理学療法士では十分な知識や技術を持っている人は少なく、あらためて学ばなければなりません。

②常に周囲に気を配らなくてはならない

老健では認知・転倒リスクの高い利用者さんも多く、担当の利用者さんの理学療法を行っている時も、常に周囲に気を配っていなければなりません。

そのため、利用者さんとのリハビリに集中できなくなることもあります。

老健の理学療法士の求人を見つけるポイント

求人を探す方法

求人を探す時は、専門の転職サイトを活用しましょう。

自分だけで良い職場を探すのは容易なことではありません。

まして働きながらでは、多くの時間を割くことも難しいことでしょう。

求人をチェックするときのポイント

転職サイトの違いを調べ、どのサイトが自分に適しているのか判断します。

自分に適しているとは、自分の希望を得意としているサイトです。

転職後の定職率が高い、アドバイザーが面接に同行して条件面の交渉をしてくれるなど、

それぞれの転職サイトによって特徴が異なりますので、比較をして自分の希望を叶えてくれるところを探してみましょう。

また、1社ではなく、3社ほどを同時並行し活用してみてください。

病院勤務だけでは学ぶことができない、老健の理学療法士ならではの仕事があります。

業務状態もドーナツ型と呼ばれ、医療は医師・看護師が、リハビリは理学療法士・作業療法士・言語療法士が、栄養は管理栄養士が、生活面では介護士が、

というように他部署が情報を共有して、並行に利用者を支えるという仕組みになっています。

また、介護保険について詳しくなると、転職時の強みや将来的に介護分野で独立して働きたいと考えている方には、大きなメリットとなります。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

グループホームで働くケアマネの仕事内容とは?

介護職員の目線から見た!特養と老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、待遇の違い...

介護老人保健施設ってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

デイサービスってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

介護職員の目線から見た!有料老人ホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

特別養護老人ホームを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?