新人介護士だけど職場でいじめられている…そんなときの対処方法は?

新人という響きは初々しく希望に溢れているような明るいイメージを持たせるものです。

しかしその一方で新人いじめや新人いびりといったネガティブなイメージも残念ながら潜んでいます。

介護現場での大きな課題の1つである職員間でのいじめとは一体どのようなものなのでしょうか。

これっていじめ?介護現場における新人介護士へいじめ事情とは?

①経験がないことを理由にした心ない言葉

介護職はテキストや本よりも現場で学んでいくことの方が多いと言ってもいい仕事です。

例えば福祉系の大学を卒業した人でも、実務の経験が浅ければわからないこと・気が付けないことはたくさんあるものです。

これは当たり前のことであり誰もが通って来た道のはずなのに、それを重大な難点であるかのように指摘する行為はとても悪質です。

中には悪気なく口に出しているというケースもありますが、受け取る側が辛いと感じたらそれは正しい行為・発言ではありません。

こうした発言が利用者の耳に入ると事態はますます悪化してしまいます。

利用者も不安から該当の介護士の介助が信頼できなくなってしまい、業務にまで影響が出てしまうのです。

言葉の記憶は長く残るものですから、軽く考えることの出来ない問題です。

②教えるべきことを教えない

新人介護士にとって「教わる・指導を受ける」ということはとても大切なことで、これがなければ実践的な技術は身につきません。

適切な指導をする立場にある職員が意としてそれを行わないという悩みは新人介護士からよく聞かれる内容です。

ある意味では厳しい指導や叱責よりも強い悪意を感じさせることで、非常に非生産的な行いです。

なぜなら無関心や放置・放棄は新人介護士の成長を阻害するだけでなく、利用者の利益も大きく損なう可能性を孕んでいるからです。

人手不足の現場では1人の力はとても大きなものですから、それが存分に発揮されないと利用者にまで影響が及んでしまいます。

育児でもネグレクト(育児放棄)が大きな社会問題となっていますが、新人介護士への指導放棄はとても重大な問題なのです。

③体力的・精神的に負荷の大きい業務・苦手な業務ばかりやらせる

介護には見守り・歩行介助・排泄介助・入浴介助など様々な業務があり、得手不得手も当たり前にあるものです。

特に新人の間は得意不得意が大きく出やすく、不得意な業務が精神的な負担となることも多くあります。

指導の一環として不得意なことこそ訓練と経験を重ねて上達していかなければならないという面もありますが、それが極端に過剰になると話は変わってきます。

割り振られた担当業務を放棄するわけにはいきませんから、逃げ場のない苦痛を味わうという結果になってしまいます。

暴力・暴言やセクハラ癖など、対応の難しい利用者の担当ばかりやらせるという行為も同じようなマイナスの結果しか生みません。

負荷の大きな業務を1人に押し付けたり、過度に集中させるという嫌がらせは新人介護士には特に重いダメージとなってしまうのです。

新人でいじめに遭っているときはどうすればいい?

