社会福祉士の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

キョウコ

キョウコ
こんにちは、この記事を担当する元介護職のキョウコと申します。

今日は「社会福祉士の転職方法や転職先」についてご紹介したいと思います。

 

福祉に関する相談に応じ、福祉サービスの援助や調整をする社会福祉士。

高齢者福祉、障がい者福祉、生活保護、児童福祉など、幅広い福祉の専門知識が必要とされる、社会福祉のエキスパートともいえるお仕事です。

とてもやりがいがあるお仕事ですが、その分、壁にぶつかることも多いでしょうし、抱えるストレスも大きいでしょう。

その為に転職を考えている方。本当に転職して解決するのか、もし転職するならば、どのように進めたらよいのか、考えてみましょう。

社会福祉士の転職理由に多いのは?

社会福祉士の職務内容はかなり幅広く、そのため社会福祉士の転職理由も様々です。転職理由に多いものを挙げてみます。

①今までと違う分野で働きたい

冒頭でも述べましたが、社会福祉士は幅広い福祉分野の知識を身につけています。

しかし、実際に職場で関わるのは、そのごく一部ですよね…

例えば高齢者施設で働いている方なら、高齢者福祉に関しては深められますが、障がい者福祉や生活保護に関しては、必要になることもありますが、

関わる機会が少なくてよくわからないと思うことが多いでしょうし、児童福祉に関しては全く関わることもないでしょう。

ある分野で働いているうちに、別の分野にも興味が出てきたり、もっと知識を深めたいと思ったりして、転職を考える方は多いです

②社会福祉士本来の仕事をしたい

社会福祉士の仕事は、面接やアセスメント、プランニングなど、社会福祉援助技術を用いたソーシャルワークです。

これに対し、排泄や食事など、日々のお世話はケアワークと言います。

ケアを行う福祉の現場は忙しく、慢性的に人手不足の現場も多いです。

その為、社会福祉士も手伝わされることが結構あります。

いつも手伝わされて、本来の自分の仕事が全然できない、なんてことも…。

キョウコ

キョウコ
こんな職場では、転職を考えてしまうのも無理ないですよね。

③給与が少ない

福祉業界は、給与水準が一般の会社と比べ低いところが多いです。

社会福祉士の場合は、専門性が高いため、福祉業界の中では給与水準が高い方だと言われます。

しかし、所属先によって大きく左右されているのが現状です。

所属先が、高度な専門性を必要としている職場などであれば、給与も良いですが、

他の福祉職の給与が低い職場であれば、同じ水準に合わせて、社会福祉士の給与も低い職場もあります。

キョウコ

キョウコ
夜勤手当などがない分、他の福祉職より給与が低い場合も。

④人間関係に気を使う

社会福祉士は、対人援助がお仕事の要です。

そして、一人の方を援助するのに、他の職種の方と、協力する必要があります。

その調整役となるのが社会福祉士。

そのため、人間関係に非常に神経をつかう仕事です。

それぞれの立場の人の思いがあるため、板挟みになりがちです。

例えば、援助される人とする人、利用者とその家族、看護師と介護士など。

キョウコ

キョウコ
いざ対立してしまうと、間に入る社会福祉士は大変ですよね。

⑤多忙すぎる

社会福祉士は、福祉のいろいろな分野に精通している分、何でも屋さんのように思われてしまう部分もあります。

困った相談が来れば何でも回って来たり、難しいケースの最終責任を負わされてしまったり。

担当している利用者が多すぎて、名前と顔すら一致しない…

という社会福祉士さんもザラにいます。

こんな職場では、目の前の業務をこなすのに精一杯で、なかなか利用者さんにじっくり向き合えませんよね。

社会福祉士の転職。仕事探しのポイントは?

キョウコ

キョウコ
あなたは、どんなことで悩んでいますか?

仕事を探す際は、探す前に、まず転職したい一番の理由をはっきりさせましょう。

何となく、マンネリ化してるから心機一転したいなぁとか、今の職場は自分に向いていない気がする…など、曖昧な理由では、転職は成功しません。

今までと違う分野で働きたいなら、どの分野が良いのか。

お給料を増やしたいなら、具体的にどれ位欲しいのか。

理由がはっきりしたら、その条件に当てはまる職場をまず探しましょう!

