介護老人保健施設ってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

皆さんは介護が必要な老人施設について、どんな施設があるのかご存知でしょうか?

いくつかあるなかで、介護老人保健施設についてご紹介したいと思います。

介護老人保健施設ってどんなところ?

介護老人保健施設とは

介護老人保健施設(老健といいます)とは、病院から自宅へ戻るまでに医療ケアやリハビリを必要とする要介護者が入居できる施設をいいます。

在宅復帰を目指すためのリハビリが中心となります。

また、次の老人ホームが見つかるまでの仮住まいとして活用されることも多いようです。

介護老人保健施設ではどんな人が働いている?

<医療系>

医師
看護師 (医療ケア)
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 (リハビリ)
管理栄養士
薬剤師

 

<福祉系>

介護士
支援相談員
介護支援専門員 (ケアマネ)
社会福祉士

 

<その他の職種>

事務職
厨房職員

 

介護老人保健施設における仕事内容とは?

介護士の主な仕事内容とは?

おむつ交換や排泄介助、食事の介助、入浴介助、衣類の着脱介助の他、ベッドメーキングやリネン交換などの業務も含まれます。

①おむつ交換・排泄介助

排泄介助は、ひとりでは排泄の行為・動作が難しくなった方や、排泄機能に障害がある方を手助けするお仕事です。

具体的には、トイレへの誘導をはじめ、排泄の手伝いをしながら、自力で出来ることを増やしていきます。

また、失敗の回数を減らしていくために時間を決めて、習慣づけるお手伝いもします。

例えば食事の後やリハビリ前にトイレに行くなどです。

また、座位が取れない方や便意や尿意のない方はオムツ交換を行います。

おむつ交換も食事前後やリハビリ前など時間を決めて行います。おむつが汚染した時はその都度交換します。

②入浴介助

入浴はリラックスや安眠、感染症や褥瘡の予防効果などもあります。

入浴中に体調の急な変化がないように十分に配慮して介助します。

施設によっては、介護浴槽、入浴機械があるところがあります。

入浴時も自力で出来るところはしていただくよう促します。

危険がないように見守りをしながら、気持ちよく入っていただけるようにします。

③ベッドメイキング・リネン交換

一週間に一度シーツや布団のカバーを交換します。

一人で交換する時と二人ペアになって交換する時があります。

利用者様が離床している時間に交換するので、短時間できれいに仕上げます。

また、失禁や嘔吐などの汚染があれば交換日でなくても交換する事もあります。

1日の仕事の流れ

6:00~7:00 起床介助・おむつ交換・トイレ介助
8:00~ 朝食介助・トイレ介助・口腔ケア
9:00~ 申し送り
9:30~ 入浴介助
10:30~ リハビリ体操・自由時間
11:50~ 昼食準備
12:00~ 昼食介助・トイレ介助・口腔ケア
13:30~ レクリエーション・集団リハビリテーション
15:00~ おやつ介助・トイレ介助・自由時間
17:00~ 申し送り・日中の記録
17:50~ 夕食準備
18:00~ 夕食介助・トイレ介助・口腔ケア
19:00~21:00 就寝介助
23:00~ おむつ交換・体位変換

 

介護老人施設で働く上で知っておきたいこと

老健の給料・待遇はどのくらい?

平均年収は290~340万円程度、賞与は施設によって有るところ無いところ、年3回あるところなどかなり違いがあります。

老健で働くメリット・デメリットとは?

<メリット>

医療スタッフと介護スタッフが連携して、利用者様のケアをしていくのがメリットとしてあげられます。

自宅に戻るという目標に利用者様と一緒に向かうことができます。

<デメリット>

「終のすみか」ではないので、3ヶ月という期間で退所される方など入れ替わりも多く、時間をかけて利用者様と向き合うことができないこともあります。

また、医療法人が運営していることが多く、医療職の発言が強い施設もあります。

老健の求人を探す時にチェックすべきポイントとは?

絶えず求人がでているところや、即日内定(面接時に簡単な質問だけで、いつから来られるか聞く)など、

「誰でもいいから人手が欲しい!」

という状態なところは、待遇面が悪い、激務、人間関係が悪いといった問題を抱えている可能性が高いです。

スタッフの挨拶や会話、笑顔がなく利用者様にも強い口調だったら、そんな職場に自分が入ることを考えたら、ぞっとしますよね。

スタッフも利用者様も大切にしてもらえない環境なのでしょう。

「自宅から近いから、今より給料が高いから…」

と希望がかなうこともあるとは思いますが、入ってすぐに「こんなはずじゃなかった!」とならないように判断することが大切です。

まとめ

老健の大まかな紹介をしましたが、いかがでしょうか?

利用者様とスタッフが自宅復帰という目標へ一緒になって向かっていけるやりがいのある施設です。

毎日の生活のお手伝いをしながら、自力で出来ることを少しづつ増やしていくお手伝いやリハビリなど仕事はたくさんあります。

一人一人とじっくりと付き合うことはできないかもしれませんが、自宅へ戻られる利用者様の笑顔を見ることができるのは、スタッフの喜びでもあります!

忙しいながらも、研修も義務付けられていますので、介護の知識を深めたり、勉強の場を持てると思います。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

サ高住の仕事がきつい辛いと感じている方へのアドバイス

デイサービスを辞めたいと思ったら?次の就職先や求人探しのポイントとは

有料老人ホームで働くケアマネの仕事内容や給料とは?

グループホームってどんなところ?介護職の仕事内容や給料・待遇は?

介護職員の目線から見た!有料老人ホームとグループホームってどう違うの?施設の特徴...

介護老人保健施設の仕事がきつい・辛いと感じるのはこんなとき