夜勤のおすすめの暇つぶし方法とは?夜勤で手が空いてるときは何をする?

利用者さんも寝静まっている夜。夜勤の時は、時が過ぎるのがことさら長く感じられるのではないでしょうか。

皆さんは、夜勤の時にどうやって過ごされていますか?

コール対応で走り回って、すごく忙しい!という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、日勤帯より、比較的自由な時間も取れるのではないでしょうか。

施設によっては、暇すぎて眠くなってしまう、朝までの時間が長過ぎる!と感じている方もいるようです。

そんな、夜勤の時におすすめの過ごし方を挙げてみました。

介護夜勤の暇つぶし方法①:1 日中にできない仕事をする

暇な夜勤といっても勤務中。やっぱり基本的には仕事をする時間です。

夜勤の時にこそはかどりそうな、こんなお仕事はどうでしょうか?

レクレーションの用意

手芸、工作系のレクをする時は、材料を用意したり、進めやすいように下準備をしておいたりなど、ある程度用意が必要ですよね。

ハサミや針など、日中に出して置いたら危険な物品も、夜間なら用意しやすいです。

体操や歌などのレクでも、進行を考えたり、歌詞や図を用意したりなどの準備が必要な時もあります。

しっかり準備しておけば、レクを進めやすくなりますよ!

委員会や行事等の仕事

大きな施設なら、委員会活動や、対外的な方への担当が割り当てられているところもあるでしょう。

小規模の施設でも、行事など、何らかの係があると思います。

日々の業務と違う業務を行うのに、夜勤は最適です。

行事の企画など、忙しい日中と違って、まとまって考える時間がある夜間は、いいアイディアが浮かぶかもしれません!

パソコンを使う仕事

日中は利用者さんに気を配らないといけないので、なかなかパソコンに集中して向かう時間が取れないと思います。

少ない台数のパソコンが、取り合いになることも。

でも、夜間ならそんな心配もありません。

パソコンが苦手で時間がかかる方も、夜間なら気兼ねなく使うことができますね。

ケース記録等読み返す

ケース記録は、毎日つけていると膨大な量に。

数日前くらいなら、何か変わったことがないかチェックするでしょうが、まとめてゆっくり読

むということは、なかなかないと思います。

空いた時間にまとめて読んでみたら、意外な発見もありますよ!

何年も入居している利用者さんなら、昔はこんな姿だったんだ…と思うこともあったり、おもしろいエピソードが記入されていたりするかもしれません。

また、他の職員さんの記録のつけ方が、勉強になることもありますよ。

掃除、片づけ

詰所は様々な職員さんが使います。

忙しくて、つい物を散らかしたままだったり、物がぎゅうぎゅうに詰め込まれていたりしていませんか?

夜間なら、その片づけにもってこいです。

また、利用者さんの居室は、夜は休まれているので掃除はできませんが、共用スペースは夜間の方が掃除しやすいです。

施設がピカピカになっていたら、皆さんに喜ばれますし、仕事もはかどりますよ!

でも、掃除に熱中しすぎて疲れないようにして下さいね。

介護夜勤の暇つぶし方法②:コミュニケーションを取る時間に

夜中に人と話すと、不思議と本音で話せることが多いです。

だから、夜勤の時は他の職員さんと仲良くなれるチャンス!

他の人の仕事に対する考え方を知ることができたり、共通の趣味を発見したり。

相手のことを理解したら、仕事もすごくやりやすくなります。

普段はあまり話さない人とも、ぐっと距離を縮めることができますよ。

もちろん、仲の良い人との夜勤なら、辛い夜勤も楽しいおしゃべりで乗り切れます!

クリスマスやお正月など、世の中がイベントの日の夜勤は残念ですが、

休憩中にプチプレゼント交換をしたり、カウントダウンをしたりなど、ささやかにお祝いするのも楽しいです。

もちろん、盛り上がり過ぎは禁物。コールや物音が鳴ったら、サッと仕事モードに切り替えて下さいね。

夜にコミュニケーションを取りやすいのは、職員だけでなく利用者さんも同様です。

日中はなかなかゆっくり話を聞く時間も取りにくい場合、不安な方のお話を眠る前に聞いてあげたり、夜中になかなか寝付けない方と話し込んでみたり…

利用者さんの人生の一端が見えることもあり、夜勤の時に話すのはなかなか良いですよ。

介護夜勤の暇つぶし方法③:栄養補給に…夜食を楽しもう!

