生活相談員の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

介護事業所の生活相談員は、家族や外部と連携を図る上でなくてはならない存在です。

だいたい同じ資格を所有して業務に就く介護支援専門員(ケアマネ)は、入居者や利用者のサービス計画を立てる役割ですが、生活相談員は施設外とつながるためのパイプです。

このパイプが太ければ太いほど、たくさんのつながりがうまれます。

しかし、その業務は多岐にわたるため、結構疲れることも。

ですからこの記事では、生活相談員が転職する場合の転職先や仕事探しについて、ポイントを絞りながら押さえていきましょう。

生活相談員からの転職先の種類と、それぞれのメリット・デメリットとは?

では、生活相談員が転職する先を大きく2種類に別け、さらにそれぞれのメリット・デメリットを考えていきましょう。

介護業界内での転職を考えた場合

初めに、同じ介護業界内で転職先を探す場合のメリットです。

メリット①:慣れ親しんだ業界であるため勝手が分かっている

生活相談員であれば、社会福祉士、社会福祉主事、介護支援専門員、介護福祉士という資格を所有しながら、介護の実務経験がある程度ある者が就任します。

つまり、ある程度介護業界のことを知り尽くした人材だといえます。

もちろん、同じ介護業界であっても事業所ごとに運営方針や規模が違いますから、業界内で職場が変わるのだとしたら覚えることもありますが、

それでも転職した先でもすぐに実務を始めることができるでしょう。

メリット②:人的財産が豊富

生活相談員であれば施設の外へ出ていく仕事も多いので、他の介護事業所のスタッフと知り合いになる機会があります。

そのため、もしも介護業界内で転職しようとするなら、知り合になった他事業所なら情報を入手しやすいことでしょう。

ですから、自分の条件に見合う転職先が見つかりやすいといえます。

メリット③:スキルアップにつながる

経験のある介護業界で転職するなら、自分の能力を伸ばし、新たな資格取得にもチャレンジしながらスキルアップを図ることができます。

基本的に転職する時には、今までよりも自分のためにより良い環境で働けることを望むはずです。

スキルアップが図れるなら、まさにそれが実現できます。

次にデメリットを考えましょう。

デメリット①:噂が広がりやすい

介護業界は何かと色々なつながりが多く、他の事業所の話が耳に入ってきます。

一般的に、良い噂は広がりにくい傾向ですが、悪い噂はあっという間に広がっていきます。

しかも、悪い噂というのは根拠がありません。

初めは何かしらの理由から噂の種が生じるのでしょうが、次第に尾びれがつき、あることないこと広がっていきます。

この現象はどこでも同じかもしれませんが、特に介護業界の場合、交代勤務で直接会う機会が少なく、しかも未だ女性の方が多い職場ですので、この傾向が強く残っています。

デメリット②:ストレスが解消されない

生活相談員も、ストレスがたまりやすい仕事です。

外部との連携を図るには細かい点まで注意を払わなければなりませんし、施設内部でも色々な問題が起こり、対応しなければならないこともたくさんあります。

そのため、介護業界内で転職するとなると、こういったストレスから離れることができません。

デメリット③:待遇面が変わらない

生活相談員は、他の職員よりも知識や経験、資格があるわけですが、そうはいっても年収がどんどん上がる訳ではありません。

なぜなら、介護保険制度内で運営している介護事業所の一員だからです。

介護事業所に入ってくるお金は、国の基準によってだいたい決まっています。

それを基に運営しなければならないので、人件費にたくさん割くことができません。

そのため、他の産業のように年収が毎年上がっていく率が少なく、しかも実績があまり考慮されません。

そのため、転職しても待遇があまり変わらない、という事態が生じます。

介護業界以外の仕事への転職を考えた場合

それでは、介護業界以外の仕事へ転職した場合はどうでしょうか。

まず、メリットを考えます。

メリット①:待遇面が上がりやすい

世の中の情勢にも左右されますが、一般的な基準として、他の産業の方が賃金、福利厚生などの待遇面が良いものです。

もちろん、入社した最初から良い訳ではないかもしれませんが、誠実に仕事をしてさえいればある程度のベースアップも保証されているでしょうから、数年経てば転職前の状況を追い越すものです。

