特別養護老人ホームで働く相談員の仕事内容や給料とは?

特別養護老人ホームの相談員の仕事に興味はありませんか?

この記事では特養における相談員の働き方、給料や待遇、仕事探しのポイントについてご紹介しています。

これから就職を考えている方は参考にしてみてくださいね。

特養ってどんなところ?

特養とは「特別養護老人ホーム」と言い、主に生活全般に介護が必要な方の生活の場です。今では入所の要件として、原則要介護3以上の人しか入所できません。

さらに、有料老人ホームやグループホームと比べて費用が安いので人所希望者もたくさんいるのが現状です。

その中でも介護度の高い人が優先的に人所するので施設に入っているほとんどの人は要介護4、5となっています。

特養で働く相談員とは?

相談員とは「生活相談員」のことを指します。

入所者100名までに1名設置しなければならないといった基準があり、文字通り色々な人の相談を受ける立場の人です。

主に入所者やその家族、入所を希望する人の相談窓口として役割を担っています。

特養で働く相談員の主な仕事内容とは?

①新規入居者にかかる入所手続き

「問い合わせから申し込み」

入所を希望している人やその家族に対して、見学対応や施設の特徴の説明、生活にかかる費用について説明、申し込みの対応と順番待ちをしている人への状況確認を行います。

「入所判定委員会を開催し受け入れ可否の判断」

入所前には実際にその施設で対応ができるか確認するための本人面接、面接などの情報をもとに施設長や看護、介護部門の職員と受け入れについて話し合う入所判定委員会を開催します。

「入所契約から入所当日まで」

入所判定委員会の結果に基づき受け入れ可否の報告、入所に向けての契約説明、現場職員への説明、入所当日の受け入れ手続きを行います。

一人施設入所するだけでもこれだけの仕事内容があります。

②入所後のケア・家族への対応

「家族と施設の仲介役」

入所後に本人や家族からの施設への要望や苦情を聞き、内容によっては上層部や現場報告することや、逆に現場から家族話があるときなど、内容によっては相談員から説明することがあります。

「施設を退所の手続き」

退所までの相談や対応、退所日のを現場職員へ伝える、契約解除の手続き、退所の見送り。
入所だけでなく、退所する時もこれらの手続きを行います。

③実習生の受け入れ業務など

外部との窓口であることから、ボランティアや実習生の受け入れをすることもあります。

相手側と打ち合わせやボランティア、実習内容の確認、当日の案内などを行います。

その他にも、入所者が受診や行事などで出かけるときには運転手を務めることもあります。

このように相談員は人に対して説明する、確認することが非常に多い職種と言えます。

施設によっては、介護保険の請求業務や設備の修繕をしているところもあります。

雑務も多いことから「施設の何でも屋」といった側面も持っています。

特養で働く相談員の1日のスケジュール

出勤後、メールや連絡物のチェック。

前日からの仕事の残りや施設長等上司からの業務命令の確認。

見学や面接、契約予定があればその対応。内容にもよりますが1件につき約1時間を見ておきます。

予定がない時には、入院中の利用者がいれば病院に問い合わせ病状の確認。提出書類の作成。

電話での問い合わせ、飛び込みでの見学等の対応。

現場をまわり、入所者や現場職員から相談がないか確認。家族からの相談対応。

入所を待っている人へ現在の状態や希望を電話で確認。行事がある時はその手伝い。退社前に明日の予定の確認。

相談員は決まった時間にする仕事というのは少なく、急に仕事が入ることが多い職種と言えます。

相談員になるために必要な資格は?

特養の生活相談員になるには資格が必要です。

主な資格は「社会福祉士」「精神保健福祉士」の国家資格、「社会福祉主事」の任用資格が必要なところが多いです。

社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格は4年制の大学などで専門的な授業を受けて、実習に出ることで初めて受験資格を習得し、国家試験に受かることで習得することができます。

社会福祉主事は定められた教科を受講することで習得することができます。

しかし、自治体によってはその他の資格でも相談員になれるところがあるので確認が必要です。

特養の相談員として働く前に知っておきたいこと

相談員の給料はどのくらい?

待遇については、 地域や施設ごとに差があり ますが、だいたい 20万円から25万円ぐらいです。

持っている資格よって多少の変動があります。

社会福祉士などの国家資格を持っているほうが社会福祉主事などの任用資格に比べて数万円多い傾向にあります。

それ以外にも施設ごとに手当がつくケースもあります。

相談員としての良いところ、大変なところ

相談員として働くことの良いところは、ある程度仕事を自由に組み立てられるところです。急な相談もありますが毎日ではないので、ある程度のコントロールができます。

自分で仕事のスケジュールを組み立てられる人向きだと言えます。

また、 現場と違いデスクワークが多くなりますので、腰痛などになる可能性が低くなります。

大変なところは施設に相談員の同僚が少ないことです。

入所者100名につき 1名なので、大きな施設でも2、3名で小さい施設になるとほとんど1 名しかいません。

ですから、相談員として困ったときや問題が発生した時等、相談員同士で話し合うことが難しいと言えます。

また、入所者全員分の情報を把握しておかなければいけません。

求人を探すときのポイント

「①応募する施設の規模をチェックする」

介護職に比べて求人数が少ないのである程度探す期間が必要となってきます。

求人があったからと慌てて応募せず、まずは施設の規模を確認してそこに他の相談員がいるか確認しましよう。

特に相談員未経験であれば、同僚がいて相談することができる環境が望ましいと言えます。

相談員が複数いる施設はある程度の規模が必要です。小さい施設では一人しか相談員を置いていないところがあるのです。

逆に経験者で自分はバリバリできる人は逆に小規模の方が、担当する人数が少ないのでやりやすいのかもしれません。

「②入所者の在籍期間をチェックする」

また、入所者がどのくらい在籍期間もポイントとなってきます。

相談員は受け入れを担当しますので、在籍期間が短い施設は入所者の出入りが多いということになり、仕事の件数が多くなるということになります。

また、在籍期間が短い入所者や家族は関係性を築くのが難しく、トラブルも起きやすいといったこともあります。

在籍期間を調べるには厚生労働省と都道府県が運営している「介護サービス情報公表システム」といったサイトにのっていることがあります。

「③入社後に現場配属となるかをチェックする」

問い合わせの時には、すぐに相談員として採用されるのか、一度現場を経てから相談員になるのかそのあたりも確認が必要です。

業務上、入所者の情報を把握するといった名目で一度現場に配属されることがあります。

もちろん現場での経験は必要なことだと思いますが、相談員として採用されたのであればいつまで現場で勉強するのか確認しておきましょう。

まとめ

特養では相談員は1名以上必須となるので求人はなくなることはありません。

しかし、必要な人員が少ないため、求職期間も長引くとなりやすいです。慌てず急がずの気持ちで動きましょう。

人に説明をしたり、相談を受けることが好きな人は、相談員に向いていると思いますので是非働いてみてはいかがでしょうか。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護老人保健施設の仕事がきつい・辛いと感じるのはこんなとき

有料老人ホームを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

介護職員の目線から見た!特養と有料老人ホームってどう違うの?施設の特徴や働き方、...

特別養護老人ホームを辞めたいと思ったら。次の就職先や求人の探し方とは?

デイサービスの仕事がきつい、辛いと感じている方へ

有料老人ホームってどんなところ?介護の仕事内容や給料・待遇は?