長い夜勤中は、夕食を食べてもお腹がすいてきますよね。

夜中に食べるのは、美容や健康にはあまり良くないでしょうが…

でも、夜通し働くのですから、適度な栄養補給は必要です。

かなり動く夜勤の方は、腹持ちの良いものがよいでしょうし、

比較的暇な夜勤の方は、ちょっとずつ食べられるものや、眠くならないようにちょっと刺激のあるものが良いかもしれません。

チームで夜勤をする場合は、持ち寄って食べるのが楽しいですよ!

手作りお菓子やおにぎりなどを差し入れたら、あなたのポイントもアップです!

新発売のお菓子を買って、皆で品評会をするのも楽しいです。

一人夜勤なら、好きなスイーツを買っておき、仕事が一段落した時に食べるのも、夜勤の楽しみになりますよ。

介護夜勤の暇つぶし方法④:更にステップアップ!勉強の時間に

介護のお仕事をしていたら、ステップアップのために資格の勉強をしている方も多いと思います。

でも、仕事をしながら勉強の時間を確保するのは大変ですよね。

そんな時、夜勤の空き時間は有効に使えます!

家にいたら、ついTVをつけてしまったり、小腹がすいてしまったりと、気が散ってしまいがちですが、職場ではあまり気が散る要因もありません。

時間が限られているので、かえって集中して勉強できます。

チームで夜勤をしている施設なら、他のメンバーに教えてもらえることもあります。

これは家で一人で勉強している時にはない、大きなメリットです。

ただ、頭を使って疲れてしまう可能性もあります。

仕事に支障が出ない程度にして下さいね。

介護夜勤の暇つぶし方法⑤:ひそかな趣味の時間に

夜勤は一応勤務時間なので、全く仕事に関係ないことをするのは、おおっぴらにはお勧めできませんが…

でも、ほとんど宿直と変わりないような夜勤の方も、中にはあるようですね。

そんな方は、退屈過ぎると寝てしまうかもしれませんので、趣味や娯楽の時間にしてしまうのもいいかと思います。

手軽に楽しめるのは、テレビ、本、漫画、ゲームなどですが、これらは、コール対応などあった時に、良いところで中断されてしまう可能性があります。

クロスワードや数独などのパズル系の遊びや、ネットサーフィンなどは、途中で中断しても、すぐに続きに入れるのでいいかなと思います。

ストレッチや筋トレのような、軽く身体を動かすのは、眠気覚ましになるし、ずっと座りっ放しの身体をほぐすためにも良いです。

編み物、折り紙など手先を使う趣味も、はまったら楽しいし、中断しても続きをしやすいので良いです。

しかも、利用者さんとも楽しめますし、作品を居室や詰所に飾ったり、使ってもらったりできるのもいいですね。

介護夜勤の暇つぶし方法⑥:やっぱり体を休めるのが一番

どんなに暇な夜勤でも、やはり夜中じゅう起きているというだけで、身体には大きな負担がかかります。

それならば、空いた時間に休息を取るのが健康には一番。

できれば、仮眠を取るのが良いですが、仮眠を取る設備がなかったり、仮眠時間を取っていない施設もあるでしょう。

もしソファがあれば、そこにリラックスして座って休むだけでも、身体への負担は軽くなります。

仮眠すると寝起きがきつい、気になって眠れないという方もいるでしょう。

気持ちが張りつめてしまいやすい夜勤ですが、一晩中張りつめていると、身体だけでなく心も疲れてしまいます。

明け方の方が、起き出して転倒など事故が増えますよね。

その時に、自分の集中力が切れてしまっていたら、素早い対応もできません。

無理に眠らなくてもよいでしょうが、眠れなくてもどこかで、気持ちだけでもリラックスする時間は取っておいた方が良いです。

まとめ

いかがでしょうか。

忙しさやその日の体調に応じて、夜勤の過ごし方をいろいろ試してみるのもよいですよ。

充実した夜勤をお過ごし下さいね!

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー」がおススメです。

「勤務地、年収、働き方」などの希望条件を設定しておくと、週1~隔週のペースで条件に合った求人を知らせてくれます。


今すぐ転職する気はないので、電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護職を始めたばかり、新人にあるあるの不安や悩みとの向き合い方

介護の夜勤がつらい、しんどい…そんなときはどうすればいい?

介護の夜勤明けの過ごし方、時間を有効に使いリフレッシュするには

仕事を覚えられない介護職の方は必見!新しい職場でスムーズに仕事に慣れていくには

腰痛に悩まされている介護職の方へ、普段からできる腰痛予防法とは?

介護以外の仕事に興味がある方へ!転職しやすい異業種の仕事とは?