介護老人保健施設で働く相談員の仕事内容や給料とは?

最近よく目にする介護老人保健施設や相談員というお仕事。

介護施設も介護系の職種も年々新しいものが増えているので、ちゃんと区別が出来なくなっている人もいるのではないでしょうか。

求人を見ていても頻繁に出てくる、介護老人保健施設の相談員というお仕事がどういうものなのか見てみたいと思います。

介護老人保健施設ってどんなところ?

介護老人保健施設は老健(ろうけん)とも呼ばれる介護保険が適用される公的介護施設で、入所の他ショートステイやデイケア・デイサービスを併設している場合もあります。

要介護1以上の認定を受けている人が入所可能となっており、終身入所ではなく自宅での生活に戻ることを目的としている施設です。

そのためリハビリや機能訓練サービスが充実していて、3ヵ月毎を目安に退所して自宅に戻ることが可能か判定が行われます。

自宅に戻ることを1番の目標にしている施設なのでターミナルケア(終末期看護)はあまり想定されていません。

しかし医師と看護師が常駐していることや、退院した患者が家に戻る前のリハビリ期間として病院に併設されているケースも多いことから、ターミナルケアを想定している老健もあります。

老健で働く相談員の仕事内容とは?

老健には「支援相談員」と呼ばれる相談業務を行う職員が常駐しており、特養やデイサービスで生活相談員と呼称されるスタッフとよく似た職種です。

ベッド数にもよりますが1つの施設にごく少数しかいないスタッフで、1人や2人というケースも多く見られます。

支援相談員は資格の名前ではなく業務的なポジションの呼び名ですが、老健の相談業務を少数精鋭で担う専門性の高い職種であると言えるでしょう。

老健の相談員の仕事内容①:入所相談業務

老健で働く支援相談員の業務の中の1つが、利用者の入所についての相談業務です。

入所相談についての業務はインテーク業務と呼ばれ、施設と利用者が最初に出会う窓口で非常に重要なプロセスです。

老健は最終的に退所することを目指す施設なので入所前にその点をよく説明し、家族にも施設での生活の方針をしっかり理解してもらわないと後々の為になりません。

本人や家族と実際に面談を行い、現在利用している介護サービスや病院の意見書なども参考にしながら入所が適切かどうかを判断します。

希望者の情報や聞き取りの内容をまとめ、リハスタッフや介護スタッフも交えての判定会議を開き入所の可否を決定するという一連の業務を行います。

それに付随してベッド管理やベッドコントロールと呼ばれる入所者数の管理も主に支援相談員が行います。

空きベッドを作らず、加えておだやかな施設内環境を維持できるよう努めるという高度な職務内容と言えるかも知れません。

老健の相談員の仕事内容②:関係各所との連携・調整業務

老健は在宅復帰を前提としている施設のため、介護の他にリハビリという項目が重要視されています。

常駐医師・看護師の判断と指示のもとで理学療法士などのリハスタッフがリハビリ計画を立て、介護士も生活動作の中でリハに参加していきます。

自宅に戻るに当たって食についての機能を回復させることも非常に重要で、栄養士や調理担当のスタッフとも個々にあったケアが出来るように連携を取ります。

様々な角度からの密なチームプレーが求められ、支援相談員はそれぞれのポジションを繋ぐという重要な役割をしているのです。

関係各所とは施設内だけではなく、一時帰宅や受診で外出する場合には外部の福祉サービスやケアマネージャーと利用者を繋ぐ業務も行います。

介護保険法に関連する内容も多く扱いますので、介護経験だけでなく介護事務に関わる知識も求められます。

老健の相談員の仕事内容③:在宅復帰へ向けた支援・相談業務と退所業務

老健では3ヵ月に一度ほどの目安で、入所者全員について入所継続か退所かを決める判定会議が開かれます。

この会議に向けて日々の過ごし方やリハビリの方針を担当スタッフや本人・家族と話合い、情報と資料の整理を行っていきます。

自宅の間取りや家族の介護力を総合的に考え、どんな身体機能や能力に重きを置いてリハビリをするかという計画も大事な業務です。

退所しても自宅に戻ることが出来ない場合には、次に入所する施設を探すこともあります。

自宅へ戻ることを前提としていても生活能力以外の問題で在宅復帰が困難なことも多く、本人や家族の心情も丁寧に聞き取りしながら最善の道を探っていきます。

支援相談員は複数の異なる希望に挟まれてしまうこともあるので、知識だけでなくコミュニケーション能力も求められるポジションなのです。

老健相談員の主な1日のスケジュール

施設ごとに異なる業務はたくさんありますが、老健で働く支援相談員の一例を1日単位で見てみましょう。

08:30「業務開始」

支援相談員は日中の勤務が基本となっている場合が多く、8:30や9;00などに始業となることが多いようです。

出勤したら夜勤帯のスタッフから夜間の報告を受け、引き継ぎを行います。

09:00「バイタルチェックなど入所者の状態確認と1日の計画確認」

体調不良の入所者がいないか確認をし、受診の必要があれば移動手段を含めて準備をします。

リハビリスタッフや介護担当と当日のケアについて予定を確認し、新規の入所予定があれば迎え入れの最終準備と確認を行います。

10:00「入退所に関する判定会議やベッドコントロール会議」

支援相談員は介護業務に入ることは基本的になく、会議や面談・資料作成が主な仕事です。

