社会福祉士の転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

社会福祉士は、福祉系の職種中では、最も面接が重視される職種です。

他の職種では、クライアントと何度も関わるうちに、信頼関係を築いていくことができますが、

社会福祉士の場合、初めて会ったクライアントと、面談などの短い時間で、様々な援助につなげていかなければいけません。

初対面で、この人なら信頼できるという良い印象を与えることが大切です。

コミュニケーション力も非常に問われます。

心して面接にのぞみましょう!

社会福祉士の面接で良い印象を持ってもらうには?

では、第一印象を良くするためには、どうしたらよいでしょうか?

特別なことをする必要はありません。面接の基本的事項を守りましょう。

服装は、スーツが基本。清潔感のある髪型・服装を心がけましょう。

入室の際はノックをする、入ったらお辞儀をする、促されてから座るなど、面接のマナーを守りましょう。

座る時は、浅すぎず、でももたれるほど深すぎず。背筋を伸ばして座ります。胸をそらすのはNGです。

質問には、面接官の目を見て、丁寧に、はっきりとした話し方で答えましょう。

退室時まで見られています。最後まで気を抜かないで、丁寧にお礼を述べて退室します。

社会福祉士の面接で聞かれやすいこと

社会福祉士の面接で、聞かれやすいことを挙げてみます。

これらの質問に対する答えはスラスラ言えるようにしておきましょう!

志望動機に関する質問

①社会福祉士になった理由

なぜ社会福祉士を目指したのか?

一番聞かれるであろう質問です。

元々福祉関係を目指していた方も、異業種からの転職の方も、どこかで社会福祉士を目指したきっかけがあったはず。

思い出してみて下さい。

人とのコミュニケーションが得意だからなど、自分の得意分野をアピールするような志望動機も良いと思います。

②今までの職歴

転職者には必ずといっていいほど聞かれる質問です。

正直に答えたら良いのですが、もしに履歴書で職歴に空白期間がある場合、そこは必ず理由を問われると思います。

その時は、資格の勉強をしていた・家族の介護をしていた等、前向きな理由があると、マイナスイメージを持たれずに済みます。

また、福祉業界からの転職の場合、経験をアピールしやすいですが、異業種からの転職の場合は、前職の経験をどうアピールするか、考えておいた方が良いです。

例えば接客業や営業職など、福祉に全く関係ないような仕事でも、様々な人と関わってきた経験は実際活かすことができるでしょう。

どんな職種でも、何か必ずアピールポイントがあるはずです!

探して見て下さいね。

③前職を辞めた理由

これも、転職者は必ず聞かれます。

人間関係のトラブルや、会社の方針が合わないなどが本当の理由だったとしても、マイナスイメージがある理由だけを話さない方がよいです。

もちろん、ウソを話す必要はありませんが、正直に話したとしても

「前は会社の方針が合わないと感じたが、このような仕事がしたくてここを選んだ」

など、前向きな理由につなげるようにしましょう。

④この職場を選んだ理由

社会福祉士を目指した中でも、なぜこの職場を選んだのか?という質問です。

お給料や、勤務条件が良かった等の理由が第一でも、それをアピールするよりは、仕事ので選んだことをアピールする方が、印象が良いです!

「今まで高齢者に関わる職場で働いてきましたが、障がい者福祉の仕事がしたくて選びました」など。

付け加えて、勤務条件も魅力でした、などと言うのはありだと思います。

勤務条件に関する質問

①いつから就業できるか?

