介護の退職で引き止めにあったときはどうすべき?辞めさせてくれないときの対処法とは?

退職をしようと決めた人の多くが経験すること、それが現職場からの引き留めや慰留です。

これ問題の解決はなかなか一筋縄ではいかないという場合も多く、会社と労働者の双方に権利と義務があるので難しい問題です。

でもここを突破しなければ今日までと同じ日々が明日からも続いてしまい、それは会社にも労働者にもプラスではありません。

では現職場で退職を申し出た際に引き留めをされたらどんな対応策を取ればいいのでしょうか。

介護職 退職の引き留めは違法

介護職は慢性的な人手不足にありますので、退職を申し出た場合には高確率で会社側は引き留めや慰留を行います。

新しい人材の採用と育成は短時間で達成できることではありませんし、利用者も介護士が頻繁に変わると不安を感じてしまう場合もあるでしょう。

しかし退職を希望する職員を会社側が引き留めるということは本来出来ないことなのです。

退職の意志を認めない権利は会社にはない

働き始める時に契約書と合わせて就業規則という書類にも署名をしますが、就業規則には退職に関する項目も通常は記載されています。

よく見られる文言が「退職を希望する場合は○○日前(○ヵ月前)までに申し出ること」というもので、○に入る数字は会社によって異なります。

雇用されているのですから基本的には就業規則に従い、決められた期間の余裕を持って退職の意志を伝えましょう。

この○日間の間に会社が引き留めをすることは常識的な範囲であれば仕方のないことですが、この○日間を超えて会社が過度な引き留めを行えば違法になるのです。

「退職届は受理しないと言われてシフトを作成されてしまった。」

というケースは言ってみれば強制労働と同じことになってしまいます。

職員が退職の意志を明確に表明して退職届を出した場合、これを受理しないという選択肢は会社側には本来ないのです。

退職届は採用面接の結果のような合否があるものではなく、労働者が自由な意志を表明するものなので受理をするかしないかという性質のものではありません。

民法上では希望する日の14日前に申し出れば退職することが出来る

退職の意志に対する会社の対応があまりにも不誠実な場合には法律を盾にするという最終手段に出ましょう。

この国の法律では強制労働は認められておらず、民法で退職希望日の14日前に意志を表明すれば会社が労働を強いることは違法行為となります。

この「民法上は14日前に言えばOK」という文章の解釈は複数あるのですが、この条項が出てくれば慰留を諦める会社がほとんどであると言われています。

辞める職場だからと権利を乱用して業務を混乱させることは社会人としてマナー違反ですが、きちんとしたプロセスを経てもなお引き留めが続く場合は正当な権利として行使しましょう。

介護の退職で辞めさせてくれないときの対処方法

退職を申し出た時の引き留めは実際にされてから対処するのではなく、退職の意志を職場に伝える前に準備をしておくのが得策です。

もしこの先ワンランク上の資格取得を目指す場合などには、受験資格を証明するために在職していた期間を証明する書類を前職場に出してもらわなければいけません。

そういったことがなくても健康保険や年金の手続きなどがありますから、前職場との縁はすぐに切れるわけではないので円満退職が1番望ましいのです。

現職場の利用者が何らかの事情であなたの次の職場にサービスを受けにくるという可能性もありますのでよく考えて行動しましょう。

退職を申し出る時には事前に準備をしよう

退職の意志が自分の中で確定的になったら「退職の相談」ではなく「退職の申し出」というスタンスで該当の上司や部署と話をしましょう。

この時までに必ず決めておくべきことが「何月何日で退職をする」という具体的な日付の希望です。

例えば「退職しようと思うのですがいつ辞めてもいいでしょうか」という相談の仕方はあまり望ましくなく、引き止めどころか退職自体をうやむやにされかねません。

自分が担当している業務やシフトの作成時期などを総合的に考えて、常識的に無理のない日程を事前に考えた上で申し出を行いましょう。

既に有休が付与されているなら有休を利用して新たな就職先を探しはじめるという方法もあります。

引き止めにあっても「次の職場が決定している・内定をもらっている」という事実があると会社側も無理な引き止めはしにくくなります。

引き継ぎが必要な仕事を持っていれば後任への引き継ぎのスケジュール・最終出勤日の計画などは希望として事前に考えて行くようにしましょう。

退職意志を強く持つことが1番大切

昨今はパワハラ訴訟の増加などで企業もコンプライアンスには敏感になっており、「退職は認めない」と問答無用ではねつけるケースは減ってきているようです。

その代わりに多いケースが「仲間を思いやって欲しい・利用者が気の毒だから」と人情に訴えてくるタイプの引き止めです。

このタイプは言われる側にとってはとてもダメージが大きく、言葉によっては自分がとても冷たい人間だとさえ感じてしまいます。

でも冷静に考えてみましょう。

今の職場を辞めようと決意した背景には必ず何かの理由があるはずで、実際に辞めるという行動を起こすまでにも何度も考えているはずです。

何を優先していきたいのかと考えた決断までの過程と自分に自信を持つことが重要で、会社の意志よりも自分の意志を尊重することは時にとても大切なことです。

敵意ではなく、強い意志を持って自分の希望を会社側に伝えられるように話し合いに臨みましょう。

まとめ

仕事を始めること・辞めることは本来個人の自由であり、それぞれに決定権があるものです。

しかし慢性的な人材不足に陥っている現在の介護業界では「辞める=悪」とされてしまう現実も存在しています。

利用者への思いが強い介護士だと、人員が欠ければ利用者に迷惑がかかるということから引き止めに対して強く出られないというケースもあるようです。

でも上述したように過剰な引き止め行為は違法なことで、職場を選ぶ自由は労働者にあるのですから意志を強く持って行動に移しましょう。

今の職場を辞めたら一次的に迷惑をかけるかも知れませんが、次の職場で役割を果たし頑張っていけばそれで社会に対しての責任は立派に果たすことが出来るのです。

利用者に尽くす介護士であるからこそ、自分も大切にしてあげることを忘れないようにしたいですね。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー介護」がおススメです。

――ジョブメドレー介護の特徴――

①あなたを必要とする保育園からスカウトメールが届く

ジョブメドレーの利点は あなたを必要としている保育園があなたを探し出し、直接スカウトメールが送られてきます。

スカウトメールが来たら確認して、良かったら是非応募してみてください。

②早めの応募で選択肢が広がる

ジョブメドレーでは日々新しい求人案内が掲載されていきます。

応募は自由です、興味があったら応募してみてください。

実際に会って話してみることが転職の上で何より大事です。

③転職、復職でお祝い金を贈呈中


電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護以外の仕事に興味がある方へ!転職しやすい異業種の仕事とは?

腰痛に悩まされている介護職の方へ、普段からできる腰痛予防法とは?

介護職だけど職場の人間関係がひどくて辞めたい、、、そんなときはどうする?

自分は介護に向かない性格?仕事に向いていなくて辞めたいと悩んでいるときは

訪問介護で家族からクレームを受けてしまったときの対処法とは?

介護職が3Kと呼ばれるのはなぜ?介護の現場で今後、改善が望まれることは?