入所希望者の詳細情報の報告や退所の可否決定についての会議から、空きベッド対策まで色々なミーティングに参加します。

12:00「食事のラウンドチェック」

食の機能は自宅に戻った際にとても重要になるので介護士からの報告だけでなく、相談員自身の目でも状態のチェックを行います。

14:00「入所者や家族との面談」

今後の見通しや退所希望・食事や介護内容のクレームに至るまで、支援相談員は入所者やその家族から要望があれば随時面談を行います。

入所希望者の施設見学も支援相談員が対応し、本人や家族に関する聞き取りも実施します。

15:00「入所者の状態観察と情報の取りまとめ作業」

会議に向けた資料作成やカルテの取りまとめ作業をしながら、入所者のリハビリの様子や身体機能の状態をじかに行って正しい情報を集めます。

外部機関との連絡のために電話対応やメール対応も業務の一環として行うことがあります。

16:00「担当者会議」

リハビリ・看護・介護・栄養などそれぞれの分野から担当者が集まり、個々の入所者へのケア内容を確認して必要があれば方針の変更を話し合います。

17:00「退勤」

支援相談員の1日には暇な時間はほぼなく、常に利用者とその家族のために働く仕事です。

面談の必要がある入所者の家族が仕事を持っていたりすると、家族の到着を待っての面談になることもあり残業の頻度は低くありません。

会議や面談は不意に発生することも多いので、臨機応変に仕事をこなすことが必要ですね。

老健の相談員として働く前に知っておきたいこと

老健相談員の給料はどのくらい?

老健で働く支援相談員の給与は月に18~24万円以上と、介護職員に比べて高めの水準になっています。

支援相談員の職に就くために必須とされる資格はないとされていますが、

一般的に社会福祉士や介護福祉士のような資格保持者という募集要件を設けている施設が多いので、資格手当の加算もあります。

専門的な相談業務を行い、利用者や家族からの苦情の対応・ベッドコントロールと呼ばれる入所者人数の管理にも関わる相談員の給与が高いか低いかは感じ方次第でしょう。

老健で働くメリット/デメリットとは?

<メリット>

老健は在宅復帰を目指す施設なので看取りや死はあまり想定されない場所です。

もちろん容体の急変や事故は起こりえますが、もう一度自宅で楽しく暮らしてもらうという介護の明確な目的があるのでやりがいを感じやすいというメリットがあります。

介護技術を含む広い範囲のことに関わるので知識量がどんどん増えていくこともメリットでしょう。

<デメリット>

その一方で在宅復帰を叶えられない利用者も実際には多くいるため、相談業務に虚しさや苦痛を感じてしまう場合もあるようです。

支援相談員は少人数であることが多いので職場内に同じ立場の相談相手が見つけられないという悩みも多く聞かれます。

メリットとデメリットは人によって感じ方が違ってきますので、自分の性格だとどう感じるだろうと考えてみるといいかも知れません。

老健の相談員の求人を見つけるポイント

求人を探す方法

老健での相談員職を探したい場合には支援相談員というキーワードで求人を探してみましょう。

相談員というワードがつく職種は生活相談員と医療相談員がありますが、支援相談員は老健独自の職種になるので的を絞って探すことが出来ます。

求人をチェックするときのポイント

前述したように支援相談員として働くために、絶対に必要な資格というものははっきりと規定がありません。

しかし相談業務の内容は専門性が高いため、施設によって特定の資格や介護実務の経験年数に独自の要件を設けている場合が多くあります。

介護福祉士・社会福祉士などの資格保有者を求めている場合がよく見られますが、介護経験のみでも応募できるケースもあります。

求人を探す際にはまずそういった条件があるかどうかをよくチェックしましょう。

支援相談員は身体介助に入らないことが普通ですが、施設によっては一部介護スタッフと同じ業務を行う場合もあるのでよく確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

介護職とは少し違う支援相談員のお仕事についてご説明をしました。

変化する社会とシステムの中で、サービスを繋ぐ鍵のような業務を担う支援相談員はとても重要でやりがいのあるお仕事です。

近年求人が増加傾向にある職種なので挑戦するなら今がいい時期かも知れませんね。

男女や年齢を問わず活躍することが目指せますので、興味のある方はチャレンジしてみてください。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護職員の目線から見た!有料老人ホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

特別養護老人ホームを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

サ高住の仕事がきつい辛いと感じている方へのアドバイス

グループホームを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

特別養護老人ホームの仕事がきつい、辛いと感じている方へ

介護職員の目線から見た!グループホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...