生活相談員の転職面接でよく聞かれる質問と志望動機の答え方とは?

介護保険制度において、介護事業所の生活相談員は資格や知識があり、経験や実績がある他の職種とは少し異なる立場にいます。

介護の仕事に対する考え方や熱意、そして相談援助技術などを他スタッフに指導するような立場です。

しかし、そんな生活相談員でも仕事や色々に疲れ、仕事を辞めたいとか転職したい!と思うこともあります。

ここでは、生活相談員へ転職する面接において、聞かれやすい質問や志望動機などを、その答え方のポイントと共にご紹介します。

生活相談員への転職面接でよく聞かれる質問と回答のポイントは

では具体的に、生活相談員の転職面接で聞かれやすい質問と回答のポントをご紹介します。

よく聞かれる質問①ー志望動機を教えてください。

この質問は、一般的な就職活動の面接において必ず聞かれる質問です。

生活相談員は、実務経験と知識を積み重ねていく職種です。

介護の現場で、利用者相手に介護を行っていれば良い、という仕事ではありません。

特に、転職する前の職種が生活相談員だったのか、それとも違う職種だったのかによって、答える内容が変わってきます。

・転職する前も生活相談員だった場合

基本的に「この仕事が好きだ!」ということを伝えましょう。

生活相談員は、やりたいからといって誰でもできる仕事ではありません。

経験と資格、そして知識が必要です。

さらに「人柄」も大きく関係してきます。

前職も生活相談員だったのですから、経験や知識は「●●年間、相談員として仕事をしてきました」程度に軽く済ませておきます。

そして「なぜこの仕事が好きで続けたいのか」という理由に時間を割きましょう。

単に「高齢者が好きだ」という理由ではダメです。

今、その地域でどのような介護問題、高齢者問題があって、自分が生活相談員として働くことによってどのように支え、変えていきたいのかなどを話せると良いですね。

・転職する前は別の職種だった場合

前職が介護職員だった場合、例えば

「現場での介護は入居者(利用者)の生活を支えるために行っていたが、少しでも幸せに生活をおくるためには今までの生活歴や家族との関係が非常に大切。

そのためには、生活相談員として入居前(利用前)から情報収集に関わり、それを現場に細かく伝えた上でカンファレンスを行い、何がその方にとって幸せなのかを多職種で考え、実行していきたい」

と言えます。

前職が介護支援専門員だった場合、例えば

「施設の中で、利用者の想いを実現させていくためにサービス計画を立ててきたが、今度は施設から外に出て、自分達の施設がどのようなことをしているのかをお伝えし、地域住民の方に貢献するために何ができるのかを考え、行っていきたい」

と言えるでしょう。

ポイントは、生活相談員になれば今まで自分が“こうしたい”と思っていたことができる、という前向きな動機を伝えることです。

よく聞かれる質問②ー前の職場を辞めた理由を教えてください。

これも、転職する前の職種によって異なるかもしれません。

・転職する前も生活相談員だった場合

生活相談員は、事業所内の介護職員や看護職員など色々な職員と関わりをもち、さらに事業所外でも、地域住民や市町村行政、また医師やボランティアの方々とも連絡を取り合う仕事です。

色々なつながり、しがらみの中で疲れてしまい、前の職場を辞めたくなる人もいますが、その場合、生活相談員という仕事から離れるという選択肢もあります。

しかし、この面接は生活相談員への転職で受けていますから、「職場の体制や人間関係、また給与などの処遇関係ではないか?」、と面接の担当者は推察することでしょう。

こと細かに説明する必要はありませんが、どのようなことで悩んでいたのか、言える範囲で伝えましょう。

「残業が多かった」「給料が低かった」「職場の人間関係が良くなかった」などでしょうか。

大丈夫!介護事業所というのはどこも同じような問題を抱えています。

理解ある担当者であれば、ここで変に意義を申し立てることはないでしょう。

ただ、他の事業所のことには興味がある人もいるので「もう少し詳しく…」と説明を求められるかもしれません。

「前の職場のことはあまり非難したくないのですが…」と一言述べてから、話すこともできるでしょう。

・転職する前は別の職種だった場合

その職種でもっとやりたかったことや、生活相談員として新しいことにチャレンジしてみたかったことなど、前向きな理由に絞りましょう。

志望動機とリンクすると、一貫性があって説得力もあります。

前述しましたが、あまり前の職場の悪いところは述べたくありません!

