介護の夜勤がつらい、しんどい…そんなときはどうすればいい?

介護職に従事していると、「夜勤は辛い、しんどいな」と感じることもありますよね。

けれど、回数を重ねて経験を積んでいくと徐々に慣れてきて、夜勤のやりがいや自分なりの楽しみ方を見つけることができるようになってきます。

この記事では、「介護夜勤を乗り切るポイントや夜勤のメリット」についてご紹介したいと思います。

「夜勤が辛い、、、」と苦手意識を持っている方は、参考にしていただければ幸いです。

介護のつらい夜勤事情とは

夜勤業務は1人で担当することが多い

介護の夜勤は基本的に「フロアー毎に夜勤者1人」というところが多く、日勤帯とは異なり、全てを1人で対応しなければならない場面も多いです。

ナースコールが重なったり、オムツ交換中など手が離せない時にも新たな対応を求められることもありますが、慌てずに優先順位を考えて対応していきましょう。

夜勤で一番大変なのは起床前と起床後

夜勤の特徴として、起床前と起床後が特に忙しくなることがあります。他の時間帯は巡回とナースコール対応が主な業務となります。

急変時も慌てる事なく状況を落ち着いて確認し、意識確認、バイタルチェックをし、看護師や他のスタッフに連絡して看護師の指示に従い行動すれば大丈夫です。

辛い夜勤の仕事を乗り切るポイントとは?

夜勤で気の合わないスタッフさんがいるときは

1人で勤務する時間が多い夜勤ですが他のフロアーにはスタッフがいます。

そのスタッフが苦手な人だと夜勤に入るのも憂鬱になるかもしれませんが、誰にでも気の合う人、合わない人がいて相性があると思います。

この人はちょっと苦手だなと思う人がいても当然だと思います。プライベートでは距離を置いたり自分の都合で付き合いを止める事もできますが、仕事となればそうはいきません。

介護職は「スタッフ同士のチームワーク、情報の共有」が大切なので、業務に関しての報告、連絡、相談だけは最低限心がけましょう。

苦手な人に好かれよう仲良くしようと思わず、「仕事だから今だけだから」と自分に言い聞かせ割り切ることで気持ちも軽くなると思います。

眠れない入居者さんがいるときは

夜勤中ご入居者様からナースコールが頻発したり、眠れないと居室から出て来て徘徊をされる方もいますよね。

そんな時は「早く寝て下さい」「お部屋に戻って下さい」など否定的な言葉は使わないで、まずはご入居者様の話をしっかり聞いてあげましょう。

お茶を出したり、ご入居者様の気持ちを落ち着かせることが大切です。

徘徊を無理に止めさせようとしても逆に興奮させる事もあるので、一緒に手を繋いで巡回について来てもらったり、ご入居者様の気持ちに寄り添い安心して入眠できるように促していきましょう。

介護の夜勤は体調管理が大切

「夜勤は何歳まで続けられるか?」と不安に思う介護士もいると思いますが、60代でも元気に勤務されている方もいれば、10代20代の若い世代でも腰痛に悩まされている職員もいます。

夜勤に入る前には自宅で仮眠をとって身体を休ませるなど、自分の身体の状態を把握し、しっかりと体調管理をすることも重要になってきます。

勤務開始前に入居者の様子をチェックしておく

私が夜勤を担当していた時は、勤務開始30分前には自分の担当するフロアへ行き、ご入居者様の居室を回り、

「失礼しまーす。今日お泊まりの〇〇です。よろしくお願いします」と、お1人お1人の顔を見ながらしっかり声かけを行っていました。

申し送りを受ける前に自分の目でご入居者様の様子を確認することで、「今日は元気がないな、機嫌があまり良くないな」など些細な事も見逃さないようにして、申し送りの時に気になることは確認していました。

夜勤の業務がスタートすると、バタバタしてゆっくり話をする時間が取れない事もあるので、勤務開始前にゆったりした気持ちでご入居者様と向き合う時間は大切です!