職種内容や、お給料に関しては、情報誌や求人広告でも知ることができますが、人間関係などの職場の雰囲気、多忙さなどは、わかりにくいかもしれません。

社会福祉士は、所属先が違っても横のつながりが結構あるので、同業の知り合いからは積極的に情報を仕入れましょう。

キョウコ

キョウコ
口コミは、職場の雰囲気をを詳しく知るのにも役立つ情報源です。

もし、知り合いがいない場合は、転職サイトを利用してみるのはいかがでしょうか。

担当の方に相談すれば、webだけではわからない情報も知ることができますし、相談にも乗ってもらえますよ。

社会福祉士の転職先とは?

福祉業界の中で、社会福祉士の募集はそれほど多い方ではありません。

でも、活躍できる範囲が広いですし、次第に社会福祉士の専門性が見直されている傾向もあり、求人は増えてきています。

キョウコ

キョウコ
では、どんな転職先があるのか、それぞれの特徴と共に挙げてみます。

①介護施設の相談員

家族との面談、施設への受け入れをしたり、入所者からの相談を受けたり、家族、施設の職員ケアマネジャーなど多職種の人と連絡を取ったりするのが主な仕事です。

利用者さんにじっくりと向き合える施設もありますが、多忙すぎる施設の場合、介護のサポートに入らなければいけない所もあります。

高齢者福祉に深く携わりたい方にお勧めです。

②医療ソーシャルワーカー

病院で、入院患者やその家族からの相談に対応します。

退院後の生活支援、介護保険の利用や入院費の支払いなど、様々な相談があります。

どんどん入れ替わる患者さんに対し、入院の間という限られた期間で、相談を解決していかねばならないので、多忙な仕事です。

医療職、他施設との連携が非常に重要です。

キョウコ

キョウコ
医療関連の知識が深まる職場です。

③地域包括支援センターの相談員

地域包括支援センターは、地域で暮らす高齢者の介護予防や、虐待への対応を担っています。

社会福祉士が必置の職場です。

現在、高齢者介護が施設から地域へ、ケアを移行する風潮にあるため、センターの役割はますます重要になってきています。

様々な環境で生活する高齢者が対象なので、高齢者福祉だけでなく、生活保護や障がい者福祉ど、広範囲の知識が求められます。

④地方自治体の職員

福祉事務所、児童相談所などで、社会福祉の専門職員として勤務します。

一般の公務員と同じく、公務員試験を経ないといけない場合が多いです。

年齢制限もありますし、試験も難しく、採用までのハードルは高いです。

キョウコ

キョウコ
給与や待遇は、公務員ということで恵まれていると言えるでしょう。

⑤社会福祉協議会

地域での福祉に関する問題解決のため、住民を支援します。

具体的には、相談、調査活動、広報や組織活動、ボランティア活動など多岐にわたります。

何でも屋みたいになってしまう可能性もありますが、広く福祉に携わりたい方、自ら住民に働きかけていきたい方にお勧めの職場です。

⑥児童福祉施設

児童養護施設、母子生活支援施設、放課後デイサービス、学童保育などの児童指導員や少年指導員として、入所している児童に、学習や生活全般の指導を行います。

児童福祉の知識はもちろん必要ですが、知識よりも、子どもと関わる体力、精神力の強さがより求められる職場です。子ども好きな方にお勧めです。

このように、社会福祉士の転職先はたくさんあります。

キョウコ

キョウコ
あなたの条件にあった転職先を探してみて下さい!

おわりに

社会福祉士は転職者が多いです。

年齢にはあまり関係なく採用してもらえます。

むしろ、新卒より経験者の方が求められる傾向にあります。

それは、新卒の方にある体力やフレッシュさ、若さよりも必要なものが、社会福祉士には求められるからです。

キョウコ

キョウコ
いろいろな人と接した経験は、転職者の方が圧倒的に多いですよね!

対人援助の仕事ですので、経験と、それに裏打ちされた援助技術は、転職後に役立つことと思います。

また、寛容さ、懐の深さ、精神的な強さは絶対に必要です。

転職を考えるほど辛いことがあったあなたは、その経験で学んだものがあるはず。思いやる力や、辛さを乗り越えた経験など、必ず次に活かせます。

社会福祉士は、いろいろな人の生活や人生を背負っている、難しいけれど素晴らしい仕事です。

キョウコ

キョウコ
ぜひ良い職場を見つけて、あなたの力を活かして下さい!

 

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

ヘルパーへの転職面接でよく聞かれる質問の志望動機の答え方とは?

ヘルパー(訪問介護)の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

介護の派遣を辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方

ヘルパーの仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

介護福祉士の転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

パート・アルバイトで介護職に就きたい方へ、志望動機を作成するときのポイントは