サ高住の仕事がきつい辛いと感じている方へのアドバイス

「サ高住の仕事がきつい…」と感じていませんか?

他の施設と比べ、介護度が低く元気な方が多いと聞いていたのに、いざ現場に入ってみると、思っていた以上にキツイ…

高齢化が進みサ高住の利用者が増えるにつれて、その役割や介護の仕事内容も少しずつ変わってきているのかもしれません。

「サ高住のきつさの主な原因とは?」

「負担を軽減するためにはどんな解決策があるのか?」

といったことについて、この記事でご紹介していきたいと思います。

サ高住の仕事がきつい・辛いと感じるのはこんなとき

サ高住での仕事は訪問介護がベースとなっていますが、施設住宅内での勤務のため、一般の訪問介護とはまた違ったものですよね?

サ高住ならではの仕事のきつさとして以下のような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

サ高住だけど、重度な介護を要する利用者も多い

サ高住は本来であれば、比較的元気な方を対象とした介護サービス事業です。

しかし、加齢による介護内容の重度化、時代背景による経営困難による重度介護を要する利用者の受け入れ等も多いことも事実です。

「サ高住は生活支援が主では?」と思っていると、想像していた以上に身体介護が必要なご利用者が多く、体力勝負となる場合もあります。

訪問介護サービスの他にも仕事がたくさん…

基本的に訪問介護による介護支援業務を行いますが、利用者がいつでも困ったときに職員を呼び出すことが出来るようナースコールが設置してありますね。

自分で水分補給ができない方や、排泄行為が難しい方の対応にあたる頻度も多く、その他にも施設の環境整備や食事時における誘導といった仕事もあり、知られているよりも忙しいのです。

定時に帰宅できない日もある

施設の規模、出勤予定にもよりますが、夕食前後に勤務を終える時間帯もあります。

しかし、利用者の体調不良や事故が起こることもあり、実際には定時に帰宅できない日もよくありますよね。

また同じ理由により、一般の訪問介護とは違いますので、介護記録を残す書類の作成が間に合わず、残業となるケースもあります。

サ高住の仕事がきついと感じている方へのヒント

ラクな仕事ではありませんが、それでも「きつい、辛い」と感じている状況は少しでも改善していきたいですよね。

サ高住の仕事が辛いと感じているときの解決策として以下にまとめてみました。

能力に応じたサービス提供できるように配慮してもらう

サ高住とはいえ、軽度な介護を要する利用者だけではありません。

大柄な男性の重度な介護を要する利用者の場合、職員が小柄な女性であれば不安も出てくることでしょう。

訪問サービス提供作成の際に、不安や変更できるかどうか、計画作成している職員に相談してはいかがでしょうか?

サ高住の場合、介護提供サービスの開始時間が重なっている事も多いため、その点変更の融通が利きやすいのは大きな利点となります。

また、一人での介助が不安だと感じれば、すぐにヘルプとして駆けつけてくれる点もメリットです。

介助は力でなく技術面によって大きくカバーできる点があります。

小柄でも大柄な男性介助の仕方等、経験の豊富な介護士のやり方を教わりやすいので、スキルアップにもつながります。

ナースコールが多く業務に集中できないときは

介護従事者が直接利用者や、家族に話をする必要はありませんが、どの時間帯にどれだけのコールがあったのかを記載しておくとよいでしょう。

他の利用者の介護提供サービスに入っている場合でも、勤務している職員が少ない場合や、夜勤帯ではピッチを持っているはずです。

そういった場合では、緊急を要する事でなければ訪問できない事の理解をしていただくよう説明するためにも記録が必要であり、それをもとに上司の人に報告しましょう。

残業が多く定時に帰れない日が続くときは

勤務時間帯の変更や、業務改善の提案をしてみましょう。

特に家事や予定が入っている場合等、残業が多くなると業務をこなすにあたっての不安が大きくなるでしょう。

あらかじめ業務日程を作成する人や、上司に相談するとよいでしょう。

介護の業務自体がしんどいと感じたら

介護業界の仕事は形態は違いますが、すべき内容はほとんど変わりません。

「今の業務内容・業務量が適切なもなのか?」を自分で判断できるように知識をつけることも大切です。

仕事量に対しての待遇の不満がある場合は、「処遇改善手当て」や「残業手当」がどのようについているのかを確認してみましょう。

特に処遇改善手当ては施設の意向によって振り分け方針が違いますので、どの雇用契約がどれくらいの手当てをもらっているのかの把握するのもよいでしょう。

所持資格や正規雇用によっても手当のつき方が違う事が多いため、明確にすることによってモチベーションが上がるかもしれません。

まとめ

サ高住といった施設は基本的には元気な方を対象とした介護付き住宅施設です。

しかし、高齢者が増えている現在、介護度の高い利用者の受け入れもあり、それによって業務内容に変化がしているのも事実です。

ご利用者へのサービスも大事ですが、その介護を担当するあなた自身の健康も大切にしていかなければなりません。

上司の方とうまく連携、相談し、自分の能力にあったサービス提供が出来るように配慮してもらいましょう。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

特別養護老人ホームで働くケアマネの仕事内容や給料とは?

介護老人保健施設で働くケアマネの仕事内容や給料とは?

グループホームの仕事がきつい辛いと感じている方へのアドバイス

介護職員の目線から見た!グループホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

介護老人保健施設で働く作業療法士の仕事内容や給料とは?

介護老人保健施設で働く管理栄養士の仕事内容や給料とは?