介護職員の目線から見た!特養と有料老人ホームってどう違うの?施設の特徴や働き方、待遇の違いとは

介護施設の中には老人施設、老人ホームといろいろな名称で呼ばれているところがあり、施設形態や職場環境も違います。

施設の気なるポイントや転職の際に比べてみたい点など、ご参考になれば良いと思います。

今回は特別養護老人ホーム(特養)と有料老人ホーム(有料)の違いをお伝えしたいと思います。

特養と有料老人ホームの基本的な違い

施設の目的

特養

特養は公的に運営されている介護施設で、低価格で充実したサービスが受けられ、

基本的には最後まで生活できるところな為、利用者さんやご家族にとっても安心できるところと言えます。

有料老人ホーム

有料は高齢者のための民営経営の老人ホームで、3種類に分かれています。

「介護付き有料老人ホーム」「住居型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」があります。

<介護付き有料老人ホーム>

特定施設入居者生活介護という指定を受けています。国が定めるサービス基準を満たしており、この指定を受けている施設のみが「介護付き」と公にいうことができます。

食事提供・入浴・日常生活全般の介助・リハビリが受けられます。

<住居型有料老人ホーム>

介護が必要になった場合は、入居費の他に介護サービス費用を別途支払わなければなりません。

食事提供・日常の世話(掃除、洗濯など)あり。

<健康型有料老人ホーム>

介護が必要のない方が利用でき、自立した高齢者のための施設です。介護や日常的な医療ケアが必要になった場合は退去しなければなりません。

入居条件

特養

特養は65歳以上で要介護3以上方ですが、特定疾病の認定を受けている方なら、40~64歳までの希望者にも入居が認められています。

また、特例による入居が認められた要介護1~2の方です。

有料は60歳以上で介護専用型の有料老人ホームなら要介護1~5まで、混合型なら自立~要介護5までと幅広く、施設によって入居できる基準が違います。

また、入居金が必要なところが多く、数千万円のところもあります。

サービス内容

特養は食事面では家庭と同等の内容で提供することが義務付けられており、調理方法や保温基準なども厳しく管理されています。

体調によっては、食事を細かく刻むなどの対応もしてくれます。

入浴は週2回が義務付けられており、麻痺や介護度が高くても特殊な浴槽や機械浴で入浴をさせてくれますし、施設によっては入浴剤を入れたりと満足度をあげてくれることもあります。

掃除や洗濯は業者が入って、定期的に行ってくれますが、洗濯たたみや居室が個室なら簡単な掃除を日課として行うこともあります。

排泄介助はどこの施設でも行っています。

介護度が高くても、尿意・便意がなくても職員が介入し介助します。

施設内での自立支援のために、リハビリを行います。

食事やトイレ動作など日常動作を、できるだけ自力でできるように支援します。

また、毎日の生活をしている中で楽しみを提供するために、季節ごとに行事を取り入れ、外部からのボランティアや近所の保育園や幼稚園との交流をしている施設もあります。

終のすみかとして生活しているので、「看取り」もあります。平均約70%の特養で看取りを実施しています。

有料は必要なサービスを不足なく受けることができます。

食事や入浴、排泄、着替えなどの介助が行われます。

生活支援として、洗濯や掃除などの日常生活のサポートや買い物、行政手続などの代行サービスなど多くのサービスを行います。

利用者さんも金額相応にサービスを求めることが多く、介護技術だけでなく接遇マナーをより重視し、きめ細かく丁寧なケアが求められます。

ただ、施設によっては、アットホームな有料もあり、高級な施設ばかりではないようです。

特養と同じように毎日を過ごしているので、季節のイベントや外出イベント、利用者さんのコーラスやゲートボールなどのサークル活動や出張販売、演奏会など盛んに行われています。

また、多くの施設で日常生活やレクリエーションを通じてリハビリが行われています。

医療などのサポートも万全ですが、「看取り」を実施するのは平均約30%と特養より低い数字がでています。

設備の内容

特養は従来型とユニット型があり、従来型では4名1つの部屋で生活しています。

ユニット型では10の個室とダイニング・浴室・簡易キッチンが共有となり、トイレも共有のところもありますが、洗面所とトイレが各個室にあるところもあります。

有料は施設内が綺麗で、基本個室となっており、居室内にトイレ。

洗面も完備されているところが一般的です。共有スペースとしては食堂・浴室・ラウンジなどがあります。

働いている職員の内訳

特養はほとんどが介護職員です。

医師が常駐している義務がなく、医師が非常勤の場合もあります。

利用者100人に対して医師は1人、看護師は3人とされています。

比較的介護度が重いのですが、日常生活を行うための施設なので、老健や介護療養型施設とは違い、

医療ケアよりも介護ケアに重点を置かれている為、医師・看護師の配置が少ないのです。

また、施設によってはリハビリスタッフとして、理学療法士や作業療法士が配置されているところもあります。

有料は介護保険法のもと、「3:1」という人員体制が最低基準で設けられています。

要介護・要支援2の高齢者3人の利用者に対し1人の介護職員が配置しなければなりません。

施設によっては、「2:1」と手厚い人員体制のところもあります。

ただし、夜間は人数が少なくなるのが一般的です。

また、夜間に介護職員と看護職員が常駐しているので、体調が急変しても対応できるようになっています。

リハビリ職員も常駐しているところが多く、日常生活やレクリエーションを通じた歩行訓練やトレーニングなどを実施する施設が多く、設備も整えられています。

働く前に知っておきたい!特養と有料老人ホームでは働き方にどんな違いがでてくる?

特養では、日常生活を送るために介助をすることが多く、決まった時間に食事などを提供する、入浴介助をするなど、入職したばかりでも覚えやすい日常の勤務があります。

有料では介護度の低い方も多く、自立されている方も多いため、オンコールによってケアをする事があります。

決まった介護だけではなく、細やかな気遣いが必要で、接遇マナーを常に求められているところがありますから、接遇を学びたい方には良い職場だと思います。

働く前に知っておきたい!特養と有料老人ホームの待遇面の違いとは

特養の平均税込月収は194,200円、有料の平均税込月収は203,800円(公益財団法人介護安定労働センター平成27年度介護労働実態調査)です。

特養のほうが初任給ベースは高いのですが、有料は複数の施設を経営している会社も多く、本人の頑張り次第ではホーム長や運営などのキャリアアップも多様です。

また、ポジションも多くありますので、施設の移動はありますが、スキルと経験を高めていくことができます。

また、待遇面は会社や施設によって違いが大きく、賞与なども差があるようです。

有料の方が複数の施設を経営しているためか、一般企業と同じように手当や支援制度を実施しているところが多いようです。

同じ介護職でも施設の種類によって求められている事が違い、目的も変わってきます。

毎日の生活を支えながら、看取りを行う特養と、毎日利用者さんからの違った要求にも応えられる介護者が必要な有料があります。

これから高齢者もますます増加し、介護職員の求人も増えていくと思われますが、

働こうとしている施設がどんな目的を持っているのかをふまえて、施設を選んでいけると良いですね。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

ケアハウスってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

介護職員の目線から見た!グループホームと老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

ケアハウスを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

小規模多機能型居宅介護とは?介護職の仕事内容や給料・待遇は?

グループホームってどんなところ?介護職の仕事内容や給料・待遇は?

介護老人保健施設の仕事がきつい・辛いと感じるのはこんなとき