メリット②:自分でストレスをコントロールしやすくなる

介護の仕事は対人援助のため、ストレスがたまりやすい仕事の一つです。

あまり人と接することのない業界に転職すれば、ストレスがたまりにくくなり、しかも自分の時間がとれるのであればワーク・ライフ・バランスもよくなるためストレスコントロールをしやすくなります。

メリット③:新しいことにチャレンジできる

生活相談員として働ているなら、介護業界での実績もある程度長いかと思います。

ですから、介護以外の仕事へチャレンジするなら、新しい一歩を踏み出すことができるため色々なことが身に着くかもしれません。

やりたいことがあるけれど諦めていた人にとっては、絶好のチャンスとなるでしょう。

では、デメリットは何でしょうか。

デメリット①:生活相談員としての経験や実績が活かせない

介護事業所の生活相談員業務は、他の産業での業務と比べると独特なので、培った経験や実績、資格が活かされないことが多いものです。

とはいえ対人援助の仕事ですから、接客業など人を相手にする仕事であれば、コミュニケーション能力などは活かすことができます。

ただ、それは介護職員が転職するとしても同じであり、「生活相談員」としての経験に限られたことではありません。

デメリット②:すべてイチから覚えなければならない

介護業界以外の仕事を知らない場合には、すべてイチから覚えなければなりません。

新卒など若い年代であれば、新しいこともどんどん覚えられるかもしれませんが、ある程度年齢を重ねてくるとモノ覚えも悪くなります。柔軟性にも欠けるかもしれません。

デメリット③:肉体労働となる可能性もある

このデメリットを避けるためには転職先を選べばよいだけなのですが、もしかしたら、転職できる先が限られていて選択肢が十分にないため、肉体労働を行うことになるかもしれません。

生活相談員の業務は、介護職員と兼務しているような場合を除き基本的にはデスクワークです。

長年の介護歴から腰や膝を痛めてしまっているような場合、肉体労働はつらくなるでしょう。

生活相談員から介護業界内へ転職したい方へ

ここからは、具体的に転職先や転職方法を挙げていきます。

また今の職場で何かしらの不満があるから転職するのですから、辞める理由とリンクさせて考えてみましょう。

生活相談員の経緯が活かせる転職方法とは?

①辞める理由が「待遇の悪さ」や「方針の違い」だとしたら、介護事業所の管理者を検討してみましょう

生活相談員は対人援助、しかも初対面の人や専門的知識のある人ともコミュニケーションを図る必要があります。

介護事業所の管理者は、外部・内部とも良好な関係を築く必要があります。

まさにうってつけの転職先といえるでしょう!

しかも、給与面や利用者の処遇面などで不満があるのだとしたら、自分が管理者となれば自分の考えることを反映することができます。

もちろん、管理者ゆえの業務も増えますが、慣れれば問題ないでしょう。

②辞める理由が「忙しさ」ならケアマネージャー(介護支援専門員)

介護支援専門員資格を所有しているのであれば、居宅や施設のケアマネージャーとして転職することもできるでしょう。

生活相談員は、前述してきたように利用者処遇だけではなく外部との連携も図りますから、仕事内容は多岐に渡ります。

その点、ケアマネージャーであれば基本的にサービス計画の作成、及び利用者処遇に関わることになりますので、業務内容も的が絞られます。

ただ、居宅のケアマネはご家族との連絡調整を図る必要もあるため、忙しい場合もあるでしょう。

③辞める理由が「やっぱり直接介護がしたい!」というなら介護職員

生活相談員やケアマネージャーは、相談支援業務が主となりますので、介護職員に比べれば直接利用者の介護をする機会はガクンと減ります。

本当に介護がやりたくて業界に入った人は「やっぱり利用者と接してこそ介護」という人も少なくありません。

そのため、直接介護がやりたくて辞めるのであれば、やはり介護職員への転職がおすすめです。

介護の求人はどうやって探すのがおすすめ?

