特別養護老人ホームってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?

特別養護老人ホームでの介護の仕事に興味はありますか?

「介護の仕事をしたいけど、どの施設が自分に向いているだろうか?」
「特別養護老人ホームってどういう施設?」

と気になっている方へ。

この記事では、私の勤務経験をもとに、「特養における介護職の働き方や給料、働く上での良いところ・良くないところ、求人を探すコツ」など、働く前に知っておきたいことをご紹介しますので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです!

特別養護老人ホームってどんなところ?

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームは「特養」とも呼ばれ、65歳以上の要介護が必要な方が対象の入居施設です。

利用者の増加に伴い、2015年4月からは入居できるのは原則「要介護度3以上」の方に変わりました。

他の施設と比べると利用費が安いため、待機者が多くいるのが現状です。

特別養護老人ホームには従来型とユニット型(新型特養ともいいます)があります。

従来型は数人の相部屋でトイレやお風呂、リビングが共用になっています。

対してユニット型は10人以下の一ユニットで構成されていてトイレ・洗面台付の個室でリビング・お風呂は共用です。

特養ではどんな方が働いている?

特別養護老人ホームではどんな方たちが働いているのか紹介します。

医者・看護師

医者から指示を受け医者と共にご利用者の健康管理をしています。

介護職員

ご利用者が快適な生活を送れるよう介護します。

介護支援指導員(ケアマネージャー)

ご利用者と介護関係の事業所を繋げてくれます。

栄養士

ご利用者の栄養を考え献立を作成したり、衛生管理します。

調理師

栄養士が考えた献立調理します。

事務

電話や受付対応。ケアマネのサポートやその他事務全般を行います。

この他にも作業療法士や理学療法士がいる施設もあります。

特別養護老人ホームにおける介護の仕事内容とは

介護士の主な仕事内容

排泄介助

排泄介助は寝たきりのおむつ交換や陰部の洗浄です。

寝たきりの方は尿路感染症を起こしやすいため陰部の清潔を保つことが大切です。

また、自力でトイレに行くことが難しい方や上手に排泄できない方の一部介助を行います。

入浴介助

ご利用者を順番にお風呂に入れ体や頭を洗うお手伝いをします。

食事介助

自力で食事ができない方の為に職員が付き添いで介助します。

介護度によって一部介助から全介助までします。

食事を配膳し食事中喉を詰まらせたり食事が進んでいるか確認も行います。

雑務

施設によりますが、各居室のシーツ交換・トイレ掃除・オムツのゴミ捨て・日用品やおむつの補充を職員が行います。

記録やチェック表の記入

ご利用者の排泄時間・量のチェック。食事量・水分量のチェック。日常の様子などを記録表に記入し看護師に報告します。

特養における1日の仕事の流れ

1日の仕事の流れはこのようになっています。

7時―朝食配準備・起床準備・着替え
8時―食事
9時―歯磨きやトイレの介助
10時―シーツ交換・記録記入
11時―昼食配膳準備・トイレの介助
12時―昼食
13時―歯磨き・トイレの介助・お昼寝の介助
14時―記録記入・ご利用者と雑談
15時―おやつ提供・レクリエーション
16時―夕食配膳準備・トイレの介助
17時―夕食
18時―歯磨き・トイレの介助・着替え

日中はこのような流れになっています。

従来型は日中の間入浴を行っていますが、ユニット型では午後のみ入浴を行っているような施設もあります。

特別養護老人ホームで働く上で知っておきたいこと

特養の給料・待遇はいくらくらい?

介護職の年収は2016年度で309万程。月収で考えても20万弱ですね。

やはりまだ給料は高くありません。

参考までに、私のいた特別養護老人ホームでは月収23~25万でした。

・基本給:17万円(昇給制度あり)
・介護職員処遇改善加算:2~4万円(月によって変動あり)
・資格手当:1万円(介護福祉士の場合)
・住宅手当:25,000円
・夜勤手当:5,000円(1回あたり)

このような給料の振り分けでした。

特養で働くメリット・デメリット

特別養護老人ホームで働くメリットとデメリットをご紹介します。

メリットは「介護の技術が上がること」です。

特別養護老人ホームは介護度が重い方が多いので、介助をしているうちに自然と技術が身につき、手際よく仕事ができるようになってきます。

デメリットは「身体的な負担が大きい事」です。

やはり介護度が重い方の介助をするので、腰を痛める方は多いです。実際ヘルニア持ちの職員を何人も見てきました。

しかし、腰痛ベルトを着け介助のコツを知ることで腰を痛めず働くこともできますので、これから介護の仕事を考えている方は腰を痛めないコツを知っておくのが良いでしょう。

特養の求人を探すときのポイント

特別養護老人ホームの求人を探すにはどこを見ればよいのでしょうか?

求人票を見るときは、月給だけではなく、待遇面もチェックしておくことが大切です。

待遇がしっかりしていれば給料はそこまで低くないはずです。

給料の金額だけ見てしまうとベテラン並の給料額が表示されており、いざ働き始めると給料が低いのです。

資格の有無で金額も変わりますので待遇が良い求人をお勧めします。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

特別養護老人ホームの仕事の様子が少しでも伝われば幸いです。

「介護は大変だ、汚いお仕事だ、給料が安い。」など言われることもありますが、一方でやりがいもあり、ご利用者からの感謝の言葉や何気ない言葉が胸に響くものがあります。

興味がある方は一度、特養での介護を経験してみてはいかがでしょうか?

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

グループホームってどんなところ?介護職の仕事内容や給料・待遇は?

グループホームを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

有料老人ホームの仕事がきつい、辛いと感じている方へのアドバイス

介護職員の目線から見た!有料老人ホームとグループホームってどう違うの?施設の特徴...

介護職員の目線から見た!特養と老健ってどう違うの?施設の特徴や働き方、待遇の違い...

介護老人保健施設の仕事がきつい・辛いと感じるのはこんなとき