というのも、そういうことを面接の時に気兼ねなく平気で話す人のことを、担当者は「きっと、色々なところで事業所の悪口とかを言っているんだろうな…」と思うからです。

よく聞かれる質問③ーあなたの長所と短所を教えてください。

生活相談員という仕事は、自分の長所と短所をしっかり把握しやすい職種といえます。

なぜなら、自分が行ってきた支援業務はそのまま、利用者やご家族の笑顔や感謝となって表れるからです。

さらに、長所が多い生活相談員は、一緒に働くスタッフをも笑顔にします。例えば…

・明るい(朗らか)
・誠実
・人当たりが良い
・相手の話をきちんと話を聞くことができる
・協調性がある
・困難があっても根気よく取り組むことができる
・ストレスを上手に発散できる

などは生活相談員として良い長所です。

比べて短所は、支援業務経験から「あれは失敗だったな…」ということから考え出せます。例えば…

・長期的なビジョンをもって仕事に臨めず、場当たり的になる時がある
・利用者とご家族の意向が違う時に、怒らせてしまったことがあるためバランス良い支援ができない時がある

などでしょうか。

ポイントとして、長所は性質や特質を述べるだけで伝わりますが、短所については状況をシンプルにまとめ「●●だから■■」というように説明すると解りやすいものです。

聞かれるかもしれない質問④ー本人や家族の希望を叶えるケアを行うことを介護職員が反発した場合、どうしますか?

これは利用者本位のケアを、反対するスタッフにどのように説明していくのかという、介護の本質を問う質問です。

ただ実際の本人の状態が希望とは明らかにかけ離れている時には、「本人や家族にきちんと説明して納得してもらう…」という生活相談員の腕の見せ所になるでしょう。

ですから、まずは「介護職員が反発する理由を把握する」ことから始まるかと思います。

いきなり「それは利用者本人の希望なので、納得してもらえるように介護職員を説得します」と答えてしまうと、

「現場と仲よくできない生活相談員だな」と思われてしまうかもしれません。

このような質問をされたら、よく考え、相手が何を聞いているのかという本質を見抜こうと努力することをお勧めします。

ただ、考えるといっても時間をかけすぎてはいけません。

その他、生活相談員の面接をクリアするために抑えておきたいポイント

質問と答えのポイントは前項で述べました。

ここでは、面接をクリアするためのその他のポイントをご紹介します。

面接のポイント①ー想定される質問の回答は事前に練っておく

前項で述べた聞かれやすい質問に対しての回答のポイントは、あくまでも要点です。

要点は、直接回答にはなりません。

要点を踏まえながら、どれだけ相手が納得できる話をするか、また話し方をするのかということが面接をクリアするポイントとなります。

面接のポイント②ー想定外の質問にも対処する練習をする。

生活相談員は、知識も経験も実績もあります。

そのため、ちょっと意地悪い担当者なら、予想外の場面にいきなり出くわした時にどうやって対処するのか、ということを見たいかもしれません。

なので、本当に想定外の質問をしてくることもあるでしょう。

面接のポイント③ー良い印象を与える

多少、質問に対しての答えが的外れでも、少し相手を待たせてしまったとしても、印象が良ければある程度カバーできます。

初対面の人の印象は、第一印象にかなり左右されます。いわゆる「見た目」です。

今は個性を大切にする時代ですから、少し時代遅れなのかもしれません。

しかし生活相談員が相手にするのは、介護が必要な高齢者やそのご家族など、何かしら弱い立場の人たちです。

ですから「個性」よりも「さわやかさ」「温かさ」を重視しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

生活相談員は、介護事業所になくてはならない存在です。

ただ、対人援助技術や支援業務というものは「これ」といった正解が分かりにくいものです。

そして、常に誰かと関わりますので、自分だけでなく関わる人たちの性質によっても色々な問題も起きやすい特徴があります。

だからこそ、「今の職場や職種を続けたい…」と思えなくなることもあるかもしれません。

しかし、せっかく生活相談員になれるかもしれない道が拓けているなら、ぜひチャレンジしてみましょう!

何事もポジティブ思考でとらえていけば、きっと良い道が拓けます。

その機会を、活かすも殺すも自分次第なのですから。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

生活相談員の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

デイサービスのパートを辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方

介護主任を辞めたくなったときはどうすればいい?

介護職のオープニングスタッフとは?志望動機を書くときのポイント

生活相談員の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

ケアマネの仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?