介護職員の目線から見た!特養と老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、待遇の違いとは

高齢者が増える中で、高齢者受け入れの施設も多様化しています。

入所する利用者にとっても、働く職員にとっても、どのような施設を選べば良いのか迷うところです。

今回は、特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いを比べて見たいと思います。

特養と老健の基本的な違い

それぞれの施設の目的

特別養護老人ホームとは?

「特養」という略称で呼ばれています。

介護保険法では「介護老人福祉施設」と表記されています。

日常的な介護を必要とする高齢者に、介護と生活援助サービスを提供するための施設です。

公的に運営されている介護施設のひとつで、低価格で入居できるため非常に人気が高く、

一度入居すると、基本的には最後まで入居し続ける事ができるので、利用者さん本人、ご家族にとって魅力的で安心できるところといえます。

介護老人保健施設とは?

「老健」という略称で呼ばれています。

主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護者が入居できる施設です。

病院とじたくの中間的な役割があり、自宅復帰を目指してリハビリ中心の施設といえます。

入居期間は基本的に3ヶ月~1年ほどであまり長い期間ではありません。

それぞれの入居条件

特養の入居条件

特養に入居するための条件は、基本的には65歳以上で「要介護3以上」の認定を受けていることです。

特定疾病と認定されている場合には、40~64歳までの希望者にも入居が認められます。

また、特例により入居が認められた「要介護1~2」までの方もいます。

公的な施設なので、入居金などの初期費用はかかりません。

老健の入居条件

老健に入居するための条件は、65歳以上で「要介護1以上」の認定を受けていることです。

公的な施設なので、入居金などの初期費用はかかりません。

それぞれのサービス内容

食事ついては特養・老健ともに、家庭と同じような食事を提供するという義務が施設側に課されています。

このため、調理や保温方法などは厳しい管理体制があります。

また、体調や症状にあわせて形態を変えるなど、食べやすい食事をだしてもらうことが可能です。

入浴についても特養・老健ともに、入居者を週2回入浴させる義務があります。

体調にあわせて介助を行い、施設によっては機械浴などによる寝たまま入れるようなサービスも行っています。

設備の内容

特養も老健も設備に関しては、公的に基準が定められています。

どちらも、個室・多床室・ユニット型個室など各施設によって構造が違います。

従来型の施設は4人ひと部屋の相部屋が主流でしたが、最近では、プライバシーの問題や利用者さん一人ひとりの生活のペースに合わせ、

今までの生活・個性を活かせるような家庭的な雰囲の中でケアが行えることから、個室タイプの居室が増えています。

ユニット型個室が多く、10部屋を1ユニットとし、10個の個室に対してダイニング・簡易キッチン・浴室を共有し、

トイレは共有のところもありますが、トイレと洗面所が各個室についているところもあります。

利用者さんにとって、個人のスペースも取れてダイニングでは他の利用者さんとコミュニケーションが取れるので、ユニット型個室が人気となっています。

働いている職員の内訳

特養は医師の常駐の配置を義務付けられていませんので、健康管理や療養上の指導を行うために必要な人数がいればよく、非常勤が週に2回ほど診療を行うという施設もあります。

日常生活を送り続けられるように、リハビリ専門職が配置されている施設も増えてきていますが、

機能訓練指導員として理学療法士・作業療法士・言語療法士・看護師・准看護師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師いずれかの資格を持つ人が配置されている施設が多いのも特徴です。

日中の常勤換算は利用者100人対し看護師・介護士の割合は「3:1」で、どの施設も遵守されています。

利用者100人に対し医師は1人、看護師は3人で夜間はどちらも常駐していません。

老健は利用者100人に対し1人の医師が常駐し、利用者の医療ケアや健康管理や緊急時には対応することが義務付けられています。

夜間に看護師も配置され、緊急時には医師との連絡もすぐに行えるようになっています。

自宅復帰を目指しリハビリを行うため、リハビリ専門職の職員も多くいます。

機能訓練士として理学療法士・作業療法士・言語療法士ものいずれかの資格を持つものが利用者100人に対し1人配置が義務付けられています。

老健の日中常勤換算は看護師・介護士と利用者との割合が「3:1」と法規制があり、利用者100人に対し看護師・介護士は34人必要です。

また、看護師・介護士の割合にも制限があり、看護師は介護士に対して7分の2と決められており、34人中9人が看護師、残り25人が介護士となります。

また、上記は常勤換算なため、夜間は特養も老健も介護職員の人数が変わり、2ユニットを1人でケアする施設もあります。

働く前に知っておきたい!特養と老健では働き方にどんな違いがでてくる?

特養における働き方

特養は、利用者さんが生活をするための施設で、「終のすみか」として施設での生活を支える介護が仕事となります。

食事・入浴・排泄などの日常生活の介護をするサービスを行います。

介護度が高い利用者さんが多めであるのと、最後まで生活する施設なので「看取り」があり介護をする側にとって精神的負担がある方もいるでしょう。

毎日の業務はシフトごとに(早番は入浴介助、遅番はレクリエーション担当など)明確に分かれていると思いますので、初心者の方も覚えやすいと思います。

老健における働き方

老健は、自宅復帰が目的ですが、特養の入所待機のために老健にいる方もいます。

食事・入浴・排泄などの日常生活の介護をするサービスは特養と同じですが、

老健はリハビリ目的なので、できることはご自分でしていただく事が多くなり、介護士がやれば早いことでも見守りをして、利用者さんを促していくことも仕事のひとつです。

「看取り」は行わない施設がほとんどなので、精神的負担が少ないといえます。

が、最近では、老健でも「看取り」をするところがありますので、自分が入職前に確認したほうが良いでしょう。

リハビリを頑張って機能回復や、自宅復帰をするときの利用者さんの喜びをみる事ができます。

働く前に知っておきたい!特養と老健の待遇面の違いとは

特養の平均税込月収は194,200円、老健の平均税込月収は227,000円(公益財団法人介護安定労働センター 平成27年度介護労働実態調査)です。

どちらも賞与が手厚いなど、より福祉厚生面が充実している施設が多いです。

老健の月収が少し高いのは、夜勤手当が高いところが多いためだと思われます。

また、老健は制服があるところが多く、支給されます。

特養は制服があるところもありますが、自分でチノパンツを用意する、私服に制服代わりのエプロンを着用するところもあるようです。

また、資格手当・昇給等は施設によって違いがありますので、面接などのときに確認しましょう。

老健は夜勤、明け、休みのシフトが多いようですが、特養では準夜勤というシフトがあり、夜勤、明け、夜勤という働き方のため、夜勤明けが休みになるとは限らないようです。

特養と老健の大きな違いは、老健は医療従事者が配置されていて急変時も安心できること、

特養は最後まで生活でますがが、老健は3ヶ月~1年ほどで施設をでなくてはならないこと、と利用者さん側の違いが掲げられます。

言い換えれば、特養では毎日の生活を充実させるためのお手伝いを、老健ではリハビリのお手伝いを他職種の職員と共にしていくことになります。

自分がどのような介護をしていきたいかによって、施設を選んでみてはいかがでしょうか?

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護老人保健施設を辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

介護老人保健施設で働く相談員の仕事内容や給料とは?

グループホームの仕事がきつい辛いと感じている方へのアドバイス

有料老人ホームの仕事がきつい、辛いと感じている方へのアドバイス

グループホームで働くケアマネの仕事内容とは?

介護職員の目線から見た!特養とグループホームってどう違うの?施設の特徴や働き方、...