地域にもよるかもしれませんが、介護職員は全般的に不足しています。

そのためハローワークに介護の求人が出ていない日はない…という地域もあるかもしれません。

また、地域に配られる月刊誌や週刊誌などの雑誌、タブロイド版の新聞などにも求人掲載があるかもしれません。

しかし、細かく条件を見たいのであれば、介護求人の専門サイトで探すのがおすすめです。

今、ハローワークなどに求人を出してもなかなか人が集まりません。

やはりネット社会ですから、インターネットで求人を掲載している法人や事業所も多くあります。

また前述したように、生活相談員であれば他事業所のスタッフとも知り合いになることが多いので、直接、聞いてみることもできるでしょう。

いきなり施設へ見学に行くのは、賢明な探し方ではありません。

求人を出していない施設であれば、迷惑なだけになってしまいます。

生活相談員から介護以外の仕事へ転職したい方へ

次に、介護業界以外へ転職する具体的な転職先や方法はどうでしょうか。

生活相談員から転職しやすい未経験OKの仕事とは?

①接客業

生活相談員は、初対面の人でもコミュニケーションを図ることが得意です。

そのため、人と接する接客業なら、未経験でも問題ないでしょう。

もちろんフード系やアパレル系だとしたら、新しく覚えなければならないこともたくさんあります。

しかし、基本的に人と人が触れ合う仕事であれば、慣れてくれば問題なく行えることでしょう。

②事務職

生活相談員は、基本的にデスクワークです。

作らなければならない資料も沢山あります。

ですから、一般的なパソコンスキルを身に着けている人も多くいます。

経理や財務など、専門的な事務になると勉強を要しますが、これも慣れが多いものです。

電話対応は、まったく心配することなくできるでしょう。

ただ規模が大きい会社になると、介護事業所内で電話を取り継ぐのとは違うルールがありますから、慣れが必要です。

③支援業務

介護以外という定義を広く捉えれば、障がい者支援制度における支援業務も入ってくるかもしれません。

また社会福祉士資格を取得しているのであれば、地域の社会福祉協議会で社会福祉士として働くこともできます。

社会福祉士資格を所有していなければ、取得すれば、病院でもソーシャルワーカーなどの道も拓けることでしょう。

いずれにしても、人と接する相談支援業務となります。

求人はどこで探すのがおススメ?

介護業界以外の求人は、地元のハローワークで希望業種を指定して探すのがおすすめです。

また介護の仕事と同様に、地元雑誌やタブロイド紙でも探すことができます。

製造業の場合には人材派遣会社に問い合わせてみると多くあるかもしれません。

転職で生活相談員の経験を上手くアピールするポイントは?

転職する際に、生活相談員としての経験を上手にアピールするポイントは、次のとおりです。

・人と接することが好き、あるいは得意
・初対面の人とでも円滑にコミュニケーションが図れる
・トラブルが起きたときでも、根気強く解決にあたることができる
・穏やかに人と接することができるので、トラブルを起こしにくい
・介護の知識が豊富なので、社員が、家族の介護問題に困っているのであれば細かくアドバイスすることができる
・資格の取得など、自らのスキルアップに前向きに取り組める

もちろん、アピールする時に「自分はこんなにスゴイんですよ」という雰囲気は決して出さないようにしましょう。

どんなに資格があって、どんなに実績や経験があったとしても、介護業界以外であれば重要視されないこともありますし、

人間性自体を疑問視されるきっかけとなるのを防ぐことになります。

まとめ

いかがでしたか?

介護業界で生活相談員として働いてきたのであれば、まずはそこまで頑張ってきた自分をほめましょう。

生活相談員は、誰でもできる仕事ではありません。

また資格や知識があるから…といってできる仕事でもありません。

辞めたくなった…、転職を決めたくなったのには、相応のことがあったはずです。

ですから転職した先ではぜひ、自分を大切にできるような仕事を選ぶようにしましょう。

良い職場が見つかりますように。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護主任を辞めたくなったときはどうすればいい?

社会福祉士の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

パート・アルバイトで介護職に就きたい方へ、志望動機を作成するときのポイントは

介護福祉士の仕事を辞めたいと思ったらどうすればいい?

介護福祉士の転職方法とは?転職先や仕事探しのポイントは?

デイサービスのパートを辞めたい、円満に退職するポイントと辞めた後の考え方