また、「あなたが泊まりで嬉しい」「今日は嬉しいよ」「無理しないでね」などと声をかけてもらえると、「今日も頑張ろう!」って気持ちになれますよ。

介護の夜勤は辛いけど、良い面もある

夜勤手当が付く

体力的にもキツイと感じる事の多い夜勤ですが、楽しみの1つは夜勤をすると夜勤手当が付きます。

介護職の給料は高いとは言えませんが夜勤手当で収入をアップさせる事ができます。

施設にもよりますが、例えば、私の勤務していた職場では1回に6500円の夜勤手当が支給され、月に3〜4回、多い時には5〜6回夜勤をしていたので、夜勤手当だけで19000円〜39000円の収入アップに繋がっていました。

自分のペース仕事ができる

1人で勤務する時間も多く自分だけのペースで仕事をする事もできるので、日勤中には忙しくゆっくり話す事のできないご入居者様と話をする時間を持てたり、日勤帯では見れないご入居者様の一面が見られるのも夜勤帯です。

翌日休みだと連休気分が味わえる

他にも夜勤明けは9時から休みになるので、翌日の休みと合わせると2連休みたいな感じになり2日間を有効に使えます。

夜勤明けからの休みを利用して旅行に出かける職員も多いです。

またキツイ夜勤を乗り越えちょとしたポイントが、夜勤中のご褒美として美味しいお菓子を持って行他のスタッフとお菓子交換したり、夜勤明けにランチや外出の予定を立てたり、ゆっくり寝るなど、夜勤明けの自分なりの楽しみを持っている事です。

まとめ

いかがでしょうか?夜勤に慣れるまでは、体調管理や1人業務が大変だったりもしますが、コツを掴めば、日勤にはないやりがいや楽しみ方を見つけることもできると思います。

「どうしても夜勤に慣れない、、」という方は、一度上司の方にシフトの相談をしてみたり、デイサービスなど夜勤のない職場を考えてみるのも良いかもしれません。

自分なりに合った働き方を見つけることができると良いですね。

住んでいる地域の求人チェックしていますか?

介護は人手不足と言われる今、介護職の求人情報は毎日更新されています。

給与や福利厚生、働き方などは職場によっても様々です。同じ地域であっても、雇用条件が大きく変わってくることも!

すぐに転職する予定がなくても、住んでいる地域で良い求人が見つかったときに、知らせてもらえる環境は整えておきましょう!

希望の求人が見つかったときだけチェックしたい!

という場合は、介護の専門求人サイトの「ジョブメドレー介護」がおススメです。

――ジョブメドレー介護の特徴――

①あなたを必要とする保育園からスカウトメールが届く

ジョブメドレーの利点は あなたを必要としている保育園があなたを探し出し、直接スカウトメールが送られてきます。

スカウトメールが来たら確認して、良かったら是非応募してみてください。

②早めの応募で選択肢が広がる

ジョブメドレーでは日々新しい求人案内が掲載されていきます。

応募は自由です、興味があったら応募してみてください。

実際に会って話してみることが転職の上で何より大事です。

③転職、復職でお祝い金を贈呈中


電話やメールがたくさん来ないのが気楽で気に入っています。

転職したくても、好待遇の職場はなかなか見つかりません!

良い求人が出たときはすぐにチェックしておけると良いですね!

 

 

住んでいる地域の求人をチェックする

 

関連記事

介護職を辞めるベストなタイミングとは?円満に退職するために考えておきたいこと

腰痛に悩まされている介護職の方へ、普段からできる腰痛予防法とは?

50歳からでも未経験の介護職に転職できる?働いていくうえで抑えておきたいこと

介護職は入浴介助ばかりで大変、、、疲れや負担を減らすためのヒントとは

介護職に人気の副業とは?副業を始める前に注意したいこと

介護職のパートと正社員は何が違う?パートから正社員になるには