早く働ける方が有利なので、すぐに勤務できます!と回答できればベストですが、

働きながら求職活動をしていたり、育休からの復帰などの場合、すぐに勤務できない場合もありますよね。

遅くとも、内定してから2か月先くらいまでに入社可能、というのが一般的な目安です。

入社可能日は、はっきり示さないと非常に面接で不利になります。

できるだけ早く入社できるよう、面接までにある程度段取りをしておきましょう。

②勤務条件について

応募した職場が、病院のように土日祝も開いている職場なら、休日も出勤可能か聞かれると思います。

また、地域包括や児童相談所のように、場合によっては24時間オンコール対応が必要な職場もあります。

どこまで勤務が可能か、応募する職場によって考えておきましょう。

個人の能力に対する質問

①自分の長所、短所

社会福祉士の勉強をした時に、“自己覚知”という言葉、聞いたことがありますよね。

対人援助をする上では、自分の考え方や感情の変化を冷静に把握しておく必要があります。

長所・短所を聞かれたら、それがどんな内容かよりも、自己覚知ができているかどうかを問われています。

これから対人援助を行う上でも、この質問にはしっかりと答えられるようにしておきましょう。

②パソコンができるか、運転できるか

職場によっては、ケース記録は全てパソコンのところもあります。

社会福祉士は、デスクワークも何かと多いので、Word・Excelは使えた方が良いでしょう。

運転については、訪問が必要な職場では、地域により必須のところもあります。

面接で聞かれなかった場合は、こちらから確認しておいた方がよいかもしれません。

③人付き合いで心がけていることは?

他の職種ならば、単に人付き合いが得意かどうかを問われることも多いと思いますが、高度な対人援助技術が必要な社会福祉士は、人付き合いが苦手ではやっていけません。

人付き合いが得意であることを前提とした質問だと思って下さい。

初対面の人とどう打ち解けていくか、苦手なタイプの人にどう対処していくかなど、あなたなりの人付き合いのコツがきっとあると思います。

一度振り返ってみて下さい!

その他

私自身が、実際に社会福祉士の面接で聞かれたことを挙げてみます!

Q:気になる世の中のニュースを教えて&どういう点が気になるか?

この質問は、ニュースの内容よりも、あなたが物事をどのように捉えているか、自分で考えてきちんと意見を述べられるか、というところを見ていると思います。

でも、芸能ニュースのような軽すぎる話題は避けた方がいいでしょう。

政治や宗教に関する話題も、面接官の方とあまりに信条が違いすぎたら、心証が悪くなるかもしれませんから、難しいです。

経済、社会問題、文化に関するような話題が無難かもしれませんね。

Q:福祉に関する話題で気になるものは?

社会福祉士ならば、世の中の福祉の動向には敏感でいたいもの。

福祉支援は、その時の政治にもかなり左右されます。

面接を受ける受けないに関わらず、日頃からニュースで福祉の動向はチェックしておいた方が役に立ちます!

面接でこの質問が来たら、そういう日頃の姿勢が問われていると思います。

内容は、福祉に関係すれば何でもよいと思いますが、面接先の職種に関連する内容を話せたら、ポイントは高いでしょう。

Q:何か質問はありますか?

逆質問は、何でも聞いてよいように思いがちですが、実は質問の内容も見られています。

福利厚生や、お給料に関する質問は、あまり良い印象を与えません。

事業内容に関する質問や、研修の体制に関する質問などは、働く意志が感じられて好印象です。

特になし、という回答は、せっかくアピールできる機会を一つ逃してしまうようなものなので、何か一つ質問内容を考えておいた方が良いと思います。

おわりに

面接は、とても緊張しますよね。

そんなあなたに脅すわけではないですが、圧迫面接ってご存知ですか?

面接者が、わざと意地悪な態度や、威圧的な態度をとり、その対応を見る面接です。

今は、パワハラにつながるということで、やらない会社の方が多いと思いますが、私は社会福祉士の面接で、圧迫面接を受けたことがあります。

完全に想定外だったので驚きましたが、笑顔で冷静に返したためか、無事内定をもらえました。

実際、社会福祉士の現場で働いてみると、圧迫面接どころじゃない、クレーマーのような方や、虐待の加害者と対峙するようなケースもあるわけです。

面接は、その通過点に過ぎません。

その緊張感も、クライアントとの面談のいい練習…くらいの気持ちに替えて、頑張って下さい!

 

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー介護」がおススメです。

――ジョブメドレー介護の特徴――

①あなたを必要とする保育園からスカウトメールが届く

ジョブメドレーの利点は あなたを必要としている保育園があなたを探し出し、直接スカウトメールが送られてきます。

スカウトメールが来たら確認して、良かったら是非応募してみてください。

②早めの応募で選択肢が広がる

ジョブメドレーでは日々新しい求人案内が掲載されていきます。

応募は自由です、興味があったら応募してみてください。

実際に会って話してみることが転職の上で何より大事です。

③転職、復職でお祝い金を贈呈中


電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

社会福祉士の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

介護職のパートを辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方

ヘルパー(訪問介護)の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

ケアマネの転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

ケアマネの転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

ヘルパーの仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?