介護職のパートと正社員は何が違う?パートから正社員になるには

介護職ではパートと正社員は何が違うのでしょうか?

介護職は離職率が高い介護職ですが、離職が多いのはなぜでしょう?

慢性的な人員不足と仕事内容のキツさや人手不足からくる緊張感が常にあります。

どのような雇用形態が一番良いのか考えてみてみましょう。

介護職でパートから正社員になることのメリット・デメリット

正社員になった場合のメリット

・安定した給与
・各社会保険の充実
・ボーナス

介護士は離職率の高さから、転職を繰り返し、勤続年数が短く給与もなかなか上がっていきません。

勤続年数が長くなれば、給与もあがっていきます。

人手不足から忙しい施設も多く、残業や頑張った分としての見返りは昇格・昇給があるところも多いものです。

正社員であれば、家や車などのローンを組むことができます。

また、介護福祉士や介護支援専門員などのキャリアアップを目指すこともできます。

正社員になった場合のデメリット

・利用者さんの命を預かる仕事であり責任感が増す
・1週間ほどの長期休暇が取りにくい
・夜勤や早番・遅番があり、家族との時間のズレが生じる

残り少ない命に携わる職業です。

自分の担当になっている利用者さんの、様態が悪くなってきているときは、自分が休みでも心休まらない時もあります。

子育てに寛容な職場もたくさんありますが、中には正社員は必ず夜勤をして欲しい、子供の
体調が悪くても、なんとか出てきてもらいたいなど、無理を言われる職場も少なくありません。

シフトで働く職場ですので、介護士だけでなく、ケアマネージャーや生活相談員でも1週間
の休暇の取得は難しいかもしれません。

パートになった場合のメリット

・仕事の責任は軽くなる
・休日は自分で設定できる
・短時間勤務ができる

正社員とは反対に仕事の責任は、はるかに軽くなります。

また、家族の休みに合わせて、毎週土日は休むことが可能だったり、小さい子供がいる場合には時間を短くして働くことができます。

子育て期間の女性には、気持ち的にも身体的にも少しは楽なのではないでしょうか?

パートになった場合のデメリット

・給与やボーナスが正社員より低い
・社会的信用も低い
・パートと正社員では転職時に不利な時もある

日勤帯など、正社員と変わらない仕事量をこなしていても、給料やボーナスは正社員より当然低いです。

長く勤務していても昇給もあまり期待できません。

ボーナスは本当に寸志だというところもあります。

同じ職場に長く居ても、家を買うためのローンなどは組めません。

また、転職時には同時に正社員とパートが応募した場合、同じような条件の方々だった場合には、正社員だった方を採用する確率が高くなります。

正社員であれば、今までと同じように勤務をしてもらえる、少々無理を言っても理解してくれるかもしれないと思うからです。

パートから正社員になる方法とは?

①今の職場で正社員への登用を目指す場合

施設によって、条件が違いますので一概には言えませんが、まずは上司や勤務部署の主任リーダーに相談してみましょう。

人事部や事務長などの管理者に話があがっていくことになります。

今までの働き具合や実績を考慮して、施設側でも是非とも正社員になって欲しいとなれば、改めて面談があるでしょう。

そこで、自分が思っている正社員への希望や待遇面での条件を話してみましょう。

ここで、きちんと待遇面などを決めておかないと、あとから後悔することになるので、自分の希望を伝えていきましょう。

せっかく慣れた職場で正社員になれるのですから、契約書を交わすまではお互いになあなあにならないように、気をつけましょう。

②転職して正社員になれる職場を探す場合

「今の職場ではパートならいいけど、正社員にはなれない…」

と思われるなら、新しい職場で正社員になれるところを探しましょう。

『家の近くなら通勤時間もなくなるので、正社員で働ける』、『子供の手が離れたので、正社員として働きたい』『子供の教育費がかかるので、正社員になりたい』

『独立して一人暮らしをしたいから正社員になりたい』『夜勤はできないから、夜勤のないデイサービスで正社員になりたい』『ゆくゆくは管理者になりたい』など、理由は様々だと思います。

介護施設は、特養・グループホーム・老健・デイサービスなど、色々な施設があります。

せっかく正社員になるのですから、今までの経験とスキルを活かして自分が納得のいく職場を探しましょう。

転職サイトにもたくさんの求人があります。

自分ができる働き方や、子育てに優しい職場、管理者候補の募集など条件のあったところを根気よく探し、決まったら今の職場にやめることを伝えましょう。

パートだからといって、今日伝えて今日には辞められないと思います。

早めに伝えて、退職に望みましょう。

まとめ

パートも正社員も、メリット・デメリットがあります。

今の自分がどのくらい働けるかによって、パートと正社員を選んでみましょう!

子供に手がかかるのに正社員で入職しても、休みがちでは迷惑が掛かります。

また、独身で体力に何も問題がないなら、日勤帯だけのパートではなく、夜勤もできる正社員へ挑戦して給料をたくさん稼いでもいいかもしれません。

やりがいやこれからの人生のプランによって、勤務形態を変えていくのもひとつの選択だと思います。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー介護」がおススメです。

――ジョブメドレー介護の特徴――

①あなたを必要とする保育園からスカウトメールが届く

ジョブメドレーの利点は あなたを必要としている保育園があなたを探し出し、直接スカウトメールが送られてきます。

スカウトメールが来たら確認して、良かったら是非応募してみてください。

②早めの応募で選択肢が広がる

ジョブメドレーでは日々新しい求人案内が掲載されていきます。

応募は自由です、興味があったら応募してみてください。

実際に会って話してみることが転職の上で何より大事です。

③転職、復職でお祝い金を贈呈中


電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

訪問介護で家族からクレームを受けてしまったときの対処法とは?

40歳からでも未経験の介護職に転職できる?働いていくうえで抑えておきたいこと

50歳からでも未経験の介護職に転職できる?働いていくうえで抑えておきたいこと

介護職の女性は結婚できない?出会いのきっかけを増やすには?

仕事を覚えられない介護職の方は必見!新しい職場でスムーズに仕事に慣れていくには

介護の夜勤が怖い…そんな時の対処法は?