対処法①上司・先輩に相談する

介護は個人プレーではなく、介護士・看護師・相談員など複数のスタッフが協力して行うチームプレーであると言えます。

嫌がらせのような行為に悩んだらまず自分に近い上司や現場のリーダーに相談をすることが第一にすべきことです。

職員同士の問題は指示を出す立場にある上司やリーダー的立場の職員には無関係ではありません。

ポイントは「言いつける」というイメージではなく、「相談する」というイメージで言葉を選んで話すということです。

ただこういうことがあった・こんなことをされたと告げ口をするだけではかえって事態を悪くしかねません。

こういうことがあったらこう改善されて欲しいという自分の希望を先に整理してから相談をしてみるといいでしょう。

対処法②会社の相談窓口を活用する

会社の規模にもよりますが、きちんとした経営体制を整える会社なら職員向けにセクハラやパワハラの相談窓口を設けている場合があります。

現場の職員よりコンプライアンスを重要視する傾向にあるので、しっかりとした実りのある話が出来る可能性が高くなります。

匿名の相談という形で受け付けてもらえるケースもあり、その後の勤務に影響が出ないよう配慮をしてもらえる場合もありますのでまず窓口のスタンスを確認してみましょう。

上司やリーダーに相談しても取り合ってもらえなかったり、納得のいく回答がもらえなかったら相談先をランクアップしてみることも1つの方法です。

対処法③労働基準監督署・行政の労働相談窓口に相談する

会社内の相談先に頼っても事態が好転しない場合は公的な機関に助けを求めるという方法があります。

職場内でのいじめや嫌がらせは時に仕事を超えて日常生活にも影響を及ぼし、労働者の心身を蝕んでしまうことすら起こりえます。

そういった深刻な状況になってしまったり、そうなりそうな予兆を感じた時には最寄りの労働基準監督署や労働相談窓口に頼ってみましょう。

法令に沿った解決策から経験談による解決策まで、聞き取りを元に担当者が適切な解決方法を探す手助けをしてくれます。

新人で悪質ないじめを受けている、改善が見込めないときは無理に留まらない

辞めるという選択肢は無責任ではない

現場に勤務する介護士が辞意を表明した時に「利用者に対して無責任だ」と咎めらるというケースが多く聞かれます。

しかし円滑なコミュニケーションやチームプレーが取れない職場環境では十分な介護を提供することが出来ないどころか、時に利用者を危険に晒してしまうことも有り得ます。

現職場に留まって改善の見込みがあるのか・働きやすい環境に変わる可能性があるのかを冷静に判断することが大切です。

現状を気にすることなく利用者に接することが出来ればいいですが、そうすることが困難であれば決断の時です。

仕事を辞める・転職するという行動は決して自分勝手や無責任ではなく、この先に出会う人たちへの責任ある行動と考えることも出来るのです。

無理をして留まる選択よりもより多くの人の役に立てる選択を探してみましょう。

自分を大切にしてあげるという選択は未来に繋がる決断

介護職は社会的に必要とされているとても存在意義の大きな職種です。

その活躍の場は多数あり、今いる場所にこだわらなくても自分の力を発揮することは可能です。

我慢をして無理をして、それでもなお今の職場に留まらなくてはならない理由が本当にあるのかどうか考えてみましょう。

自分の辛さや苦しさを取り除いて再スタートをするという決断はとても勇気ある判断です。

実現したい働き方と自分を守ることは相反することではないですから、もっと素晴らしい未来を探して一歩踏み出すことも考えてみましょう。

まとめ

どんな人でも突き当たる可能性のある職場でのいじめ。

実際に当事者となってしまったら1人で抱え込まずに周囲に頼るという行動が事態を変えてくれることがあります。

介護業界でもこういったトラブルは少なくないことなので、自分だけで悩みこまずに解決の道を一緒に探してくれる相談相手を探してみましょう。

いい介護サービスの提供者となるために、まずは自分を守ることからはじめていきたいですね。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー介護」がおススメです。

――ジョブメドレー介護の特徴――

①あなたを必要とする保育園からスカウトメールが届く

ジョブメドレーの利点は あなたを必要としている保育園があなたを探し出し、直接スカウトメールが送られてきます。

スカウトメールが来たら確認して、良かったら是非応募してみてください。

②早めの応募で選択肢が広がる

ジョブメドレーでは日々新しい求人案内が掲載されていきます。

応募は自由です、興味があったら応募してみてください。

実際に会って話してみることが転職の上で何より大事です。

③転職、復職でお祝い金を贈呈中


電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護職にはサービス残業が多い?残業代が出ないときの対処法

看護師は介護士を見下している?仲が悪い?お互いがうまく付き合っていくために大切な...

訪問介護で家族からクレームを受けてしまったときの対処法とは?

50歳からでも未経験の介護職に転職できる?働いていくうえで抑えておきたいこと

介護の夜勤明けの過ごし方、時間を有効に使いリフレッシュするには

介護利用者の暴力・暴言に悩んでいるときの対処方法とは?